タグ別アーカイブ: アクション

好きなゲームミュージックその234

激写ボーイ」(PCE)

1992年アイレムより発売の横スクロールアクションゲーム。

当時気になっていて、後年実際にプレイしたことのある激写ボーイです!これ、見たら絶対やりたくなると思いますw主人公がカメラを持って歩きながら、写真をパシャパシャ撮るっていうゲームなんですが、シンプルながら面白いんです。見た感じの雰囲気は洋ゲーなんですが(主人公はLAに住む学生)でも開発をしたトムキャットシステムという会社は日本のゲーム開発社のようです。あの「いたスト」シリーズや「THE 推理」などのSIMPLEシリーズを作ったのも同社みたいですね。

キャラクターデザインも可愛いし、随所に盛り込まれた仕掛けが細かく、ユーモアにあふれています。でも最近知ったのですがこの作品、実は結構込み入った内容のようですねwまさかそんな事情で主人公が写真を撮っていたとは誰も思わなかったでしょう。そんなお話しがこちら↓

ストーリー:デビッド・ゴールドマンは大のカメラ好き。カメラ片手の気ままな毎日。 カメラ好きが高じて、ロサンゼルス・カメラ・学院に、入学しました。 毎日、電車に揺られて学校に通うデビッド・ゴールドマン。でも幸せでした。 不幸が突然彼を襲いました。 飛行機が墜ちてパパとママが死んでしまったのです。 彼を愛してくれたパパとママ。いくら泣いても帰って来ません。 ゴールドマンは情熱を失い学校を辞めようと思いました。 ところが校長先生は彼に思い掛けない提案をしたのです。 「キミ、辞めてしまうとは勿体無い。特別に卒業試験を受けさせてあげようじゃないか。これから私の指定する8枚の写真を撮ってきたまえ」 デビッド・ゴールドマンは卒業試験を受ける事にしました。だが…(Wiki参照)

 

パッパとマッマが・・・Orz

そんな内容と知ってたら、どうでもいい無駄写真を撮りまくってなかったよ!デビット生きろ!

 

さてそんな感じのムードですいませんが、肝心のBGMへいきたいと思います。なんと本作の曲を担当しているのは大久保高嶺さん!「暴れん坊天狗」や、以前紹介した「冒険男爵ドン サン=ハート編」(PCE)でお馴染みの氏です。どちらも知っている人はお分かりの通り、こちらも色々な意味で凄いです。聴いたことあるけど聴いたことない曲ばかりですwそれではサントラをどうぞ→https://youtu.be/0BPBk9Eqtl0

なんていうか個人的にこういう「マグマックス」的な音源大好きです。ジャンクだけどどこか温かい、不思議な魅力を感じさせます。昔は機械やコンピューターはどちらかというと、怖いとか気味悪いとかそういうイメージが多かったと思うんですが(そういうSFも多かった気がする)こういう音に触れているとその逆もしかりと思わされます。「ニーアオートマタ」なんかの機械生命体がはしゃいでる姿を見ても微笑ましいですしね、案外、人よりあちらの世界の方が心地よかったりするのかもしれません。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその234「激写ボーイ」でした!因みに本作は続編(プレステ2)も出ていてそちらも面白そうです。でもBGMは個人的にPCE版のジャキジャキした感じが好き。

 

 

マメ:島田文子さんも無事あちらの世界に行けたようですしね。


好きなゲームミュージックその230

「ゲンジ通信あげだま」(PCE)

1991年NECホームエレクトロニクスより発売の横スクロールアクションゲーム。

はいキマシタよ!ゲンジ通信あげだまww以前タイトルだけは覚えてるけど一体あれは何だったのか?と問いはじめ思考即キャンでお馴染みのあげだまです!まさかこういう形で再び登場するとは思いもしませんでしたね。まぁこれも良い機会なので少し振り返ってみましょうか。まずこの「ゲンジ通信あげだま」という作品ですが、元は91~92年にテレ東で放送していたアニメだそうです。原作は富田祐弘(アニメーション脚本家)&さくまあきら(桃太郎伝説・電鉄でお馴染み)両名のコンビで、作品的にはギャグ&バトルといった感じのようです。物語はこんな感じ↓

ストーリー:盛蕎麦市を拠点に世界征服を目論むノットリダマス11世一味は「ノットリダマスの大予言書」に基づいて、合成獣を作り出し、予言書の内容を実現させる作戦を行っていくのだが、いつも予言書の解釈を間違ってしまい、ハチャメチャな作戦になってしまう。しかし、どんなバカバカしい作戦であっても街の人々に迷惑を与えているのは事実だった。
そんなノットリダマス11世一味に立ち向かうのは、ヒーロー星出身の源氏あげだまが変身した正義のヒーロー・あげだマン。ヒーロー星の夏休みを利用して地球にやって来ただけだったのだが、思わぬ悪の出現により地球の平和を守るために戦うことになったのだった。(Wiki参照)

Wikiを見て知ったんですが、なんとこの主人公のあげだまって人間じゃなくて異星人らしいですね、夏休みを利用して地球に修行しに来た模様です。これだけでもかなりの謎なんですが、気になるのはジャケ絵で笑顔を振りまいているテレビ的な何かです。正直こんな奴はオレ知らねえ!でも、どうやら重要テレ物のようです。主人公の親友にしてヒーロー変身に不可欠な存在、そいつの名はワープ郎!そう、読んで名前の如くテレビなどではなくワープロなんです!ワープロ・・久しぶりにその名を聞きましたね。あれはどこへいったんでしょうか?ワープロで検索すると「ワープロって何ですか?」って質問が上位を占めています。つまりそういうことなんでしょうね、この問題はあえてフタを開けずにそのままにして置こうと思います。

さて、そんな異星人とワープロの物語「ゲンジ通信あげだま」ですが、あのコミックボンボンなんかでコミック化もされたり↓

原作と並行してメディア展開してたりするのですが、その一つに本作ゲーム版あげだまが含まれます。アクションゲーとしては特にこれといって特徴はないと思いますが、かえって単純なぶんとっつき安いゲームかもしれません。BGMもノリノリで良いですしね、中でもアニメ版のOP曲アレンジは爽快で聴いていて気持ちいです♪ということで全曲リンクを貼っておきます。

ゲンジ通信あげだまサントラ

全曲良いとは言えないけど、個人的にステージ前半の曲は好きです。因みにアニメ版OP曲なんてもちろん知らないだろうからそちらも合わせてご覧ください。

なるほど提供がNECだからワープロなのか、分かりやすい設定ですね。OP曲の方はうーん聴いたことあるような無いようなwでもいい曲だと思います。あっ「たまたま~♪」に違和感を覚えていた過去の記憶が浮かびフタを閉じておきます。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその230「ゲンジ通信あげだま」でした!因みにあげだまの後番組が「姫ちゃんのリボン」で、その次の番組が「赤ずきんチャチャ」のようです。ふむう・・時代を感じますねえ( ˘ω˘ )


好きなゲームミュージックその227

「ニュートピアⅡ(NEUTOPIAⅡ)」(PCE)

1991年ハドソンより発売のアクションRPG。

89年に発売された前作「ニュートピア」(PCE)の続編です。あのゼルダの伝説に強い影響を受けた作品らしく、そこかしこにゼルダオマージュを感じさせる一作、内容はこんな感じです↓

ストーリー:舞台となるのは勇者フレイの活躍で平和を取り戻したニュートピアの地で、1年前に突如迷宮が現れ再び魔物たちが徘徊を始めたところから物語は始まる。かつての悪魔が復活したとの噂をされている中、勇者フレイは事態の真相を探るため再び旅立って行った。しかし、それ以来彼からの便りはなく、その後姿を見たものは誰もいない。主人公はフレイの息子として異境の迷宮に消えた父を探し、闇に閉ざされた世界を救うために迷宮へ旅立つのだった。(Wiki参照)

前作の主人公の息子が活躍する内容です。ⅡはⅠの雰囲気を踏襲しつつ、さらにパワーアップして帰ってきたといった感じでしょうかね、ジャケ絵からして既に違いを感じさせるのですが、本作のキャラクターデザインを担当しているのは、なんと「機動戦士ガンダム」でお馴染みの安彦良和さんなんだとか!

ちょっと調べてみたんですが、PCエンジンの作品では「大魔界村」や「マイト&マジック」なんかのパッケージデザインも、安彦さんが担当しているようです。うーむやはり惹きつけられますね。

さて話を戻しまして「ニュートピアⅡ」ですが、当然BGMも良いです。1も良いんだけど個人的にはⅡが好き!音楽を担当しているのは以前紹介した「スーパースターソルジャー」でお馴染みの星恵太さんです。それでは全曲リンクをどうぞ→https://youtu.be/0UVjRfJQA3s

1,2作品ともWiiやPS3でプレイすることも出来るので、興味のある方はそちらでどうぞ。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその227「ニュートピアⅡ」でした!これを機会に安彦良和さんの漫画を読んでいこうと思います(^^)/