30号とコミックス‐その58

nejimaki

「ねじまきカギュー」(中山敦支)

ヤングジャンプ掲載中の超ハイテンションマンガ!
ハイきましたよカギューちゃん^^この作品個人的に今かなりはまってますw知らない人の為に簡単にこの作品を説明しますと、とにかくめちゃめちゃ熱い!もうテンションが高まりすぎてブチギレてしまうんじゃないかと言わんばかりの作品です!・・すいませんね、内容ではなく熱量の説明をしてしまいましたね^^もうほら内容はこれからやるし、とにかく少しでも受けた熱を先に流しとこうと思いまして・・ええ。

こういう熱は「エアマスター」以来かな・・やはり体のどこかで求めてるんでしょうねw
30号と同じように心に何かぽっかり穴が開いちゃってる人は、とりあえず読んでみたらいいと思います。きっと何かが埋まりますよ。それではそろそろ作品紹介へいきましょう!今回は3回に分けてのご紹介です!!それでは張り切っていってみましょう~♪♪

nejimaki(2)

(そう僕は)
(究極の)

nejimaki(3)

カモ先生大人気^^

nejimaki(4)

「怪物的ヤバイ系女子」が気になるところですがw、今のところ羨ましい展開かと思います。さてなんとか追ってくる女子たちを撒いたカモ先生ですが、その先生の目に、ある生徒達が映ります。

nejimaki(5)

コンビニにたむろする不良たち。
そこへ丁度やってきたお婆ちゃんが、その内の一人にぶつかり倒れてしまいます。

nejimaki(6)

不良ボス「んだぁ? てめぇ・・・」

不良A「エグさん! こいつウチの学校の教師ですよ!」

不良ボス(エグ)「ふーーーーーん 先公かよ」
「注意なんてマジ初めてされたぜ・・・」

「気に入った」
「先生 あんた」

nejimaki(7)

(女子!?女子!?みんな女子!?)

突然の事象に大混乱のカモ先生・・ええ・みんな女子でしたww

エグ「よしさっそく遊園地へデートに行くぜ

そんな危険な言葉がカモ先生を襲いつつあった・・その時!!

?「その薄汚い手をはなせ 不良女共」

nejimaki(8)

街路灯に釣り下がった謎の人物。
突如現れたその謎の人物は、目を見開きこう言い放ちます。

「愛は」

「奪い取るものじゃない」

nejimaki(9)

エグ「テメェ見ねー顔だな 余所者か?」
「正義の英雄気取りやがって」

nejimaki(10)

しかしそんな不良の言葉に臆することなく、謎の人物は前へ進み出ます。

エグ「誰が勝手に動いていいっつった?」

nejimaki(11)

nejimaki(12)

nejimaki(13)

nejimaki(14)

とてつもない捻転力で、不良(一応女)を丸裸にひん剥いてしまいましたw「イヤァーーー!!!」(笑)

nejimaki(15)

「大丈夫か?」
「先生」

カモ先生「あ・・・うん ありがとう 助けてくれて・・・」

「先生?」
「え・・・? 君もうちの生徒・・・?」

nejimaki(16)

カギュウちゃんの華麗な紹介が終わったところで、その2へ続きます。