カテゴリー別アーカイブ: ゲーム

好きなゲームミュージックその245

「スペースインベーダーズ 復活の日」(PCE)

1990年タイトーより発売のシューティングゲーム。

はいしくじりましたよ、95年に入ったと思った矢先90年に舞い戻りです。どうもすいません、でも気づけて良かったです。どういうことかというと、95年にこの作品の補完的?な作品「スペースインベーダー The Original Game」(PCE)というのが発売されてるんですけど、この関連で動画を見ていたら前作(復活の日)のあるモード内のBGMが上がってるのに気がついたんです。インベーダーといったら音はSEだけという印象だったので、完全にスルーしてしまっていたわけですが、この作品BGMが付いたモードがあって、それが分家モードというオリジナルのアレンジ版ゲームになっています。そこで使われているBGMがめちゃカッコいいんですよ。

で、話が戻りますが何故かこのモード、補完的存在である続編(オリジナルゲーム)に移植されてないんですよ!いい部分をガッツリ削ってきてるんです!BGMだけでなくゲーム的にも面白そうなのに、発売元がタイトーからNECに変わった影響だからなのか理由は分かりませんが、変わりにキャラ絵+対戦モードが追加されています。完全な迷走状態です、全くインベーダー感ありませんwどうしてこうなったwそんなこんなで95年発売のインベーダーでは紹介出来なくなった故、90年に戻ることと相成りました。それではそんな名曲揃いの「スペースインベーダーズ 復活の日」サントラをお聴きください→https://youtu.be/VEzXyAhZuV0

音色が気持ちいいです(^-^)/エンディングクレジットがないので詳しい作曲者は不明ですが、岩垂徳行(グランディアシリーズの作曲担当)さんを含め、数人で作られているようです。これヒューカードだから直で聴けないんですよね、続編はCDROM²だというのに・・ぐふ

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその245「スペースインベーダーズ 復活の日」でした!続編のいいとこって言ったら歌が聴けるとこくらいかな?歌は良いですよある意味(CD再生で聴けるらしい)因みに本作、復活の日は最近収録サントラが出たようです↓


好きなゲームミュージックその244

「機装ルーガⅡ」(PCE)

1995年NECホームエレクトロニクスより発売の戦略シミュレーションゲーム。

はい、95年入りましたよ!もう少しでPCエンジンの旅も終わりそうです。しかし年代的にこの時期PCエンジンなんてやってた人いるんですかね?だって94年の終わりにプレステが発売されてるんですよ、時代はもうPSなんです。声が出るゲームはもうPCエンジンだけじゃなくなったんです!驚愕です、因みに95年のPSだと「鉄拳」とか「エースコンバット」とか「アークザラッド」なんかが発売されてます。懐かしいですね、CMの「プレイステーション」というセリフなんか思い出します。まさにPSの時代が幕開ける時といった感じです。PS最高!

さて、話がPSで盛り上がってしまってあれなんですが「機装ルーガ」という作品があるのを知っているでしょうか?え?知らないw?それPSのソフト?違います、PCエンジンの作品です。自分も知りませんでした、93年にシリーズ1作目が発売されてます。内容はこんな感じです。

ストーリー:人々が伝説として語るほどの遙かな昔。彼の地に下った人々に築かれた古えの文明ヴァスツール。魔導科学という技を持ってして、地と海、さらには点に数限りないほどの奇跡をもたらした。土塊に命を吹き込み、海を地に変え、翼を持たぬものを空へと誘い、自然をも総ていたという。しかし、約束された栄華は永遠のものではなかった。数多のものを思うがままにした魔導科学は、それ故に破滅の道へと導き、彼らは幾つかの伝承を残し消えていった……。

いわゆるSFファンタジーのような作品だと思うんですが、このゲーム、プレイ動画が全く上がってないので正直良く分かりません。で、この物語の続編となるのが本作「機装ルーガⅡ」なんですが、こちらも全くプレイ動画が上がってないんですよね、ユーチューブだけならともかくあのニコ動ですらないとはどういうことなんでしょうか(^^)?かなりマニアックなマイナゲーに違いありません、凄く気になりますwでもかろうじてBGMだけはあって聴いたんですが、これがくっそ良いんです!なぜこんなマイナゲーでこんな良曲が!?と驚きしかありませんです。

で、速攻調べたんですが、なんと作曲に齋藤博人さんが絡んでるようです。以前紹介した「メタルストーカー」(PCE)や、通常曲のめちゃめちゃカッコイイ「タイムクルーズⅡ」(PCE)なんかを担当していた方です。そしてもう一人のコンポーザーに岩崎琢さんという方もいるんですが「愛・超兄貴」なんかの作曲をしている方のようですね、アニキシリーズはBGM色んな意味で凄いですからねwこの2人が作ってると聞いただけでも、気になる方は気になるんじゃないでしょうか?さて話が長くなりましたが肝心のBGMです、2のOPをどうぞ!

この壮大さよ!もうOPから世界観に惹きこまれます(=゚ω゚)ノこれだけのものは「天使の詩」以来かもしれません、ちょっと衝撃的です。

因みにユチュブーには他の曲が全く上がってないので、ガチで他曲が気になる方はニコ動に前作と本作のまとめサントラが上がっているので、そちらをお勧めします、最高です。サントラは一応発売されているようですが、もう廃盤ぽいので中古で買うしかないようですね、あるいはゲームを買うかかな?でも1は安いけど2ってなんかちょっとプレ値になってるみたいで、ヤフオクでも5千円はするようですwなんで2人気あるんだろ(^^)?

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその244「機装ルーガⅡ」でした!個人的に「天使の詩」と同じくらい好きなBGMかもしれません。それとゲームはプロジェクトEGGで配信されてるようです。


好きなゲームミュージックその243

ボンバーマン ぱにっくボンバー」(PCE)

1994年ハドソンより発売の落ちもの系パズルゲーム。

元は同年稼働のACゲーらしく、本作はその移植作だそうです。この他にもいくつか他ハードで出ていて、スーファミやネオジオなんかでも発売されてるようですが、個人的には全くプレイしたことのない作品。でも、動画を見てる限りなかなか面白そうでやってみたくなりました。ざっくり言うと「ぷよぷよ」みたいな感じのゲームなんですが(キャラのゆるさも含め)そこはやはりボンバーマン。たんに揃えて消すだけでなく、爆弾を爆発させて一気に積もり積もった邪魔なものを吹き飛ばす爽快感があります。そしてその爽快感を後押しするSEと音楽がこれまた気持ち良い!パズルゲーとしてはかなり出来が良いんじゃないでしょうか。それではお馴染みのあの曲のアレンジ版をどうぞ!

BGMですが、なんとPCエンジン版の作曲は坂本慎一さんと竹間ジュンさんが担当しているようです。これはもう良いものしかできませんねwどうりで気持ち良いわけです、サントラ欲しいレベルです。因みにAC版やその他のハードも聴いてみたけど、どれも良かったので気になる方は聴き比べてみるのもいいかも、PCE版のその他の曲はこちらからどうぞ。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLA335A96887C660CE

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその243「ボンバーマン ぱにっくボンバー」でした!サントラは単品では出てないみたいだけど、一応アレンジ収録されてるCDは出てるようです。