タグ別アーカイブ: アクション

好きなゲームミュージックその242

ぽっぷるメイル」(PCE)

1994年NECホームエレクトロニクスより発売のアクションRPG。

元は91年にファルコムから発売された同名のPC用ゲームで、本作はそのアレンジ移植されたものだそうです。メガドラやスーファミにも移植されているらしいので人気タイトルなのかもしれませんね、個人的には名前だけは聞いたことある程度なので、詳しくは知りませんでした。

ゲーム的にはドラスレシリーズのような横スクロールアクションなんですが、動画を見た感じけっこう面白そうでした。カットインしてくるアニメーションなんかもいいですしね、まさに90年代といったドタバタ劇が楽しめると思います。ストーリー的にはエルフの賞金稼ぎメイルが、道中仲間になる魔導士のタットと怪獣ガウと共に超高額賞金首、魔導士マテリアル・ホルンをとっ捕まえるというもので、その後日談としてドラマCDとかも発売されているそうです。やっぱりコアなファンのいる作品なのかもしれませんね。

さて本題のBGMに参りましょう。オリジナル版作曲はFalcom Sound Team jdk、PCエンジン版はこれにアレンジ曲と新曲が追加されていて、新曲担当とアレンジ担当者がエンディングクレジットを見る限り、けっこうな人数で参加しているようです。なので今回は名前はカット、ただアレンジ&ギター担当に志倉千代丸とクレジットされていたのに、へえーと思いました。それでは収録曲1曲目をどうぞ!

こういう和み系の曲やイースっぽい激しめの曲もあったりしますが、どれもいい曲です。ただ例の如くハードごとに全部聴き比べてみたんですが、PC版良いですねwオリジナルが既に良いんですよ、さすがファルコムといったところです。なのでPC88版のサントラリンクも載せときます。興味のある方はこちらもどうぞ→https://youtu.be/M2b1LpS1YyQ

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその242「ぽっぷるメイル」でした!サントラはPC版を含め廃盤と思われるものがいくつか出ているようですが、アマゾンやiTunesでもダウンロード出来るようです。


好きなゲームミュージックその241

「超英雄伝説ダイナスティックヒーロー」(PCE)

1994年ハドソンから発売のアクションRPG。

91年にセガから発売された「ワンダーボーイⅤ モンスターワールドⅢ」(MD)のアレンジ移植だそうです。自分はどっちも知らない作品だったのですが、この作品の本元である「ワンダーボーイ モンスターランド」(AC)は知ってました。というのもこの作品「ビックリマンワールド」(PCE)の元ネタでもあるんですよね。自分はビックリマンから入ったので、まさか元ネタがあるとは当時知りませんでした。で、今作もまたビックリマンの時と同様に、ゲーム部分はそのままでキャラとストーリーだけ変更という形になった模様です。なんか大人の事情でもあるんでしょうかね(^^)?

一応「ビックリマンワールド」を知らない人の為に説明しておきますが、ゲームとしては横スクロールアクションで敵を倒してお金を拾いつつ、お店でアイテムを買いながら先へ進んでいく凄くシンプルなゲームとなっております。でもこれが面白いんですよねw当時クリアしたのにその後も何度もプレイしていた覚えがあります。シリーズもこれだけ出てることだし、やっぱり人気はあったんでしょうね。まあ自分はビックリマンワールド以降の作品は全く手に取る機会がなかったですが、まさかここまで続編が出てるなんて思いもしませんでした。

さてそんなマイナーなんだか人気があるんだか分からない本作「超英雄伝説ダイナスティックヒーロー」ですが、シリーズ通しても個人的に一番BGMが良いと思います。移植元の「ワンダーボーイⅤ モンスターワールドⅢ」も良いのですが、移植に当たって曲が差し替えられているみたいですね。因みに元作では坂本慎一さん(ワンダーボーイシリーズや個人的にはサイキック5や青いブリンクなどでお馴染み)が担当しています。で、本作なのですが、どうもBGMはSYN SOUND DESIGNという音楽会社が担当しているようです。それでは全曲リンクをどうぞ→https://youtu.be/ER6yoci1cD4

これってCDだから普通に聴けるんでしょうかね?聴けるんなら普通に欲しいレベルです♪

今回は元作の方もいいのでワンダーⅤの方もリンク載せておきます。気になる方は聴いてみて下さい→https://youtu.be/o5V5OsUM45Y

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその241「超英雄伝説ダイナスティックヒーロー」でした!久しぶりにビックリマンワールドやりたくなりました(^^)


好きなゲームミュージックその234

激写ボーイ」(PCE)

1992年アイレムより発売の横スクロールアクションゲーム。

当時気になっていて、後年実際にプレイしたことのある激写ボーイです!これ、見たら絶対やりたくなると思いますw主人公がカメラを持って歩きながら、写真をパシャパシャ撮るっていうゲームなんですが、シンプルながら面白いんです。見た感じの雰囲気は洋ゲーなんですが(主人公はLAに住む学生)でも開発をしたトムキャットシステムという会社は日本のゲーム開発社のようです。あの「いたスト」シリーズや「THE 推理」などのSIMPLEシリーズを作ったのも同社みたいですね。

キャラクターデザインも可愛いし、随所に盛り込まれた仕掛けが細かく、ユーモアにあふれています。でも最近知ったのですがこの作品、実は結構込み入った内容のようですねwまさかそんな事情で主人公が写真を撮っていたとは誰も思わなかったでしょう。そんなお話しがこちら↓

ストーリー:デビッド・ゴールドマンは大のカメラ好き。カメラ片手の気ままな毎日。 カメラ好きが高じて、ロサンゼルス・カメラ・学院に、入学しました。 毎日、電車に揺られて学校に通うデビッド・ゴールドマン。でも幸せでした。 不幸が突然彼を襲いました。 飛行機が墜ちてパパとママが死んでしまったのです。 彼を愛してくれたパパとママ。いくら泣いても帰って来ません。 ゴールドマンは情熱を失い学校を辞めようと思いました。 ところが校長先生は彼に思い掛けない提案をしたのです。 「キミ、辞めてしまうとは勿体無い。特別に卒業試験を受けさせてあげようじゃないか。これから私の指定する8枚の写真を撮ってきたまえ」 デビッド・ゴールドマンは卒業試験を受ける事にしました。だが…(Wiki参照)

 

パッパとマッマが・・・Orz

そんな内容と知ってたら、どうでもいい無駄写真を撮りまくってなかったよ!デビット生きろ!

 

さてそんな感じのムードですいませんが、肝心のBGMへいきたいと思います。なんと本作の曲を担当しているのは大久保高嶺さん!「暴れん坊天狗」や、以前紹介した「冒険男爵ドン サン=ハート編」(PCE)でお馴染みの氏です。どちらも知っている人はお分かりの通り、こちらも色々な意味で凄いです。聴いたことあるけど聴いたことない曲ばかりですwそれではサントラをどうぞ→https://youtu.be/0BPBk9Eqtl0

なんていうか個人的にこういう「マグマックス」的な音源大好きです。ジャンクだけどどこか温かい、不思議な魅力を感じさせます。昔は機械やコンピューターはどちらかというと、怖いとか気味悪いとかそういうイメージが多かったと思うんですが(そういうSFも多かった気がする)こういう音に触れているとその逆もしかりと思わされます。「ニーアオートマタ」なんかの機械生命体がはしゃいでる姿を見ても微笑ましいですしね、案外、人よりあちらの世界の方が心地よかったりするのかもしれません。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその234「激写ボーイ」でした!因みに本作は続編(プレステ2)も出ていてそちらも面白そうです。でもBGMは個人的にPCE版のジャキジャキした感じが好き。

 

 

マメ:島田文子さんも無事あちらの世界に行けたようですしね。