30号とコミックス⑤

進撃の巨人

はい!コミック雑誌で読んだ中で、さらに単行本で読んだらやはり面白かったというものを紹介している、30号とコミックス。もう第5回になりました。ということで、たまにはいつもと比べかなりメジャーな作品を紹介してみよう・・そう思い、超激売れの「進撃の巨人」(諌山創)をピックアップしてみました。

とはいうものの、まぁ超メジャー作品なので色んなところで紹介はあると思いますので、今回はちゃちゃっと紹介して終わらせたいと思います。

ええっ!?じゃあ別に紹介しなくてもいいんじゃ・・
まぁそうなんですけどね、実はこの作品かなり30号はまってしまいましてwこんな感じになっております↓

進撃の巨人(2)

始めは試しに2~3冊買ったんですよ。
気がついたら短期間で一気に7巻まで読んでました(笑)いやこれホント人気があるの分かります。

この作品は少年マガジンで掲載されているんですが、30号的には読んだ感じアフターヌーン系(寄生獣など)の匂いを感じました。青年向けとしても全然通用する何かを感じさせるものがある作品です。

それではそんな激はまってしまった「進撃の巨人」ですが、ちゃちゃっと紹介してみたいと思います。

進撃の巨人(3)

「今から107年前我々以外の人類は・・・皆 巨人に食い尽くされた」
突如現れた謎の巨人から身を守るため、人類は巨人さえも越えられない程の「壁」を築いた。それはまるで鳥かごのような屈辱を味わうものであったが、それでも人類はその「壁」のおかげで、なんとか安全に生活出来る領域を手に入れることに成功した。それから100年が経ち、平穏に暮らしていた人類に今一つの恐怖がにじり寄る。50mの壁をも超える巨人が現れたのだ・・

進撃の巨人(4)

とてつもない力によって軽々と壁に穴を開ける巨人。
その穴から次々と巨人たちが侵入してくる・・圧倒的な力で襲い掛かる巨人たちを前にする人間は、まるでアリのよう。思考する時間などない。あっという間に蹂躙され、肉塊へと変わる。そこには、もはや命の尊厳など微塵も感じられない。

進撃の巨人(5)

進撃の巨人(6)

巨人とは一体何なのか?
巨人は何故人を喰らうのか?
何も分からない状況の中、今人類は未知の敵と存亡を賭け戦う!!

こんな感じでどうでしょうか?
中々じゃないですか?w

もうね、色んなとこで紹介はされてると思うんですけど、直接ぱぱっと読んじゃった方が早いですよ!
この面白さは自分で読んでガーンと衝撃くるのが良いと思います。

ということで、久しぶりにはまったメジャー作品「進撃の巨人」の回でした!
グロ注意です!(もう遅い!?w)

追記:2017年5月現在22巻まで発売中です。


30号とコミックス⑤」への2件のフィードバック

  1. ヘイホー

    進撃の巨人!
    これ、一度よんだことがあります。途中からじゃ全然分からなかったんで、この紹介を機会に読んで見ようと思いますぜ。えろいのは苦手ですが、グロいのはカラーじゃないと苦手じゃないんで、大丈夫!。(多分)

  2. はかせ30号

    紹介してきた中では、お店で見つけやすい作品です。
    名前だけは知ってるって人も多いと思いますが、とりあえず読んでみてほしいですね。
    絶対ハマルと思いますよ!(常にグロ注意ですけどw)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA