アクション」タグアーカイブ

好きなゲームミュージックその281

電脳戦機バーチャロン」(AC)

1995年セガより稼働の3D対戦アクションシューティングゲーム。

ロボットゲームっていったらすぐ頭に浮かぶであろうお馴染みのバーチャロンです。え?いやオレはアーマードコア?いやオレはフロントミッションだが?まあ各々多々あるでしょう。だけれどもこんなにサクサク動くロボットアクションゲームが当時あったでしょうか??やべえよやっぱセガはやべえよ!!と当時なった少年がどれだけいたことか、ロボを自由自在に動かせるなんて全少年の夢ですからね、で、巨大人型戦闘兵器”バーチャロイド”を駆使するわけですが、この時代ってエヴァンゲリオンなんかが放送してた時代でそういうのが流行っていたのかもしれませんね、そんなことも重なり?この作品めちゃめちゃ売れたらしいんですが、どうもWikiによると「あえて失敗させるためのプロジェクト」だったらしく、上の人たちは売れるとは全く思ってなかったらしいようです。

当時のロボットゲーのイメージがあまり良くなかったんでしょうね、でもそのイメージを覆すものが出来てしまったというところなんでしょうか、個人的にこのゲームをプレイしたのはセガサターン(移植初)なのでそのイメージが強いですが、前述の通りの人気作でこの後にプレステ2でも出たりシリーズ続編「電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム」→「電脳戦機バーチャロン フォース」→「電脳戦機バーチャロン マーズ」と計4作も発売されています。正直続編は見たこともなかったのだけど、この機会に動画を全部見てみたらどの作品も基本初期バーチャロンに忠実な感じみたいでした。逆に言えば初期作が初めて出た時ほどの衝撃はないかもしれません。

さてということで肝心のBGMですが、これが爽快な音楽でバーチャロンをプレイするうえで絶対欠かせない要素となっております。それではサントラリンクをどうぞ→https://youtu.be/ud6thh2GPAw

作曲は小山健太郎という方でバーチャロンシリーズのBGMを担当している方の様です。なんでも今流行りの?スマホゲー通称モンストの一部楽曲に携わっているそうなので気になる方はチェックしてみて下さい。

ということで以上、好きなゲームミュージックその281「電脳戦機バーチャロン」でした!サターンのゲームディスクがサントラ代わりになるのでめちゃお得なんだよなあ。

好きなゲームミュージックその280

「ダイナマイト刑事」(AC)

1996年セガより稼働のベルトスクロールアクションゲーム。

まさかダイナマイト刑事を取り上げることになると思いませんでしたが、このゲームはどうなんですかね、一般的には有名ではないんでしょうか?個人的には家庭用ゲーム機にも移植されたり(セガサターン)あの当時のセガの妙なCMが印象的だったのを覚えています。で内容ですが、アクションゲーなんだけどちょっと変わっていて、ビジュアルシーンやQTEなんかも使われてるけっこう最先端なゲームだったんですよね、QTEといったらもうすぐPS4でリニュアール発売される「シェンムー」のイメージが強いですが、シェンムーが発売されたのは99年のドリキャス時代!それよりも前にクイックタイムイベントを導入してる(製作は同時くらいなのかな?)ダイナマイト刑事、さすがダイナマイトといった感じですね(?)でもまさかこのゲーム、アーケード版が元だったとは知りませんでした。なんでも海外では「Die Hard Arcade」というタイトルで出ていて、あの有名な映画ダイ・ハードを意識して作られたとかなんとか、確かに言われてみればとにかくドンパチしてるアメリカンムービーな感じは否めませんし、その辺に落ちてる鉄パイプや拳銃やマシンガンやその辺に落ちてるロケットランチャーや対戦車ライフルを無造作に拾っては撃鉄を起こす欧米ライクな感じは否めません。

とまあそんなダイナマイトな刑事ですが、これ改めて動画で見たんですが音楽にかなり力を入れてるんですよね、BGMが完全に映画のサントラのようなんです。作曲してるのはHoward Drossin という海外の方で映画のBGMやゲームだと「ソニック・スピンボール」や「ソニック&ナックルズ」なんかも手掛けてる方のようです。今回はどれも凄いBGMなのでサントラのリンクを貼っておきますね→https://youtu.be/A1f_LmK8JhU

なんというか個人的にバカゲーのイメージが何故か強かった本作ですが、まさかBGMがこれだけ良かったとは当時気付きませんでしたね、ゲーム自体が面白いから夢中になってプレイしていたということでしょうか?ドリキャスのシリーズ2作目をよくやっていたことを思い出しました。

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその280「ダイナマイト刑事」でした!ラスボスのじじいの頭蓋を容赦なく拳で打ち砕く姿勢や馬乗りになってラスボスのじじいを羽交い絞めにするさまをみているとなんだか感慨深いものを感じます。

好きなゲームミュージックその276

「ミスティックウォリアーズ 怒りの忍者」(AC)

1993年コナミより稼働の横スクロールアクションゲーム。

Wikiはないけど恐らくコアなファンがいそうなマイナーゲーです。片言の日本語が繰り出す、いかにも海外向けの忍者といったキャラクターたちが主人公の作品なんですが、これ一見クソゲー風のオーラを醸しきっていはしますが、見た感じ結構面白そうなんですよね、グラフィックや演出面も気合入ってるし、なにしろゲーム自体の操作性が良さそうなので実際にプレイしてみたくなります。ただ筐体でゲーセンに出回っていた期間が短いらしいので、実際にプレイした人も少ないとは思いますが、これだけ気合い入れて作ってる割にどこにも移植されてもいないらしいので、これから先プレイできるかどうかはちょっと難しいかもしれません。

さて肝心のBGMですが、これがまた良いんです!なんでこんなバカゲーみたいな作品にこんな良曲が!?と思わざるを得ません。和風テクノがサイバー醸してるんですが、まさかこの曲は・・と思ったら、前回紹介したポリネットの作曲陣、竹ノ内さんと仲野さんが絡んでるんですね、どうりで良いわけです。それでは今回はゲームもいかしていることですのでプレイ動画のリンクを貼っておきます→https://youtu.be/EN-4rQRcwRM

因みにこのゲーム、エンディングクレジットまでこだわっていて、作曲の名前の部分が竹ノ内裕磨呂、仲野順丸と変名されていました。こういう無駄にこだわるとこ良いですよね。あとラスボスの演出好きですw

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその276「ミスティックウォリアーズ 怒りの忍者」でした!サントラは奇跡的に出ているようですが(コナミ・アミューズメントサウンズ’93)プレ値が付いているようです。で、これ海外ではウケたのかな(^^)?