タグ別アーカイブ: シューティング

好きなゲームミュージックその279

「ウイングウォー(Wing War)」(AC)

1994年セガより発売の3Dフライトシューティングゲーム。

バーチャファイターなんかの3Dゲームが流行り出した頃の作品なんだけど、まったく存在も知りませんでした。あまりゲーセンにも出回らなかったんでしょうかね?調べてみたら未だにどこにも移植されてる様子もないみたいだし、でもこの作品ゲームバランスも良かったり、そこそこファンがいて今でも移植を望む声もあるようです。確かに動画を見た限り今見ても面白そうなんですよね、ドッグファイトなんかの攻守入れ替えなんかも斬新だし、おまけに対戦プレイまで出来てしまうという、当時知ってたら絶対楽しんでたやつだと思います。

さてそんな「ウイングウォー」ですが、検索してもあまりBGMについての情報が出てきません。でもこのゲームBGMが良いんですよ!ゲームの移植はされてないけどまとめサントラが発売されてるのもうなづけるレベルです(なぜか2006年に「ダイナマイト刑事」とのカップリングで発売している)それではそんな中から1曲どうぞ!

初っ端からこういう曲がくると否が応でもゲームへの期待が高まりますね!先にも書いたように実際このゲーム面白そうなので今回はプレイ動画のリンクも貼っておきます→https://youtu.be/OjbyUd9IfrQ

なんだろう3Dだけど2Dぽいところがいいのかな?個人的には視点変更が好みですね、空飛んでる感が凄いです。

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその279「ウイングウォー」でした!作曲者がわからないけど「ダイナマイト刑事」とは関係なさそうです。

好きなゲームミュージックその277

とべ!ポリスターズ」(AC)

1997年コナミより稼働の縦スクロール3DコミカルSTG。

”カドがあるけど超ご機嫌、3Dおもちゃ箱シューティング”と銘打っているゲームですが、内容的にはツインビーみたいなポップな感じのシューティングゲームです。90年代ということもあって3Dになっているのですが、動画を視聴した限り、これがなかなか良い感じのゲームでした。3Dゲームって好き嫌いがかなり分かれると思うんですが、このゲームはそこまでポリゴンしてなくて、キャラクターや背景デザインなんかに温かみを感じます。

あまり情報がないですが、ストーリー的にはポリスターズ(ポリゴン界の警察?)のポリーとスタンが、秘密結社PPP団の悪事を止めるために奮闘するといった内容のようで、秘密結社と言う割に敵キャラが完全にポンコツロボなんですが逆にイカシてる感じがしますね、今見ると本当に逆に新鮮です。シューティングとしても普通に面白そうだし、自動進行するカメラワークなんかが時折ハッとさせたり飽きさせないし、とにかく独特な浮遊感が心地いいです。どこにも移植されていないのがちょっと不思議なくらい良く出来たマイナーゲーなんじゃないかと思いますね。

さて肝心のBGMですが、こちらも素晴らしいです!それではキャラクター選択時&ステージ一面の曲をどうぞ♪

心地いサウンドですよね(^-^)♪続けてもう一曲どうぞ。

音楽担当はエンディングクレジットよりKAZUHIRO・SENOO、NAO、NABE・YANさんら3人。サントラも出ていて曲数も結構入ってるようです。

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその277「とべ!ポリスターズ」でした!今からでもどこかに移植すればいいのになあ。

「とべ!ポリスターズ」「トータルヴァイス」オリジナル・ゲーム・サントラ

好きなゲームミュージックその275

「ポリゴネット・コマンダーズ」(AC)

1993年コナミより稼働の3Dアクションシューティングゲーム。

「ポリネット・ウォーリアーズ(POLY NET WARRIORS)」の海外版「ポリゴネット・コマンダーズ(POLYGONET COMMANDERS)」です。このゲーム知ってますか?そうですね知りませんね、WIKIもないし検索してもほとんど出てこないかなりマイナーな作品だと思います。数少ないゆちゅぶーの動画を見る限り戦車を動かして敵戦車を破壊するゲームのようですが、ファミコン世代にわかりやすく例えると「バトルシティー」の3D版と言えば話が早いのではないかと思われます。90年代の作品ということでタイトルにもあるようにポリゴンゲーなのですが、この年代ってやれポリゴンだ3Dだとか騒いでいた時代なんですよね、なんだか懐かしい限りですが、スプラトゥーンに現を抜かしている近現代のジャリどもに特別に教えてあげると、この時代は「バーチャファイター」や「リッジレーサー」が幅を利かせていた年なんですよ。じじいどもはこれに夢中になって狂喜乱舞していたんです。

さて、そんな初期ポリゴンゲー作品のうちの一作が本作「ポリゴネット・コマンダーズ」なんですが、日本版のポリネットとはだいぶ中身の変更があったらしく、その中でもとりわけ大きな変更と思われるのがBGMの差し替えのようです。海外版のみ聴けることや現在に至るまでどこにも移植されていないということもあって、よほどのマニアしか聴いていないと思いますが、テクノ好きには一聴をお勧めするレベルの曲群です。それではサントラをどうぞ→https://youtu.be/gycaUtH6Ui4

曲担当は竹ノ内裕治さんと仲野順也さんのお二人、ちょっと調べてみたんですが仲野さんってPSの「デュープリズム」(99年)の作曲者なんですね!個人的にすごく好きな作品なので驚きました。確かに言われてみるとデュープリ感ある曲いくつかありますねwデュープリ好きにもおススメできるかもしれません。

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその275「ポリゴネット・コマンダーズ」でした!奇跡的にまとめサントラがコナミから発売されてるようですが、例のごとく廃盤なのでプレ値がついてるようです(コナミ・アミューズメントサウンズ’94・・・春)

コナミ・アミューズメントサウンズ’94…春