タグ別アーカイブ: アクション

好きなゲームミュージックその256

「新入社員とおるくん」(AC)

1984年コナミより稼働のアクションゲーム。

はいということで急に年代は戻り80年代ゲーですwいやーというのも最近気がついたんですが、いくつかの会社をすっ飛ばしてました、しかもどれも大手(^-^;ということでもうそろそろ終わると思ってたのですが、まだ少し続きそうです。なので引き続きお付き合いくださいね!

さて本作「新入社員とおるくん」ですが、あのコナミが84年に出したアクションゲームです。84年というとファミコンが発売された翌年で、例えば任天堂だと「テニス」「ゴルフ」「クルクルランド」ナムコだと「パックマン」「ゼビウス」「マッピー」などが発売された年になります。ファミコンにタッチした人ならだれもが知ってるタイトルばかりだと思うのですが、新入社員とおるくん、こいつはどうでしょうか?私が思うにこの作品をプレイした人いや知っている人はほとんどいないんじゃないでしょうか!?この適当に取ってつけましたみたいなタイトル、印象が薄いんだか記憶にこびり付くんだか良く分からないネーミング、はい正直いってクソゲー臭しかしません!どう見てもマイナーゲーです。なぜこの時代にコナミがこんな作品を作ったんでしょうか、まああまり深追いはしないことにしときますが、実はこの作品、ディスっておいてなんですがあるゲームに似ていてなかなか面白そうなんです。

そのあるゲームとは「熱血硬派くにおくん」なんですが、この作品が出るのは86年つまり2年後なんですよね、タイトルも似たような感じだし、ゲームとしても同じような雰囲気をもった作品が既に84年に出ていたという驚き!メジャーなハードに移植されてもいないので、前述の通り認知度はかなり低いとは思いますが、この作品はもっと評価されても良いんじゃないかと思いました。因みにストーリーですが、トウキョウショウジの新入社員とおるくんが、恋人のみゆきちゃんとデートをするために残業をサボって会社を抜け出すというものだそうですwこういうセンスは後のくにおくんシリーズにも影響を与えていそうですよね、で肝心のBGMですがこれが良いです♪あのビートルズのピコピコサウンドカバーからオリジナル曲まで、どれもノリノリです。今回はゲーム的にも面白そうなのでプレイ動画のリンクを貼っておきます→https://youtu.be/d8FMbvoLIss

ヘッドバットやヒップアタックで同僚や先輩を容赦なく攻める姿たまりませんwこういうのは今だしても受けるんじゃないかな(^^)?で、作曲者なんですがクレジットで確認できませんでしたが、モアイ佐々木さんなんでしょうか?AC版「ツインビー」や「けっきょく南極大冒険」の続編であるMSX版「夢大陸アドベンチャー」などに携わっていた方だそうです。どれも個人的に好みの音なんだけど、調べてもあまり氏の情報は出てきませんね、コアなファンがいそうな気はするんですけどね、

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその256「新入社員とおるくん」でした!新入社員とおるくんなのに中身が何故か海外ゲーみたいなところは永遠の謎にしときたいと思います。

好きなゲームミュージックその242

ぽっぷるメイル」(PCE)

1994年NECホームエレクトロニクスより発売のアクションRPG。

元は91年にファルコムから発売された同名のPC用ゲームで、本作はそのアレンジ移植されたものだそうです。メガドラやスーファミにも移植されているらしいので人気タイトルなのかもしれませんね、個人的には名前だけは聞いたことある程度なので、詳しくは知りませんでした。

ゲーム的にはドラスレシリーズのような横スクロールアクションなんですが、動画を見た感じけっこう面白そうでした。カットインしてくるアニメーションなんかもいいですしね、まさに90年代といったドタバタ劇が楽しめると思います。ストーリー的にはエルフの賞金稼ぎメイルが、道中仲間になる魔導士のタットと怪獣ガウと共に超高額賞金首、魔導士マテリアル・ホルンをとっ捕まえるというもので、その後日談としてドラマCDとかも発売されているそうです。やっぱりコアなファンのいる作品なのかもしれませんね。

さて本題のBGMに参りましょう。オリジナル版作曲はFalcom Sound Team jdk、PCエンジン版はこれにアレンジ曲と新曲が追加されていて、新曲担当とアレンジ担当者がエンディングクレジットを見る限り、けっこうな人数で参加しているようです。なので今回は名前はカット、ただアレンジ&ギター担当に志倉千代丸とクレジットされていたのに、へえーと思いました。それでは収録曲1曲目をどうぞ!

こういう和み系の曲やイースっぽい激しめの曲もあったりしますが、どれもいい曲です。ただ例の如くハードごとに全部聴き比べてみたんですが、PC版良いですねwオリジナルが既に良いんですよ、さすがファルコムといったところです。なのでPC88版のサントラリンクも載せときます。興味のある方はこちらもどうぞ→https://youtu.be/M2b1LpS1YyQ

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその242「ぽっぷるメイル」でした!サントラはPC版を含め廃盤と思われるものがいくつか出ているようですが、アマゾンやiTunesでもダウンロード出来るようです。

好きなゲームミュージックその241

「超英雄伝説ダイナスティックヒーロー」(PCE)

1994年ハドソンから発売のアクションRPG。

91年にセガから発売された「ワンダーボーイⅤ モンスターワールドⅢ」(MD)のアレンジ移植だそうです。自分はどっちも知らない作品だったのですが、この作品の本元である「ワンダーボーイ モンスターランド」(AC)は知ってました。というのもこの作品「ビックリマンワールド」(PCE)の元ネタでもあるんですよね。自分はビックリマンから入ったので、まさか元ネタがあるとは当時知りませんでした。で、今作もまたビックリマンの時と同様に、ゲーム部分はそのままでキャラとストーリーだけ変更という形になった模様です。なんか大人の事情でもあるんでしょうかね(^^)?

一応「ビックリマンワールド」を知らない人の為に説明しておきますが、ゲームとしては横スクロールアクションで敵を倒してお金を拾いつつ、お店でアイテムを買いながら先へ進んでいく凄くシンプルなゲームとなっております。でもこれが面白いんですよねw当時クリアしたのにその後も何度もプレイしていた覚えがあります。シリーズもこれだけ出てることだし、やっぱり人気はあったんでしょうね。まあ自分はビックリマンワールド以降の作品は全く手に取る機会がなかったですが、まさかここまで続編が出てるなんて思いもしませんでした。

さてそんなマイナーなんだか人気があるんだか分からない本作「超英雄伝説ダイナスティックヒーロー」ですが、シリーズ通しても個人的に一番BGMが良いと思います。移植元の「ワンダーボーイⅤ モンスターワールドⅢ」も良いのですが、移植に当たって曲が差し替えられているみたいですね。因みに元作では坂本慎一さん(ワンダーボーイシリーズや個人的にはサイキック5や青いブリンクなどでお馴染み)が担当しています。で、本作なのですが、どうもBGMはSYN SOUND DESIGNという音楽会社が担当しているようです。それでは全曲リンクをどうぞ→https://youtu.be/ER6yoci1cD4

これってCDだから普通に聴けるんでしょうかね?聴けるんなら普通に欲しいレベルです♪

今回は元作の方もいいのでワンダーⅤの方もリンク載せておきます。気になる方は聴いてみて下さい→https://youtu.be/o5V5OsUM45Y

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその241「超英雄伝説ダイナスティックヒーロー」でした!久しぶりにビックリマンワールドやりたくなりました(^^)