アクション」タグアーカイブ

好きなゲームミュージックその287

「プリルラ」(AC)

1991年タイトーより稼働の横スクロールアクションゲーム。

まさか2020年に入ってまたプリルラ紹介することになるとは思わないわけですけどもね、このゲームはだいぶ昔に一回紹介してるんですよね(過去の記事を探して思い出したわけなんですけどもね)まあそんなこんなでもう一回やっていこうもう一回止まった時間を取り戻そう(ブログ放置時間)そういうことなんでしょうかね、ゲーム的にもそういうことだと思いますが(?)

ということで本題のプリルラさっそく参りましょう。

ストーリー:不思議な国ラディッシュランド。それぞれの街で時計じかけのネジを番人が守り、時間の流れが保たれていた。しかし、そのネジを奪い、時間を狂わせる悪いやつが現われた。危険を感じた発明家のおじいさんは街の少年・ザックと孫娘・メルの二人を呼んだ。そして、自分達の街を守るために発明した魔法の杖を託した(Wiki参照)

ミヒャエル・エンデの「モモ」に通じるようなそういうメッセージ性の強い作品なのかどうかはわかりませんが、少年少女が時間の流れを保つネジを奪い返しに魔法で立ち向かうというお話のようです。このゲーム2人同時プレイができるのですが、まあ一人でする時はみんな孫娘のメルを選ぶんでしょうかね、こういうのはやはり少女の方がしっくりくる感じがします。前回このゲームを紹介した時はちょうど魔法少女まどか☆マギカが放送してた時代らしい(らしい)のですが、昔から魔法を使うのは女性、というか女の子というのがお決まりのようです。魔法少年ってのはあまり聴き馴染みがないですね、少年は魔法に頼る必要がないということなんでしょうか。

ちなみにこのゲームはプレステやサターンにも移植されてるのですが、移植レベルはあまり良くないらしいです。しかも何故かプレ値がついてるので手に取りずらい、CDDAなのでCDとして聴けるのはいいんですけどねえ。まあそんなこんなでですよ、本題の本題BGMの方へ参りましょう。このゲーム、当時としては珍しいまどかマギカ並みにだいぶアバンギャルドな作品なのですが(2Dのかわいらしいキャラデザに合わない気色の悪いキャラや急に3Dの人登場など)それに負けず曲もだいぶすごいんですそれではだいぶすごい曲を今回はゲームもだいぶすごいので合わせてそちらもどうぞ→https://youtu.be/1k4tIsM-Dvg

だいぶすごいでしょ?このだいぶすごいのはどういうことかというと前回紹介した「ミズバク大冒険」の作曲者、海野さんが担当しているからなんです!この胸のこの辺をこうざわつかせてくるこの郷愁?郷愁なのかこれは!?このなにこの胸がグワーッとなる感じは!!メルヘンなんですメンタルが!(?)このゲーム当時やったことないしなんなら今現在もやったことないんですけどなんですかこの懐かしい感じさせるやつは、、、なるほどこれが魔法というやつなんですね。

ということで以上、好きなゲームミュージックその287「プリルラ」でした!久しぶりにブログを更新し時のネジを回すことができた30号、果たしてネジを奪った悪者とは誰だったのか、皆さんもネジは大事に保管しときましょうね。

好きなゲームミュージックその286

「ミズバク大冒険」(AC)

1990年タイトーより稼働の横スクロールアクションゲーム。

さていつ以来の記事更新なのかあれはまだ平成だったか?今は令和なのですがまあそういうことは関係なしにミズバク大冒険のターンやっていこうじゃないかね!ミズバク大冒険しってますか?こんなゲーム知ってる人はゲーム好きしかいないと思うのですが、タイトルのミズバクとは水爆弾の略なんですが水爆とは言っても怖いものではなく、カバ?カモノハシ?顔系の主人公ヒポポの水ふうせん的な武器となっております。この水の玉をぽいぽい投げるのが気持ちいいんですよね、まあ自分実際にプレイしたことないんですけど(?)絶対面白いと思うんですよね、特にこの辺の年代のタイトーアクションゲーは何度も言ってますが、アクションはもちろん魔法がかかってるかと思うぐらい不思議な感覚にさせられます。まるで別の世界に入り込んでしまったようなそんな気分にさせられるのですが、ワインに例えると上質なビンテージワインの栓をポンと開けた時に香ってくるその時代の空気と言いますかまあ一種のノスタルジックですかなあ。まあ自分ワインとか飲まないんですけど(?)絶対面白いと思うんですよね。

さてそんな不思議な世界に連れていかれる90年代タイトーゲー「ミズバク大冒険」ですが、やはりBGMの効力は絶大だと思います。作曲は海野和子さん、以前も紹介したけど伝説の奇ゲー?「プリルラ」のBGMも同氏作曲です。今回はプレイ動画でどうぞ。

https://youtu.be/f68E9KhRtzk

曲そのものも良いけどこの年代特有のやわらかい音色がたまりませんね。因みに本作はPCエンジンやセガサターンにも移植されたりPS2だと「タイトーメモリーズ 下巻」でもプレイできるそうです。

ということで以上。

好きなゲームミュージックその286「ミズバク大冒険」でした!サントラは色々出てるようですね。

 

好きなゲームミュージックその281

電脳戦機バーチャロン」(AC)

1995年セガより稼働の3D対戦アクションシューティングゲーム。

ロボットゲームっていったらすぐ頭に浮かぶであろうお馴染みのバーチャロンです。え?いやオレはアーマードコア?いやオレはフロントミッションだが?まあ各々多々あるでしょう。だけれどもこんなにサクサク動くロボットアクションゲームが当時あったでしょうか??やべえよやっぱセガはやべえよ!!と当時なった少年がどれだけいたことか、ロボを自由自在に動かせるなんて全少年の夢ですからね、で、巨大人型戦闘兵器”バーチャロイド”を駆使するわけですが、この時代ってエヴァンゲリオンなんかが放送してた時代でそういうのが流行っていたのかもしれませんね、そんなことも重なり?この作品めちゃめちゃ売れたらしいんですが、どうもWikiによると「あえて失敗させるためのプロジェクト」だったらしく、上の人たちは売れるとは全く思ってなかったらしいようです。

当時のロボットゲーのイメージがあまり良くなかったんでしょうね、でもそのイメージを覆すものが出来てしまったというところなんでしょうか、個人的にこのゲームをプレイしたのはセガサターン(移植初)なのでそのイメージが強いですが、前述の通りの人気作でこの後にプレステ2でも出たりシリーズ続編「電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム」→「電脳戦機バーチャロン フォース」→「電脳戦機バーチャロン マーズ」と計4作も発売されています。正直続編は見たこともなかったのだけど、この機会に動画を全部見てみたらどの作品も基本初期バーチャロンに忠実な感じみたいでした。逆に言えば初期作が初めて出た時ほどの衝撃はないかもしれません。

さてということで肝心のBGMですが、これが爽快な音楽でバーチャロンをプレイするうえで絶対欠かせない要素となっております。それではサントラリンクをどうぞ→https://youtu.be/ud6thh2GPAw

作曲は小山健太郎という方でバーチャロンシリーズのBGMを担当している方の様です。なんでも今流行りの?スマホゲー通称モンストの一部楽曲に携わっているそうなので気になる方はチェックしてみて下さい。

ということで以上、好きなゲームミュージックその281「電脳戦機バーチャロン」でした!サターンのゲームディスクがサントラ代わりになるのでめちゃお得なんだよなあ。