30号とコミックス‐その56

kaikanosusume

「開花のススメ」(漫画 苺野しずく 原案 山口貴由)

チャンピオンREDいちごで掲載中の「覚悟のススメ」スピンオフ‐外伝作品。
超激アツのアクションバトル作品です!「覚悟の進め」と「エクゾスカル零」については、誌面で読んだ時に紹介したので今回は本作品のみを改めてご紹介します。

それでは早速いってみましょう~!

国民防衛女学校で一人前の乙女となる為に修行する黒須巴恵。彼女はある日職員室に呼びだされ、兄が意識不明の重体になったことを聞かされる。巴恵は兄・京馬の住む場所へ向かうことにするが、そこは一般の人間は近寄らないような危険な場所であった。

kaikanosusume(2)

安全保障がされていない廃墟の町「保証区域外地区」そこで兄・京馬は医者として人助けをしている。目的地に着いた途端、区域外の不良たちに襲われる巴恵だったが、兄の名を口に出すと一目散に不良たちは逃げ出すのであった。理由は判らないながらも兄によって助けられた巴恵。何とか無事に目的の教会へ着くのであった。

kaikanosusume(3)

kaikanosusume(4)

京馬「オレの傍に来るンじゃない」

そう言い放つと京馬は崩れ落ちてしまった。あわてて駆け寄る巴恵に巨大な魔の手が・・

kaikanosusume(5)

と思ったら、兄の世話役の蝶子さんであった。
蝶子さんによるとたまにフラッと消えてはケガをして帰ってくる京馬だったが、今回はいつもの比ではない酷い状態だったので動転して連絡してしまったそう。京馬の状態は本当に酷い状態だったが、巴恵の気を遣って安心させる蝶子だった。蝶子に促がされ結局家へ帰ることにする巴恵。

kaikanosusume(6)

と、ここで忘れてきたカバンを取りに戻る巴恵。
そこに一人の男が訪れる・・

kaikanosusume(7)

男「昨日・・・大怪我を負った者は来なかったか?」

しばらくしてそこへ戻ってくる巴恵・・蝶子がいない。
そこにいたのは、何かを探し勝手に教会へ入ろうとする男の姿だけだった。
そこへふらふらとした足取りでやってくる蝶子・・

蝶子「何してんの早く逃げなさい」

その直後!

kaikanosusume(8)

額を貫かれ絶命する蝶子・・

kaikanosusume(9)

男「やはり反逆者のお仲間ともなると しぶといものなのかもしれんな」
「・・・では「妹」はどうか」

kaikanosusume(10)

kaikanosusume(11)

その2へ続く。