30号とコミックス‐その34(2)

「STUDIO FIVE‐ステューディオ5」続き~!

謎の生物をクラス内に持ち込んだ、ちより。
しかしそのせいで授業が全く進みません。

そして結局、職員会議で飼育箱に入りきらない動物を飼うことは許可されず、生物の今後の処遇を皆で話し合うことに・・そこであき坊がオヤジに訊いてみると電話しようとするが・・

studio five(17)

斉藤さんの冷静な発言・・

studio five(18)

斉藤「短い間だったが・・・」
「みんなをなごませてくれて感謝している」

studio five(19)

studio five(20)

studio five(21)

studio five(22)

studio five(23)

studio five(24)

ww
ということで、何はともあれ元の場所へ戻る謎の生物であった。
ということで五人の少女達と謎の生物が出会い別れたわけですが、その後も謎の生物は普通に校内へ入ってきちゃいますw斉藤さんは謎の生物に気に入られたようですね。

ということで謎の生物との邂逅はここまで!
最後に通常時の授業はどんな感じになっているのかを見て終わりにしたいと思います。

studio five(25)

studio five(26)

studio five(27)

studio five(28)

studio five(29)

普通の授業などないww

少女5人組プラス不思議な小動物のお話
「STUDIO FIVE‐ステューディオ5」の回でした!

「苺ましまろ」好きな人はハマルかも!?


STUDIO FIVE1巻