タグ別アーカイブ: アニメ

好きなゲームミュージックその183&184

「プラスアルファ(PLUS ALPHA)」(AC)

1989年ジャレコより稼働のシューティングゲーム。

ポニーテールの女の子が主人公で、自機はプロペラ機を始めとした攻撃方法の違う3種類の機体。デフォルメされたポップな世界観がなんとも和みますが、意外に敵弾がピュンピュン飛んでくるので注意ですwそれとクリア時のミニゲームなんかは本作の特徴の一つだと思うんですが、キャラ絵を合わせるルーレットは新鮮ですね、それで得点を稼いで1UP出来たりACゲーとしては結構サービスの良い作品だと思います。肝心のBGMですが「伊賀忍術伝」に引き続き多和田さんが担当!常夏を感じるようなAORサウンドに、不思議な装飾が散りばめられたような音の連なりとなっております。それではBGMをどうぞ!

控えめだけどしっかりとゲームの基幹を支える、まさにBGMの鏡的良曲だと思います。家でまったり聴くのにもこれくらいがちょうどいいんです(^^)

さてお次です。

「サンダーストーム(THUNDER STORM )」(AC)

1984年データイーストより稼働のシューティングゲーム。

海外タイトルは「COBRA COMMAND」いやーこのゲームは度肝を抜かされました!というのも84年稼働という初期アーケードゲーなのに、フルアニメーションなんですΣ(゚Д゚)こんなの信じられません!だって84年ってファミコンで「ゼビウス」が出た年じゃないですか!あのピコピコいってる裏側でこんな凄まじいSTGが稼働していたなんて断じて受け入れられませんwwだっておかしいでしょこんなのwwwこれは有名なゲームなんですか!?サターンやプレステにも移植されてるんですが(どれもプレ値が付いてる)もう衝撃すぎて文章もくっちゃくちゃですわwwなのでもう一度気を取り直して簡単に一から説明してみたいと思います。

本作は映像表示にレーザーディスクを使用したコクピット視点のSTGなんですが、映像を制作したのは東映動画(東映アニメーション)で、セル画枚数は5万枚以上を使用し、制作期間は1年。総スタッフは500人以上、制作費は1億円掛った大作STGだそうです(Wiki参照)後にも先にもこれだけの労力を使ったSTGなんてあるんでしょうかね(;’∀’)その割にはあまり有名ではない気がするんですが、稼働期間が短かったから知名度がいまいちなんでしょうかね?(LD自体が短命だったし)ゲーム的にも悪く言えばアニメーションに合わせた覚えゲーだからすぐ飽きてしまうのかもしれませんが、それにしたって当時こんなのプレイしていたらその衝撃は計り知れないと思います。そんなこんなでプレイ動画を視た衝撃をつらつらと書きなぐってみましたが、毎度の如く視た方が早いですwなのでこちらにプレイ動画のリンクを貼っておきますね。

https://youtu.be/VN1LC2s4P-w

 因みにストーリーはヘリに乗り武装テロリストを倒すというもので、BGMはTAOという日本のロックバンドが担当しているようです。80年代っぽいニューウェーブサウンドが近未来風アニメーションにマッチしていて格好いいですね(^^♪

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその183&184「プラスアルファ(PLUS ALPHA)」&「サンダーストーム(THUNDER STORM )」でした!サンダーストームは今の技術で再稼働させたらどうなるんでしょうかねw採算が取れるのかは分かりませんが、確実に話題にはなると思います。というかやってみたいです!

 

 

マメ:MCD,PS、SS等に移植されているがACの迫力には全くかなわない。


久しぶりにロボットアニメを堪能

GW中に「銀河旋風ブライガー」を見た!

はいということでね、久しぶりに見ましたよロボットアニメ^^「銀河旋風ブライガー」っていうやつなんですけどね、MXテレビで今年から再放送しているようです。元は1981年にテレ東で放送されていたらしいんですが全く知りませんwそもそも今までこんなロボいたの知りませんでした。マイナーロボットアニメなのかな?でも一応シリーズ三部作続いているようで、あのスーパーロボット大戦にもちょいちょい出てくるらしいです。


内容的にはこんな感じらしいです→時は西暦2111年。人類は本格的な宇宙進出を遂げ、一見華やかな宇宙開発時代を迎えていた。しかし、惑星開発利権や腐敗した権力と結びついた巨大な犯罪組織が台頭、これら「コネクション」と総称される犯罪組織によって、力弱き人々は蹂躙されていた。そんなある日、隕石群アステロイドベルトの歓楽街・ウエストJ区9番地に4人の若者・かみそりアイザック、ブラスターキッド、飛ばし屋ボウィー、エンジェル・お町が集結。宇宙の始末屋「コズモレンジャーJ9」を結成する。J9は、巨大ロボット「ブライガー」を駆り、多額の報酬と引き換えに、のさばる悪を闇から闇へ葬り去ってゆく。やがて彼らは、犯罪組織「ヌビア・コネクション」の若き首領カーメン・カーメンと、その恐るべき野望「大アトゥーム計画」と対峙することとなる。(Wiki参照)

さて本題ですがこのロボットアニメ音楽がいかしてます。曲担当はタイムボカンシリーズを担当していた山本正之さんで、監督いわくロックにこだわった作品にしたかったようです。ということでOPがこちら↓


なんという胸熱!個人的にロボ的にはどうかと思う節もあるけど(多々)格好良いOPだと思います。やっぱロボットアニメはこうでなくっちゃね。でもOPもいいけどブライガーはEDも良いんです↓


心に沁みいる一曲です。マイナーロボットアニメっぽいからあんまり聴いたことある人少ないんじゃないかな?もったいない。

ということで、久しぶりにロボットアニメを堪能したGWでした!興味のある人はMXテレビで見れるので要チェキです!


アニメ(2013‐夏)

アニメ第一期が次々終わる中、7月始動の夏アニメが騒がれているようです。色々また始まるみたいですが、個人的にその中で気になったものを抜粋してみたいと思います。

 

まずは「恋愛ラボ」

この作品はまんがタイム掲載中の、お嬢様学校を舞台とした4コマまんが作品です。雰囲気が良かったのでアニメでどうなるのか気になるところです。

 

お次は「神さまのいない日曜日」

月刊ドラゴンエイジ掲載のファンタジー作品。元はライトノベルなのですが、個人的に絵の描写が好きです。アニメでは絵はどうなるのかな?

 

あと2作です。

 

「物語シリーズ」セカンドシーズン

「化物語」から始まった西尾維新によるライトノベル作品続編です。この作品は続編を楽しみにしている人は多いんじゃないでしょうか?前アニメから非常に魅力的な作品なので、今夏期待値MAX作品です。

 

化物語

 

ラストです。

 

「銀の匙」Silver Spoon

「鋼の錬金術師」で有名な作者・荒川弘による新作品。

キャッチコピーは「汗と涙と家畜の酪農青春グラフィティ!!」

鋼の錬金術師に比べるともの凄い地味な印象のこの作品ですが、マンガ大賞を初め様々な賞を受賞している超人気作品です。

恐らく今期の夏アニメでもっとも期待されている作品なんじゃないでしょうか?30号はコミックスで読んでいますが、地味な作品ながらハガレンでも触れられていたような哲学的な問いがあったり非常に魅力的な作品だと思います。

 

という感じ。

 

とりあえず30号は7月アニメはこの4作品はチェックしてみようと思います。時期も丁度いいし次回は「銀の匙」を紹介しようかな?30号の気になる夏アニメの回でした!