30号とコミックス‐その58(3)

「ねじまきカギュー」紹介ラストです。
不良ボスのエグを螺旋巻発条拳(ねじまきぜんまいけん)でブッ倒したカギューちゃん。その姿を見てカモ先生は彼女との昔を思い出します。

kagyu(33)

kagyu(34)

kagyu(35)

幼少時から先生になることを決めていたカモ少年。カギューちゃんをいじめっ子から守っていました。

カギュー「・・・」「あたしのこの名前ね・・・」
「あたしが強く育つようにってお父さんがつけてくれた名前なの」

kagyu(36)

健気なカギューちゃんの姿に30号ノックアウトです^^
この言葉を残し彼女はやがて中国へ行ってしまうのですが、カモ先生が中々カギューちゃんを思い出せなかったのはそれ以来会っていなかったからのようです。さて勇ましくなって帰ってきた彼女に改めて声をかけるカモ先生なのですが・・

kagyu(37)

迂闊に間合いに入ってしまったカモ先生を待ち受けていたものは・・

kagyu(38)

えっ・・・え!?
こ・ここにきて・・ここにきてのまさかの超デレーーーーー!!www

正直・・心を鷲掴まれました^^
可愛いうるうる目w

それではここからしばらくカギューちゃんの恥らう乙女を御覧下さい。

kagyu(39)

kagyu(40)

カモ先生も大混乱^^;

kagyu(41)

顔から湯気が出てますw

kagyu(42)

kagyu(43)

急に顔つきが変わりこう宣言するカギュー。
先生を護るということへの強い意思を感じます。

何はともあれ、この言葉を聞いてお次に顔から湯気を上げたのはカモ先生^^以前とは違う女難の日々の始まりです。

カモ先生「あっ・・・!! そ・・・そーだ 授業行かなきゃ」

カギュー「己も行くぞ」

カモ先生「半裸で!?」

カギュー「だ・・・だって 先生を護るんだ!!」

ニヤニヤwということで以上!
ギャップ萌えのキレが恐ろしい「ねじまきカギュー」の回でした。

因みにこの作品を1コマで表すとこれに尽きると思います(第3巻より抜粋)

kagyu(44)

一人の男のために身を賭して戦う少女・・うーん時代を感じます^^
現在第9巻まで絶賛発売中!


ねじまきカギュー1巻