タグ別アーカイブ: アドベンチャー

好きなゲームミュージックその246

「真怨霊戦記」(PCE)

1995年フジコムより発売のホラーアドベンチャーゲーム。

開発はスタジオWINGという会社が担当しているこのゲームですが、元は88年にPC88で発売された「怨霊戦記」という作品だそうです。本作はその続編ではなくリメイク版のようで、PCエンジンの他にWin95なんかでも発売されているのですが、元々のマイナー作品ということに加えPCエンジン後発作品ということもあって、元作を知っている人ですら本版の発売を知らない人が多いんだそうです。まぁ自分と同じく元作も知らねえよという人が大多数だとは思いますがwこの作品そんじょそこらのホラー作品とは比べ物にならないほどの気味悪さと、謎の没入感を兼ねた稀有な一作だと思います。マイナーとはいえコアなファンもいるらしいですし、とにかく知っておいて損はない作品だと思いますよ。

さてそんな「真怨霊戦記」ですが、こんな独白で話が始まります。

(この世に 怨みの無い方は、ございません)

(人の命が短いばかりに 人の情けも事の善悪も 欲望の限りも)

(悟りの道が遥かなため 人の怨みこの世を怨み 旅立つのでございます)

(その旅立ちすら無念がゆえに この世に残した怨みがつのり)

(死することも生きることも 出来ない姿で のたうちまわり)

(死霊が怨霊と化して この世に満ち溢れている事でございます)

(誠この世は 怨霊の群れの渦に 巻かれた姿なれど)

(不幸にも人は その姿見えず 業のさだめの為か)

(生ある人は怨みを 生み続けているのでございます)

(あな恐ろしや遥か この世は本当に地獄の姿に化するのでございます)

 

以下、簡潔なあらすじです。

ストーリー:とあるプログラムを1年がかりで完成させた北原弘行は、その疲れを癒すために夜風にあたっていた。すると突然、頭に針を刺されたような痛みがはしりその場に倒れてしまう。すぐに気がつき体を引きづるように自宅のマンションへ向かうことにする北原だったが、そこで黒マントを着た妙な男と出くわす。男はこちらに次第に近づいてくる、男の背後に妙な生き物がいることに気がついた。人間ではない、犬でもない。すると急にその化け物が飛びかかってきた。次に目覚めると彼は病院に収容されていた。医師に野犬に噛まれたと診断された北原はこれに納得が出来ず、大学の精神科に勤務する友人を訪ねることにする。催眠療法によって自分の見たことが確かであると確信した北原は、自分の見たものが何だったのかを調べるため、町へ調査に出かけることにした。

こんな感じで物語が始まっていくのですが、これにキャラクター、ビジュアル、BGMなどが合わさって妙な世界感が出来上がっています。個人的に初期メガテンが頭に浮かんだんですが、あの雰囲気が好きな人はハマるかもしれません。開発のスタジオWINGという会社は一癖あるホラーやサスペンスで有名なゲーム会社のようですが、シリアスな内容の反面ものすごいギャップも持っていて、しばしばギャグ狙いなのかと思うほどのセリフや物語展開も楽しめます。例えば調査中に通行人に前置きもなく「悪霊について何か知りませんか?」と急に話しかけたり、どう見てもうさんくさい祈とう師に1万円払って除霊してもらったり、悪霊探しついでにスナック街を練り歩きママの前でひと歌披露したりなどなどww数えたら切りがないほどツッコミ箇所が出てきます。恐らくこういう部分も含めてコアなファンがいるんでしょうねw

さて、肝心のBGMですが残念ながらPCエンジン版のサントラは今のところ上がっていません。なのでリンクが張れないのですが、この作品、元のPC88版の出来が秀逸なんですよね、ということで代わりにそちらのリンクを貼っておきます→https://youtu.be/a36Yu50_BK0

作曲は武田昌治さんと宗野晴彦さんの2人が担当、両名とも他の同社の作品BGMにも関わっているようです。残念なのはPCエンジン版の曲は会話時にぶつ切りになってしまうとこですね、おまけに何故かテキストと声のセリフが度々違うという問題も発生しているし、声優陣がいい仕事しているだけにここは本当もったいないと思いました。逆にWin95版の「真怨霊戦記」だとその部分は解消しているんですが、作品の元々持っていたおどろおどろしさが無くなってしまっていて味気ないものになっています。せっかくのリニュアール移植なのに・・結局のところトータルするとやはりPC88版がいいのかもしれませんね(これはこれで問題あるけど)

因みに自分は同社の他の作品も気になって87年発売の「波動の標的」(PC88)も覗いて見たのですが、こちらも独特なおどろおどろしさがあって楽しめました。ユーチューブだけでなく、ニコ動にコメつき動画もあるので気になる方は是非どうぞ、ツッコミが追いつかないぐらい面白いですよw

最後にこちらのサイトが色々と参考になったのでリンクしときます。同社ファンクラブの方のサイトだと思うのですが、スタジオWING作品の貴重な制作裏話が書かれています→http://stwing.web.fc2.com/enigma/enigma.html

会社の成り立ちから「怨霊戦記」制作時の謎の心霊現象?まで、現実もかなりヤバいことになっていた話が面白いですwちらっと諸星大二郎作品なんかのタイトルも出てきてニヤニヤしてしまいましたし、それからスタッフ全員超能力者説はさすがと思いました。

 

ということでかなりの長文になりましたが、以上、好きなゲームミュージックその246「真怨霊戦記」でした!同社の作品はプロジェクトEGG内でダウンロード出来るみたいなので、実際にプレイしたい人はそちらの方が手っ取り早いかもしれません。どれも普通に手に入れようとするとプレ値がついているようです。

 

 

 

マメ:作品内の誤字脱字はたぶん怨霊のせいに違いない(霊的に白目)

好きなゲームミュージックその215

「J・Bハロルドの事件簿‐殺人クラブ」(PCE)

1990年ハドソンより発売のアドベンチャーゲーム。

元作はリバーヒルソフトから発売された同名のPCゲームのようですが、人気タイトルらしく7作以上のシリーズが発売され、様々なハードに移植されている作品だそうです。これ全くやったことないのですが「探偵 神宮寺三郎シリーズ」みたいな感じなんでしょうか?もっとリアルなハードボイルドさも感じますが、とにかく雰囲気が格好いいです。内容的にはアメリカの片田舎リバティタウンで刑事を務める警察官J.B.ハロルドが事件を解決していくというもので、本作はそのシリーズ第一作。それではオープニングムービーをどうぞ!

このJAZZが格好いいんだよね!この辺からもうそのへんの推理ものゲームとの差がハッキリ出ていると思います。で、音なんですがエンディングクレジットを見るとCD MUSICにBUG CORPRATION、PSG MUSICにJOLU JOLU CLUB、そしてオリジナルスタッフの欄にMUSIC YOSHIHIKO MIYAZAKIとあります。このゲームPCエンジン版も曲良いですが、元作のPC版も聴いたらそっちも良かったです♪なのでこちらにPC88版のリンクも貼っておきますね。→https://youtu.be/RuXTYlfjw74

90年代の推理ADVゲーBGMって惹きこまれるサウンドはホントに惹きこまれるんですよね。例えばイヴシリーズとか↓これiPodに入れてますが今でもたまに聴いてます。やはり初期作は偉大だ(^^)/

ということで以上。好きなゲームミュージックその215「J・Bハロルドの事件簿‐殺人クラブ」でした!2008年にDSにも移植されてるみたいなのでそっちでもプレイ出来るようです(PCエンジン版の曲は聴けないみたいだけど)

好きなゲームミュージックその172&173&174

VS.エキサイトバイク」(Disk)

1988年任天堂より発売のレースゲーム。

あの「エキサイトバイク」のリニュアール?作のようですが、これは全く知りませんでした。同タイトルでAC版も出ているようですが、FC版との違いは得点や残機があったり、トラックを飛び越えるボーナスステージが追加されたりなどです。しかし一番の変化はやはりBGMでしょう!あの味もそっけもなかったFC版エキサイトバイクに比べて、何と爽快なサウンドが流れていることか!エンジン音がとにかく聴きたいんだ!というマニア以外には間違いなく本作をおススメ出来ますw曲担当は岡 素世さんという方らしいですが、任天堂というかコナミサウンドっぽい曲調だなと思いました。それではプレイ動画をどうぞ!

お次です。

フェアリーテイル」(Disk)

1989年ソフトプロより発売のシミュレーションRPGソフト。

恐らく超絶マイナーソフトですwYouTubeも全く動画上がってないし、唯一ニコ動でいくつか上がってるぐらいです(;’∀’)久しぶりの超マニアック作品かもしれませんwそれにしてもソフトプロって会社あまり聴き馴染みがない会社ですよね、ファミコンだと「カラテカ」や「サーカスチャーリー」なんかを出してる会社らしいんですが、調べた感じどれもマイナー作品のようです。でもWikiにがっつり詳細が書かれてる通り、結構コアなファンがいるようで、半リアルタイム方式のバトルなんかはそこそこ称賛されてるようですよ。個人的にも「サーカスチャーリー」なんかは好きな作品なので、実際にプレイしたら本作も面白いのかもしれませんね。さて上述のように全く動画が上がってないのですが、何故かエンディング曲だけ上がっていたのでそちらのリンクを貼っておきます→https://youtu.be/1-icnAdvqSw

気になる方はニコ動の方もどうぞ!

 

さてラストです。

ふぁみこんむかし話 遊遊記」(Disk)

1989年任天堂より発売のアドベンチャーゲーム。

まさかファミコンむかし話がシリーズになっていたとは知りませんでした!「ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島」は有名ですが、こっちを知ってる人はそういないんじゃないでしょうか?それもそのはず、調べて納得したのですがこの作品現在に至るまでどのハードにも移植されてないそうですΣ(゚Д゚)つまり現状ディスクシステムでしかプレイ出来ない作品のようですね。何とも不思議な感じですが、ゲーム内容的には前作の新・鬼ヶ島のシステムのままに、シナリオやキャラやBGMなどを変更したものになっています。これもWikiにガッツリ書かれているので気になる方はそちらを見てもらうとして、簡単に説明すると西遊記のパロディ作品のようです。

ジャケ絵のキャラが可愛いですが、キャラクターデザインは前作の脚本も担当している菱田達也さんとアニメーターの小田部 羊一さんが携わっているそうです。小田部さんはなんとあのマリオの公式絵を描き続けていた方だそうですが、なんだか経歴が凄いですね(; ・`д・´)古くは「少年猿飛佐助」から宮崎アニメでお馴染みの「風の谷のナウシカ」まで関わっているそうです。シナリオも面白そうだし、これは移植されたら実際にやってみたくなりますね。そうそう肝心のBGMですが、なんと先ほどの「VS.エキサイトバイク」の岡 素世さんが担当しているそうです。因みにそれ以外だと「ファミコングランプリⅡ 3Dホットラリー」や「スーパーマリオカート」なんかも氏の作品だそうです。どれも良BGMですね(^^♪さてそれでは曲へ参りましょう!今回はどの曲も良いので全曲リンクを貼っておきます。→https://youtu.be/X87thw84Sbg

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその172&173&174「VS.エキサイトバイク」「フェアリーテイル」「ふぁみこんむかし話 遊遊記」でした!ディスクシステムは発売本数が少ないのであっという間に終わりそうです。