タグ別アーカイブ: ゆるふわ

百万畳ラビリンス

DSCF0788 - コピー

「百万畳ラビリンス」(たかみち)

2013~14年ヤングコミック掲載作品です。

これ面白いと聞いていて前から気になっていたのですが、ようやく読むことが出来ました。作者のたかみちさんはもちろん(?)コミックLOの表紙でお馴染みなので知っていますwなのでどんな作品なのか気になっていたんですが、まさかゲームと関係した話だとは思いもしませんでした。で、これが読んでみて評判通り面白い!なのでちょっと簡単に紹介してみたいと思います。それではどうぞ!

百万畳ラビリンス

(どこまでも続く ボロアパート)

(そして この先も)

「えっ!?」

百万畳ラビリンス(2)

物語は謎の建物に連れてこられた女子2名が(異論は認める)畳部屋を駆け回るところから始まります。

百万畳ラビリンス(3)

一人は玖波島礼香(くばじまれいか)ゲーム好き(狂)女子大生。もう一人はルームメイトの庸子(ようこ)2人はゲームデバッグのアルバイトをしています。そんな二人がなぜ謎の建物に来てしまったのか?2人はその理由を考えながら取りあえず出口を探すことにします。

百万畳ラビリンス(4)

二人はそこである推測をします。自分たちの住んでいるアパート(社宅)との共通性、バイト先であるクラインソフトウェア社との関係性、もしかするとここは会社の関連施設なのではないか?

最終的に二人が出した答えは結局のところ、1「外部との連絡手段を確保して助けを呼ぶ」2「破壊してでも施設から脱出する」そして、

百万畳ラビリンス(5)

行動を支配されるのを嫌う礼香の出した答え3「施設に残り支配者として君臨する」与えられた選択肢が最善とは限らないという考えに基づく結論からなのですが、いやーこの娘頭の回転が速いですね。ただその為にだいぶ人から誤解されることもあるようです。この答えはなぜ礼香が逃げずにここに留まろうとしているのか、そう取られてもおかしくない何らかの理由との関係を想起させます。そんなこんなで協議の結果、「施設外との連絡手段の確保」「出口に繋がってそうな道を発見次第強行突破」「脱出が叶わない時は支配者として君臨」の3つを胸に、2人は再出発することに。

百万畳ラビリンス(6)

百万畳ラビリンス(7)

時にはポテトチップスを食べ、

百万畳ラビリンス(8)

時には入浴し、

熟睡した後は、

百万畳ラビリンス(9)

ちゃんと朝食をとって、出口を探します。

百万畳ラビリンス(10)

チートはNGです。

 

という感じで割とゆるくボケとツッコミを挟みつつ物語は進んでいくのですが、この作品が面白くなっていくのはまだまだこれからです。モンスターの出現、この世界の住人との接触、礼香の過去、そして明かされていく建物の謎。2人は推論を重ね、次第に真実に近づいていきます。しかし真実は彼女たちの答えのさらに上をゆくもので・・果たして2人はこの世界から脱出出来るのか!?

 

ということで以上。「百万畳ラビリンス」でした!まさか人類規模の戦いになっていくとは・・結末は誰にも予想できません。ゲーム好きにもSF好きにもおススメの一作です!

百万畳ラビリンス(11)


好きなゲームミュージックその218

「SPIN PAIR(スピンペア)」(PCE)

1990年メディアリングより発売のパズルゲーム。

久しぶりのパズルゲームかもしれません「ソルダム」以来になるのかな?でもソルダムは結構人気あるみたいなんですよね、それに比べてこの「スピンペア」のマイナーさよwぷよぷよ以降のパズルゲー数あれど、この作品を知ってる人はそういないんじゃないでしょうか?そもそもメディアリングって会社自体が耳馴染みないですよね、ちょっと調べてみたんですが、どうもあの「ゼロヨンチャンプ」シリーズを発売している会社のようです(PSの地球防衛隊なんかも同社発売のよう)

さてそんな「スピンペア」ですが、ゲーム的には「ぷよぷよ」のようないわゆる落ちもの系パズルで、くるくる回転させながらパズルをはめるようにして(隙間を埋める)物を消していく、至ってシンプルな内容となっております。対戦モードとストーリーモードがあるみたいなんですが、ストーリー的には、白の魔女っ娘が黒の魔女っ娘を追い詰めてぶちのめすという無慈悲な魔法バトルものです。金髪のほうきに乗った魔女っ娘に目がないという方は要注目!

肝心のBGMですが、ジャケ絵を見て分かる通りメルヘン和めます。メルヘン和めるって良いですよね(^^)?それではどうぞメルヘン和んでください!

エンディングクレジットより音担当はミュージックディレクター T・TAKIMOTO、ミュージックコンポーザー T・MAENOとあります。マイナーだからCDにはなってないようですね、発売会社も解散してるようだしなかなか難しいかもしれません。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその218「SPIN PAIR(スピンペア)」でした!色んなものが真っ二つになっているのに笑顔を絶やさない魔女っ娘って素敵だと思います。


好きなゲームミュージックその130

「星のカービィ 夢の泉の物語」(FC)

1993年任天堂より発売のアクションゲーム。

カービィキターーーーーーヽ(^o^)丿みんな大好きカービィだよ!

もうこのソフトは説明要らずですねwなので軽く補足説明だけしてみたいと思います。まずこのファミコン版は2作目です、1作目は92年に出たゲームボーイソフト「星のカービィ」個人的にはこっちの方が印象的ですが、恐らく一面のBGMが異常なほど頭に残っているからでしょうwカービィといったらやっぱあの曲ですよね。どの曲もいいのにあれが衝撃すぎてその他の曲が印象薄くなってる気すらします(^-^;作曲はシリーズ1から担当し続けている、石川淳さんという方がされているのですが、カービィの開発元である”HAL研究所”のサウンドチームに所属する人だそうです。

調べてみたら2016年に発売された「星のカービィ ロボボプラネット」(3DS)も担当してるようですね、今でも現役で活動してるって凄いです。気になってちょっと新作も覗いて見たんですけど、相変わらずの良曲でした(^^)もしかして全作品いい感じなんでしょうか?時間のある時にでもまた覗いてみたいと思います。それにしてもこの”HAL研”という会社なんか凄いですよね、任天堂の元代表取締役社長の岩田さんが所属していたり、本作カービィシリーズの生みの親でもある桜井 政博さんもいます。

Wikiを見るといかに桜井さんが凄いか分かりますが、個人的には「ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ」(N64)の企画を通す箇所が印象的でした。確かに言われてみれば任天堂のキャラクターたちが殴り合うゲームなんて当の会社にしてみたら困惑しますよねwでも結局発売してめちゃめちゃ売れちゃうわけですけど、この自信のあるものは押し通す勇気見習いたいものです(^-^)

さて大分長くなりましたが、そろそろBGMの方へ参りましょう!今回は当然のごとく全曲いいのですが、ゲームとしても最高なのでプレイ動画のリンクを貼っておきます→https://youtu.be/zbhzXKHQ63w

一面の曲に例の曲がくると思いきや別曲なんですよね!あれっじゃああのGBの名曲は使われてないのか?と思ってたら後半のモノクロステージでやられます。ここに持ってきてたんですね(;゚Д゚)なんて素敵演出なんだ!これ以外にも今見直すと、いかにこのゲームが細かく作られていたのかが分かるのですが、例えばカービィの仕草一つとってもかなりのバリエーションがあります。吸い込むと敵が使っていた能力をコピー出来るのですが、その数なんと20種類以上!つまり単純に見てもそれだけの画があるわけです。画面下の枠なんかでも今の状況が変化するたびに常に絵で表示されたりしますしね、ホントに細部の遊びが細かいです。

その中でも個人的にグッときたのは、面と面の間に挟まれた小芝居繋ぎ目部分!別になくてもゲーム的には問題ないんだろうけど、この遊びがあるとないとではまったく面白さが変わってきます。だって次どんなのくるか楽しみになるでしょwほんのちょっとしたことなんだけど、これがカービィの凄さだと思うんですよ、どうでしょうか(^-^)?話は尽きませんがこの辺にしておきましょう。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその130「星のカービィ 夢の泉の物語」でした!83年からズラッとファミコンソフトを見てきたけど、アクションゲームとしては「カービィ」と「ギミック!」の2作はファミコンソフトの一つの到達点なんじゃないかと思います。