30号とコミックス‐その55(2)

「謎の彼女X」続きです。

卜部のよだれをぺロリといってしまった明・・その翌日、一部の読者の呪いかなんなのかw体育の時間に突然の発熱で倒れてしまいます。その後5日間熱が下がらず学校を休む明。そこで何かを察したのか卜部は欠席中の明の家へ向かいます。

コンコン

明「どうぞぉ~~」

ガチャッ

wonder girl X(18)

wonder girl X(19)

年頃の男子のベッドへ躊躇いなくダイブする卜部さん^^;
そして語られる明の病の原因・・

卜部「わたし・・・・・・椿くんの病気の原因―――知ってるの・・・・・・」
「2週間くらい前・・・・・・椿くん 放課後机で寝てた私を起こしたでしょ?」

「あの時・・・・・・」
「机にこぼれてたわたしの ”よだれ”――――」
「なめたでしょ?」

(恐る恐る頷く明)

卜部「口開けて!」

wonder girl X(20)

wonder girl X(21)

卜部「椿くん・・・・・・」
「気分はどう?」

明「えっ?」
「気分?」

wonder girl X(22)

5日間熱にうなされていた明の体調が一気に回復!
これが「よだれ力」というものなのか!!欲しい?欲しいっ!!(壊)

wonder girl X(23)

禁断症状ww

まるでもう明が帰って来れない世界へいってしまったような言いよう・・^^;
卜部さんいわく、明があの日よだれをなめてからそれ以降、ずっとよだれを断っていたせいで禁断症状(高熱)が起こったそうです。

明「と・・・・・・」「――――ということは・・・・・・」
「つまり・・・・・・」「つまり・・・・・・」

wonder girl X(24)

明「どうなんだ!?」

卜部「くっ・・・・・・」
「くくっ・・・・・・」「んくく・・・・・・」

wonder girl X(25)

何かツボッたらしく爆笑する卜部さんw
なんとか笑いを抑えようと息を整えてからこう言います。特殊な成分や細菌なんか関係ない。込み上げる笑いを押し殺してそう言った後、冷静に明の病名を伝えます。

卜部「つまり!」
「あなたのかかっていた病気は――――」

「ただの――――」
「恋の病よ!」

好きな女の子の ”よだれ” をなめたい・・その気持ちが禁断症状の原因!!?何というか盛り上がって参りましたwww

卜部「椿くん・・・・・・」
「もしかしてあの時――――」

wonder girl X(26)

それだけ言い残すと卜部さんは部屋から出て行ってしまいます。
さてその翌日から・・学校が終わると卜部さんが明の帰りを待つようになります。一緒に帰る二人・・でも会話らしい会話もありません。しかし別れ際に一つ必ずすることが・・

wonder girl X(27)

wonder girl X(28)

禁断症状を抑えるためのよだれあ~ん。

もう~何この日課~!!^^;;かつてこんなアブノーマルな恋愛漫画があったでしょうか?いいえありません。嫌いじゃありません。ええ好きです追いかけます!!(壊2)

という感じでそんなマニアックな日課をこさえた二人ですがw、どうも付き合っているというわけではないようです。この後、明は卜部さんに思い切って告白するのですがその様子はコミックスでどうぞ!

最後に卜部さんの知られざる特技を紹介して終わりにしたいと思います。

明「ねえ 卜部!」「おまえってさ――――」
「 ”趣味” とかないの?」

卜部「趣味・・・・・・?」
「ん――――・・・・・・」

「ハサミ・・・・・・」「かな?」

「椿くん!」「この紙を―――」
「広げて持っててね」
「いくわよ!」

wonder girl X(29)

wonder girl X(30)

wonder girl X(31)

パンツに仕込んだハサミで芸術的なカッティングを決める卜部さん。

「なんなんだ!!?おまえはっ!!」
「なんでこんな事ができるんだっ!?」そんな狼狽する明の言葉にこう答えます。

卜部「えっ・・・・・・?」
「なんでって言われても―――」

「わたしは そういう人だから・・・・・・」

うん・・まだまだ謎だらけであるww
そんな謎が謎を呼ぶ「謎の彼女X」の回でした!

最新巻10巻は5月23日発売予定だそうです。
それはそうと読み続けている内によだれの日課に慣れてきたんですが・・私は大丈夫なのでしょうか?


謎の彼女X1巻