作成者別アーカイブ: haka30

百万畳ラビリンス

DSCF0788 - コピー

「百万畳ラビリンス」(たかみち)

2013~14年ヤングコミック掲載作品です。

これ面白いと聞いていて前から気になっていたのですが、ようやく読むことが出来ました。作者のたかみちさんはもちろん(?)コミックLOの表紙でお馴染みなので知っていますwなのでどんな作品なのか気になっていたんですが、まさかゲームと関係した話だとは思いもしませんでした。で、これが読んでみて評判通り面白い!なのでちょっと簡単に紹介してみたいと思います。それではどうぞ!

百万畳ラビリンス

(どこまでも続く ボロアパート)

(そして この先も)

「えっ!?」

百万畳ラビリンス(2)

物語は謎の建物に連れてこられた女子2名が(異論は認める)畳部屋を駆け回るところから始まります。

百万畳ラビリンス(3)

一人は玖波島礼香(くばじまれいか)ゲーム好き(狂)女子大生。もう一人はルームメイトの庸子(ようこ)2人はゲームデバッグのアルバイトをしています。そんな二人がなぜ謎の建物に来てしまったのか?2人はその理由を考えながら取りあえず出口を探すことにします。

百万畳ラビリンス(4)

二人はそこである推測をします。自分たちの住んでいるアパート(社宅)との共通性、バイト先であるクラインソフトウェア社との関係性、もしかするとここは会社の関連施設なのではないか?

最終的に二人が出した答えは結局のところ、1「外部との連絡手段を確保して助けを呼ぶ」2「破壊してでも施設から脱出する」そして、

百万畳ラビリンス(5)

行動を支配されるのを嫌う礼香の出した答え3「施設に残り支配者として君臨する」与えられた選択肢が最善とは限らないという考えに基づく結論からなのですが、いやーこの娘頭の回転が速いですね。ただその為にだいぶ人から誤解されることもあるようです。この答えはなぜ礼香が逃げずにここに留まろうとしているのか、そう取られてもおかしくない何らかの理由との関係を想起させます。そんなこんなで協議の結果、「施設外との連絡手段の確保」「出口に繋がってそうな道を発見次第強行突破」「脱出が叶わない時は支配者として君臨」の3つを胸に、2人は再出発することに。

百万畳ラビリンス(6)

百万畳ラビリンス(7)

時にはポテトチップスを食べ、

百万畳ラビリンス(8)

時には入浴し、

熟睡した後は、

百万畳ラビリンス(9)

ちゃんと朝食をとって、出口を探します。

百万畳ラビリンス(10)

チートはNGです。

 

という感じで割とゆるくボケとツッコミを挟みつつ物語は進んでいくのですが、この作品が面白くなっていくのはまだまだこれからです。モンスターの出現、この世界の住人との接触、礼香の過去、そして明かされていく建物の謎。2人は推論を重ね、次第に真実に近づいていきます。しかし真実は彼女たちの答えのさらに上をゆくもので・・果たして2人はこの世界から脱出出来るのか!?

 

ということで以上。「百万畳ラビリンス」でした!まさか人類規模の戦いになっていくとは・・結末は誰にも予想できません。ゲーム好きにもSF好きにもおススメの一作です!

百万畳ラビリンス(11)


好きなゲームミュージックその227

「ニュートピアⅡ(NEUTOPIAⅡ)」(PCE)

1991年ハドソンより発売のアクションRPG。

89年に発売された前作「ニュートピア」(PCE)の続編です。あのゼルダの伝説に強い影響を受けた作品らしく、そこかしこにゼルダオマージュを感じさせる一作、内容はこんな感じです↓

ストーリー:舞台となるのは勇者フレイの活躍で平和を取り戻したニュートピアの地で、1年前に突如迷宮が現れ再び魔物たちが徘徊を始めたところから物語は始まる。かつての悪魔が復活したとの噂をされている中、勇者フレイは事態の真相を探るため再び旅立って行った。しかし、それ以来彼からの便りはなく、その後姿を見たものは誰もいない。主人公はフレイの息子として異境の迷宮に消えた父を探し、闇に閉ざされた世界を救うために迷宮へ旅立つのだった。(Wiki参照)

前作の主人公の息子が活躍する内容です。ⅡはⅠの雰囲気を踏襲しつつ、さらにパワーアップして帰ってきたといった感じでしょうかね、ジャケ絵からして既に違いを感じさせるのですが、本作のキャラクターデザインを担当しているのは、なんと「機動戦士ガンダム」でお馴染みの安彦良和さんなんだとか!

ちょっと調べてみたんですが、PCエンジンの作品では「大魔界村」や「マイト&マジック」なんかのパッケージデザインも、安彦さんが担当しているようです。うーむやはり惹きつけられますね。

さて話を戻しまして「ニュートピアⅡ」ですが、当然BGMも良いです。1も良いんだけど個人的にはⅡが好き!音楽を担当しているのは以前紹介した「スーパースターソルジャー」でお馴染みの星恵太さんです。それでは全曲リンクをどうぞ→https://youtu.be/0UVjRfJQA3s

1,2作品ともWiiやPS3でプレイすることも出来るので、興味のある方はそちらでどうぞ。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその227「ニュートピアⅡ」でした!これを機会に安彦良和さんの漫画を読んでいこうと思います(^^)/


好きなゲームミュージックその225&226

「ファイナルソルジャー」(PCE)

1991年ハドソンより発売の縦スクロールSTG。

「スターソルジャー」の続編なのかと思ったらそういうわけでもなく、WIKIにも関連した情報がないのでセレクトしてみました。ストーリーも載ってないんですよねWikiに、つまり書く程でもないということなんでしょうか(^^)?ゲーム的にもスターソルジャーと比べて、あまり褒められた紹介が少ないようにも思います。実際動画視聴してみましたが、面がちょっと長い気がしますね。ザコ戦がしんどそうですwさてそんな特にゲーム的に話すこともない本作ですが、BGMは良いんですよ。

実はハドソンのアレンジアルバムでこの作品の曲を少し聴いていたので、良いんだろなと思ってはいたんですが、全曲聴いてみてどれも良かったので驚きました。因みにこのアルバムです(ハドソンオーディオコレクション)↓

「ファイナルソルジャー」全曲リンクはこちら↓

https://youtu.be/tWTZGNSvZXo

音楽担当は前川征克さん。以前紹介した「ジャッキー・チェン」(PCE)も同氏が担当しています。サントラは一応出てるみたいだけど、廃盤なのか結構な値段が付いているようです。

さてお次です。

「メタルストーカー(METAL STOKER)」(PCE)

1991年フェイスより発売の多方向スクロールSTG。

多方向スクロールシューティングって紹介初のジャンルかもしれませんね、このゲームを実際に動画視聴してみてふと思ったのは、「お、グラナダだ!」です。以前ひょんなことからメガドラに手が伸びた時に、どうしてもやってみたくて購入した同様のジャンルのソフトなんですが、これ面白いんですよね、爽快感があるんです。で、こちらの本作「メタルストーカー」も視てたら同様に面白そうなのでやってみたくなったのですが、これフェイス(三金堂)作とあってかBGMが凄く良いんですよね!「はにいいんざすかい」(PCE)のBGMを担当していた岩永さんはクレジットされてませんが、良曲だらけです。音楽を担当しているのは斉藤博人さんと、たかはしのぞむさんの2名。どの曲も良いので全曲リンクを貼っておきます→https://youtu.be/vy_KdUs0eNc

因みに物語はこんな感じです↓

ストーリー:近未来。サイバー技術により、脳から直接、起動させることのできる無人戦車のテストパイロットになってほしいと依頼を受ける。 承諾したプレイヤーは、サイバー戦車『メタルストーカー』を駆使して、数々のテストをクリアしてゆく。 しかし、最後になってこれがテロリストグループを狙った実戦だったと知ることとなる。(Wiki参照)

ジャケ絵とネオハードボイルドシューティングの文字も相まって、サイバーパンク感満載です。うーんやってみたいけどどこにも移植はされていないのか・・PCエンジン持ってないよもうw

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその225&226「ファイナルソルジャー」&「メタルストーカー」でした!メタストはサントラ出てないようですね・・うーむ何故なんだろ。