タグ別アーカイブ: エロボケ

ローカルワンダーランド

ローカルワンダーランド

「ローカルワンダーランド」(福島聡)

ハルタ掲載の短編集です。あの「星屑ニーナ」の作者さんによる新作なんですが、これかなり評判が良いらしく気になっていました!個人的にも星屑ニーナはブログで何回も取り上げる程好きな作品だったので、こっちも楽しみにしていたのですが読んでニヤリ、やはり面白いです(^^)なので今回も簡単に紹介してみたいと思います。まず1巻目ですが、全6作品が収められています。タイトルは、

1、深作彗(ふかさくけい)2、突撃!RZ‐1 3、3030年 東京オリンピック 4、決断 5、エロチシズムの歴史 6、ローカルワンダーランド 2巻は、7、サンライズ出雲 8、精神論2015 9、ペットショップガール 10、ストレート・アヘッド 11、サルビアの蜜 12、もしも〇〇が✕✕だったら  最終話、夜明け前

1は、憧れていた同級生(小学)の女の子とのお話し。2、愛車RZ‐1の機嫌を損ねた輩を追い詰めるお話。3、3030年東京オリンピックのコスチュームデザインを決めるお話。4、殺し屋常滑(とこなめ)さんのお話。5、妄想に勝るエロは無しというお話。6、ある町に起きた事件(電線にマネキンが吊り下げられる)の犯人を突き止めるお話。7、浮気をしたら幽霊になったお話。8、キャンキシェイ(色即是空)のお話。9、売れ残りのペットを殺処分するお話。10、ナウシカを観て何も想わないってのはどうかしてるというお話。11、困っているとおっぱいを見せてくれる世界のお話。12、漫画家になるために思考を柔らかくするお話。最終話、毎晩ひとりで「どどどど」と叫ぶ馬鹿(愛すべき)のお話。

 

という感じのラインナップですがどれも独特な味があって面白いです。今回はこの中から1作目の「深作彗」をちょっと取り上げてみたいと思います。

深作彗(1)

深作彗(2)

深作彗(3)

深作彗(4)

(というワケで ボクは深作彗にあこがれていた)

(好きというのとは違う あこがれていたのだ)

 

(でもさ)

 

(ボクは深作彗とは口をきかなかった)

(なぜかって)

深作彗(5)

(深作彗は誰とでも話をする)(平等に なかよく 話をする)

(ボクが 深作彗と話をしないこと・・・・・・)

 

(もしボクが)(深作彗と なかよく話をしてしまったら・・・・・・)

 

(ただの)(友達になってしまう)

(それが 嫌なのだ)

(ボクは深作彗にとって)(異物でありたいのだ)

 

(だから ボクは・・・・・・)(深作彗とは 口をきかない)

(彼女は)(ボクの特別な存在なのだ)

深作彗(6)

                                               という小学生の話なんですが、この後2人は何事もなく30代になって同窓会で再び顔を合わせることになります。小学生だった頃と雰囲気の変わらない深作彗の姿を見て興奮するボク(雨宮)果たして30年越しに二人の関係は変わるのか!?それは読んでのお楽しみです(^^)!

 

以上「ローカルワンダーランド」でした!2巻完結です。

「星屑ニーナ」の回はこちら→30号とコミックス➂

 


ベアゲルター3巻

ベアゲルター3巻

「ベアゲルター3巻」(沙村広明)

2巻紹介の時に次は2017年頃発売かな?と思ってたら、2年経たずに去年発売されましたw 例の如く検索してくる方が多いので3巻もちょっと取り上げてみたいと思います。

1巻紹介はこちら→ベアゲルター2巻紹介はこちら→ベアゲルター2巻

まずは裏表紙に書かれた超かっけーお言葉をどうぞ!

”汚れちまった故郷に性と死とが吹き荒れる。吼えずにいられるかい・・・牝犬ッ!!”

相変わらずの胸熱啖呵にこちらも指ぬきグローブにメリケンサックを用意せざるを得ません!さて物語ですがここまではこんな感じになっております。

”売春島”こと石婚島(いしくなぎじま)で取引されていた商品は、悍ましき代物だった。金髪の狙撃手とチャイナドレスの功夫女の死闘に乗じて奪った商品を、懸巣組の若頭・東に叩き付けた忍は早々に退散、古巣のバーへと身を寄せる。が、一足先にそこで働いていたのは、件の取引を襲撃した隻眼・義手の白人女!「ナミ」と名乗るその女に半ば強要され、忍は再び石婚島へと向かう羽目になる。渡島直前、東の配下連中と再会した忍は、ナミ・ソリらと娼婦に身を窶し、女衒ルートを利用し色街から島へと潜入した。最初の”客は”厨生大亮(くりふだいすけ)潜入取材の記者だという。春を鬻がずの寝物語で厨生の話を聞くうち、忍の中で禍々しく符合し始める噪天会の商品・・・壮絶なナミの過去・・・そして故郷の変容・・・。その夜、厨生は惨殺された。殺ったのは異様な風貌の男女、そして━━━━━”忍”と呼ばれる、少女。

 3巻ではいよいよあの正体不明の男女とご対面です。それでは3巻の序盤紹介をどうぞ。

ベアゲルター3巻(2)

3巻の初っ端を飾るのは吉音(キルソリ)ちゃん!懸巣組の拷問担当人ですが、故あって夜のお店で働いています。

ソリ「お前が私の初めての馬か?」そしてプレイが始まります。

ベアゲルター3巻(3)

知らないプレイに馬も思わず呻きますwwww

なんやかんやあった後、その店で自分のプレイに耐えうる人物をお供にすることになるのですが↓

ベアゲルター3巻(4)

その相手とは関西慈悲心会若頭補佐の不二叡祐(ふじえいすけ)という男。あの喧天会よりもさらに上のヤクザだそうですwそんな男を連れ忍たちと合流します。

ベアゲルター3巻(5)

肩車wwまだプレイ中なのかもしれませんね(^-^)

さて一行が向かう先は一体どこなのでしょうか?それはなんと母親が死んだきり全く訪れていなかった忍の実家なのです。

ベアゲルター3巻(6)

よく見るとあるはずのない明かりがともっていることに気づく忍。空き家のはずなのに何故!?「・・・・・・・・・・・・ふざけるな」「ここは・・・私の家だ」そう呟いた忍はドアに手をかけます。そしてそこで出会う見知った顔!

ベアゲルター3巻(7)

その男は田盛という石婚島の住人で、忍が育った村の元・振興委員会会長。何故彼がここにいるのか?疑問に思いながら話をしていると、どこからか別の声が聞こえます。「私達の知らないお客さんかい?」「田盛さん」田盛の制止を振り切り声のする方へ向かう忍。そこにいたのは・・

ベアゲルター3巻(8)

ベアゲルター3巻(9)

フリー記者・厨生を殺したあの正体不明の男と女の姿!10年ぶりに帰った実家のリビングで夫婦のように寛いでいます。ピリピリしたムードの中、話を聞くうちにこの男たちが忍の親の名前を騙ってここに住んでいることが判明・・いわゆる背乗り(はいのり)というやつです。ブチ切れ寸前の忍ですが、その背後にもう一人の別の女の影が忍び寄ります。

ベアゲルター3巻(10)

さあ一体どうなるか!?続きはコミックでどうぞ!

3巻は前半が緊迫した状況が描かれ、中盤から最後まで怒涛の死闘が繰り広げられます!まさに息をのむ闘い、読み終えた後何かしらの恍惚感に満たされること必至の1作です!ということでベアゲルター3巻序盤紹介でした。因みに出番の少ない睫毛(ジェマオ)さんがとにかく食べるだけのお話「ジェマオ姐ちゃんの喰い辛抱・・・断罪!!」も後半で読めますよw

ベアゲルター3巻(11)

暗殺請負人どこいったww


ボケてみます65

さてボケてみますか。

水遊びをする三人の少年たち

「2回に1回目を狙うのはやめてよー」

 

伝説の試合を模す拳法家二人

パイタッチ拳法とは古より伝わるパイ掴み拳法の二極化により生まれた秘術であり、これはその伝説の一試合を模したものである。師範代のパイカウンターが決まりもはや一歩も動けない状態にある弟子のウルドゥはその時なにを思っただろうか?それを思い起こすのは一つのロマンであり、一つの歴史を解き明かすことですらあるのかもしれない。

 

弟子から試合を申し込まれるも今日はその気にないと断る武闘家

「やい、パイタッチさせろ!」「ダメだダメだ今はその気分にない」

 

首長一族母子のある日の会話

「母さんの首ってどうなってるの?」「普通ですよ」「普通ってことはないでしょ?」「普通ですよ!」「母さんのが普通だったら私のはなんなのよ?もう」

 

足がつったことを天に向かってお伝えする人

「はい!天に向かって足つりましたー!!」

 

 

(終)

前回