タグ別アーカイブ: エロ

好きなゲームミュージックその76

「パーフェクトボウリング」(FC)

1989年トンキンハウス(東京書籍)より発売のボーリングゲーム。

ジャケ絵が超絶オシャレな「パーフェクトボウリング」です。ボーリングではなくボウリング!その辺も含めて何かしらのセンスを感じずにはいられません。ファミコンソフトは意外にボーリングゲームってあるんですけど、紹介するのはこれが初めてでしょうかね。といっても、このゲームについて知ってることなんてほぼ何もありませんけどw唯一知ってることといったら、対戦相手のナンシーが毎回絶妙にパンチラ攻撃を仕掛けてくることですね。そのあまりに狂いない絶妙な角度の連続に、もはや全プレイヤー脱毛です。ごっそりいきます。例えそうでなくとも、ボールではなくゲームを投擲する可能性は否定できかねません。だってスコアよりパンツが気になってしょうがないなんてそんなのもうボーリングじゃないじゃないですか!それはもうパーフェクトパンツとかパーフェクトパンチラでしかないんですよ!!(今のはスプリット)

どうします?続けます?そうですね今日はこのぐらいにしておきましょうか。肝心なのはBGMですからね。よし気を取り直していってみましょう!

はじめ聴いてるとね、うん良いんじゃない?なんだけど、長く聴いてる内に段々気持ちよくなってきます。ボーリングの地味なイメージを見事に払底する、非常にリズミカルなサウンドですよね。この曲一曲しかないとしても、これだけで十分すぎるほどのメインBGMになると思います。前回紹介したニチブツの”競馬シミュレーション”もそうなんだけど、こういう微妙なラインナップにも名曲って結構あるんだよね。まぁ私以外にそう思ってる人がいるかどうかは分かりませんけどもw

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその76「パーフェクトボウリング」でした!ナンシーセンキュー!


終わりと始まりのマイルス

DSCF0392

「終わりと始まりのマイルス」(鬼頭莫宏)

エロティクスF掲載のファンタジー作品です。2009年発行の第一巻ですが、エロFも休止ということで続刊が出てない状態のようですね。でもこれが面白いらしいということで、探して買ってみました。鬼頭作品の中ではマイナーなんでしょうかね?いやこれ良い作品ですよ。ということで、続刊を期待してちょっとだけ紹介してみたいと思います。

DSCF0396

DSCF0399

 一見のどかな田舎の風景ですが、何かがおかしい・・

そう車が浮いています。状態がおかしいから見てくれと言われ、車に手を添える女の子。「うん 浄化されてる」「きれいな子になってる」そしてこう言います。

「この子は 空へ還る時だね」

新しい車を持ってくると言いその場を立ち去る少女。

DSCF0401

 自転車に乗ったまま空へ向かいます。

DSCF0402

 向かった先は空中に浮かぶ女の子の家。どういう原理なのかは詳しくわかりませんが、この世界で物が空に浮かぶということは日常的なことのようです。

さてそんな家に家族と一緒に住んでいるのかと思ったら・・

DSCF0404

 男の影・・そして

DSCF0406

唐突にひん剥かれます。コメディタッチだけどエロが強い!

夢の中にいるような非現実感漂う世界ですが、時々生々しくなります。

DSCF0407

 とはいえそこは鬼頭作品。一見ほのぼのとした感じですが、少女のふとした表情なんかを見ていると、世界背景になんだかどんよりとしたものを感じます。なんというか一瞬で世界が粉々になってしまうような、そんな不安な気持ちにさせられます。うん?これは毎度のことか。まあそれはともかく物語の詳細なんですが、この作品に関してはあまり知らない方が楽しめるんじゃないかと思います。というのも不思議な世界観なんで、読み進めていく内に少しづつ分かってくるのが面白いからです。なので今回はホントに簡単な紹介でした。

 

ということで以上。

過去作を読んだシリーズ「終わりと始まりのマイルス」でした!

DSCF0408

 触れるだけで子供が出来てしまうと思ってるキオノナさん可愛いw


あれよ星屑

あれよ星屑

「あれよ星屑」(山田参助)

月刊コミックビーム連載中作品。死に損なった男たちの、東京焼け跡グラフィティ。

ということでねようやくの紹介なんですが、この作品が面白いらしいというのは前々から耳にしていました。実際読むまでどういう作品なのか知らないままに読んだのですが、この作品評判通りの読み応えある一作でした。まず帯に書かれた文章に興味をそそられます。

焦土の首都、闇市、パンパン、進駐軍・・・・・・。かつて死線を共にした川島徳太郎と黒田門松は、敗戦直後の「影の時代」を生きていく・・・・・・。

戦中作品は他にもいくつか読んだことがあると思うのですが、これだけ当時の空気・・いや匂い(臭い)を感じさせる作品は中々ないと思います。もちろん実際どうだったのかは分かりませんが、何となくこんな感じだったんじゃないかという戦後の泥臭さを体感できます。その泥臭さっていうのも微妙な感じで単に気分の悪いものばかりでなく、どこかアッケラカンとした不思議な解放感(温かみ?)すら感じさせます。なんにもなくなると人の本質が浮かんでくるということなのかな・・

 

さて前置きはこの辺にしておいて、紹介に移りましょう。

今回は第一話を簡単に見ていきたいと思います。それではレッツ戦後のドタバタ!

あれよ星屑(2)

あれよ星屑(3)

主人公の一人である黒田門松は、元陸軍第三分隊の一等兵。

気は優しくて力もち(喧嘩っ早い)

あれよ星屑(4)

一方もう一人の主人公である川島徳太郎。

元陸軍第三分隊隊長(中隊一の昼行灯)現在酒浸りの毎日。

あれよ星屑(5)

かなりやさぐれていますが、周囲の人たちに助けられどうにか生きています。一方再び黒田門松ですが・・

あれよ星屑(6)

闇市を無一文でぶらついています。

そしてある雑炊屋で立ち止まる黒田。そこでたまらず一声!

 

黒田「お 俺にも一杯くれい」

 

でも無銭無職なので当然・・

あれよ星屑(7)

怒られます^^;

 

黒田「払えったってない袖は振れねえ」

店の者「開き直りやがったなこんにゃろう」

「それで通りゃ苦労はねえってんだ すっとこどっこい」

 

で、結局・・

あれよ星屑(8)

拳で語り合うことにw

見た目からも分かりますが強いです^^

 

さてそんなもめ事を聞いて駆け付けたのが川島徳太郎。

 

川島「やめんか門松ゥ」

 

「ここは俺ン店だ 壊さんでくれんか」

 

黒田「か・・・・・・」

あれよ星屑(9)

ここでようやく二人が出会います。

懐かしみながら今までの経緯を話す黒田。黒田の話によると、宮古島から浦賀そしてここ東京へと知り合いを探しに来たようですが、道中荷物を盗まれ困っていたのだとか。ひと通り話を終えた二人は戦後の東京を歩きます。

あれよ星屑(10)

あれよ星屑(11)

でも、黒田は互いに生きのびて日本でこうして会えたことを喜んでいます。

ですが川島は・・

 

川島「黒田 俺はな」

「あのとき 死んだほうが 良かったと 思っとる」

 

黒田「そんな・・・・・・」

 

生き残ったことへの思いが対照的な二人。

どちらにしても、戦時中の体験は色濃く残っているようです。

 

黒田「班長殿、日本は本当に負けちゃったんですかねえ」

 

川島「負けたな。ぺしゃんこに負けた」

 

そして故郷があるならそこへ帰れと言い、そっと札束を渡す川島・・

あれよ星屑(12)

あれよ星屑(13)

戦後の日本に何を思いこれからどう生きていくのか・・

死に損ないふたりは再び別れることになったのですが、この後何かの縁なのか、共にここ東京で生活していくことになっていきます。果たして彼らは米軍占領下の日本で、どのように心に折り合いをつけ歩んでいくのでしょうか?

 

 

ということで以上。

久しぶりに惹きつけられた漫画「あれよ星屑」の回でした!

現在3巻まで発売中。因みに2巻からは時間を巻き戻し、二人の戦中編が始まります。続きが気になる一作です!