WHO!超幻想SF傑作集

WHO!超幻想SF傑作集

「WHO!超幻想SF傑作集」(佐々木淳子)

いずれ読もうと思っていたシリーズです。

1981年初版発行というだいぶ昔のSF短編集なんですが、これが今読んでも面白かったです。残念ながら絶版のようなので、なかなか手に入りにくいけど、未読の方は一見の価値ありなので見つけたら買っちゃいましょう!

さて本作ですが、全部で7作品収録されています。

簡単に紹介してみましょう。

 

「赤い壁」(コロネット”80年夏の号)

「恐怖のワンモア」(週刊少女コミック”78年29号)

「メッセージ」(週刊少女コミック”79年9月30日号)

「ミューンのいる部屋」(週刊増刊少女コミック・デラックス”78年冬の号)

「母はやさしくほほえんで」(週刊少女コミック増刊”79年2月25日号)

「WHO!」(少年/少女SFマンガ競作大全集”80年part7)

「リディアの住む時に」(週刊少女コミック増刊”78年5月3日号)

 

カッコ内は雑誌掲載時のものなんですが、全く知りませんです^^

それはそうと、この7作品の中で個人的に気になった作品はこちら↓

「赤い壁」

赤い壁

いつもよく見る夢の中、少女はふとした好奇心からそれ以上行ってはいけないという場所へ歩を進める。そこで彼女が見たものはどこまでも続く”赤い壁”だった。

赤い壁(2)

夢の端まで来た少女はさらに壁の向こう側へと進もうとする。

壁の向こう側の一面に広がる濃い霧の中を抜けると、そこに突然現れたのは友人だった。なんだいつもの夢か・・と落胆する少女。しかし次に目を覚ました時、彼女の意識があったのはいつもの場所ではなく友人の中であった。

というお話。夢の中で人々の意識が繋がっているというのが面白いですよね。その他色々考えさせられる作品だと思います。(私とは何なのかとか、集合的無意識とはとかね)

 

さてお次です。

「ミューンのいる部屋」

ミューンのいる部屋

母子家庭の少年フィルと謎の少女ミューンのお話。

ミューンのいる部屋(2)

寂しさのあまり幻を相手にするフィル。

自分には見えても当然母親には見えず、全く相手にされません。そんな中突然現れた少女ミューン。彼女には何故かフィルが作り出す幻が見えます。そのことで二人は一気に仲良しに。

ミューンのいる部屋(3)

11歳になりフィルは母親の両親の元へ預けられます。

そこで年上の女学生アナイジ—と仲良くなってゆくフィル。しかしそれと同時に幻を作り出せなくなっていきます。そして困惑するフィルをさらに不安にさせるアナイジ—の一言。「だって あたしたちには見えないもの」幻ではないはずのミューンさえも家族の誰にも見えていないという衝撃。

果たしてミューンとは一体何なのか!?

現実と幻が交錯する不可思議な一作です。ラストは圧巻!

 

さてお次で最期です。

「WHO!」

WHO!

本書のタイトルにもなっている「WHO!」です。

本作は超ショートショートの4ページ作品。

自転車から転げ落ち意識を失ってしまった少年のお話です。意識を取り戻した少年は街へ向かうのですが、そこにいるはずの人々が全く見つかりません。人っ子一人見つからずとうとう夜明けを迎えてしまった丁度その時、少年は一人の女性の姿を見つけ声をかけます・・そしてあることをしてもらった瞬間、目の前に瞬時にいつもの人びとの光景が戻ってきます。何をされたかは読んでのお楽しみ^^元には戻ったけどモヤモヤが止まらない一作です!

 

ということで、一部抜粋紹介でした。

紹介してませんが、その他の作品も面白いですよ。色々考えさせられます(^-^)以上「WHO!超幻想SF傑作集」でした!

これを機に他の佐々木作品も読んでみようと思います。