タグ別アーカイブ: シューティング

好きなゲームミュージックその245

「スペースインベーダーズ 復活の日」(PCE)

1990年タイトーより発売のシューティングゲーム。

はいしくじりましたよ、95年に入ったと思った矢先90年に舞い戻りです。どうもすいません、でも気づけて良かったです。どういうことかというと、95年にこの作品の補完的?な作品「スペースインベーダー The Original Game」(PCE)というのが発売されてるんですけど、この関連で動画を見ていたら前作(復活の日)のあるモード内のBGMが上がってるのに気がついたんです。インベーダーといったら音はSEだけという印象だったので、完全にスルーしてしまっていたわけですが、この作品BGMが付いたモードがあって、それが分家モードというオリジナルのアレンジ版ゲームになっています。そこで使われているBGMがめちゃカッコいいんですよ。

で、話が戻りますが何故かこのモード、補完的存在である続編(オリジナルゲーム)に移植されてないんですよ!いい部分をガッツリ削ってきてるんです!BGMだけでなくゲーム的にも面白そうなのに、発売元がタイトーからNECに変わった影響だからなのか理由は分かりませんが、変わりにキャラ絵+対戦モードが追加されています。完全な迷走状態です、全くインベーダー感ありませんwどうしてこうなったwそんなこんなで95年発売のインベーダーでは紹介出来なくなった故、90年に戻ることと相成りました。それではそんな名曲揃いの「スペースインベーダーズ 復活の日」サントラをお聴きください→https://youtu.be/VEzXyAhZuV0

音色が気持ちいいです(^-^)/エンディングクレジットがないので詳しい作曲者は不明ですが、岩垂徳行(グランディアシリーズの作曲担当)さんを含め、数人で作られているようです。これヒューカードだから直で聴けないんですよね、続編はCDROM²だというのに・・ぐふ

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその245「スペースインベーダーズ 復活の日」でした!続編のいいとこって言ったら歌が聴けるとこくらいかな?歌は良いですよある意味(CD再生で聴けるらしい)因みに本作、復活の日は最近収録サントラが出たようです↓


好きなゲームミュージックその237

「サマーカーニバル’93 ネクスザールスペシャル」(PCE)

1993年ナグザットより発売のシューティングゲーム。

92年に発売された「ネクスザール」(PCE)のスペシャル版ですが、オリジナル(初期版)で紹介し忘れていたのでここでしときます。本作はサマーカーニバルの名の如く「烈火」と関係がありそうな作品ですが、元は特に関係はなかったそうで、サマーカーニバルシリーズではなかったようです。で、何があったのか分かりませんがスペシャル版としてサマカー化して発売された本作ですが、いくつか初期版との違いがあって、ゲーム的にはスコアアタックやタイムアタックが追加されています。

因みにサマーカーニバルといえばもの凄いレア値が付いてるイメージのタイトルですが、初期版の現在のお値段は1~2万ぐらいでやり取りされているようです。やっぱりレア値付くんですねw値段的にはまだこっちのスペシャル版の方が安いですが、それでも5千円以上はするようです。でもこのゲームそれぐらい出してもいいかなと思えるくらい面白そうなんですよね。烈火の時もそうでしたが、もの凄い弾幕なのでクリアできる気はしませんがw実際にプレイしてみたくなります。

さてそんな本作ですが、ゲームもさることながらBGMもこれまた魅力的です。正直、烈火の時ほどの衝撃はありませんが、そこらのSTGに比べればこれだけのクォリティはそうないと思います。音楽担当は渡辺達也、米田克哉、和田靖司さんの3人。それでは全曲どうぞ→https://youtu.be/o3pQUWxWFWI

調べてみたんですが「ネクスザール」のサントラって発売されてないんですね、なので今のところゲーム買ってサントラで聴くしかないようです。一作でアルバムは厳しいとしても、サマカーシリーズのまとめアルバムとしてだしてくれないかなあ。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその237「サマーカーニバル’93 ネクスザールスペシャル」でした!他機種に移植もされてないようだし、プレイするとしたらPCエンジンでやるしかないようですw


好きなゲームミュージックその233

「トイレキッズ」(PCE)

1992年メディアリングより発売の縦スクロールSTG。

「スピンペア」「スパイラルウェーブ」に引き続き、またまたメディアリング発売作品です。前回書き忘れたけどBGMを担当しているのは、T’S MUSICというゲーム音楽を中心に制作している会社だそうで、多くの作曲家が在籍している社のようです。個人名でクレジットされないのがちょっとアレですが、かなりの腕利き作曲者がいるのは間違いないでしょう。

で、本作「トイレキッズ」ですが、これが完全なクソゲーです。まず自機がおまるです。そう、しながら出動です。ホントのクソゲーとはこういうものだと言わんばかりです。見た感じは汚い「ツインビー」といったところ、そんな本作の物語がこちら↓

ストーリー:主人公の大介はオムツが取れない3歳児。ある日トイレに行ったところ、子供のオムツ離れを阻む「ウンピ大王」によってトイレに引きずり込まれてしまう。大介はウンピ大王を倒してオムツから卒業すべく、友達の花子とともに戦いを挑む。

どうあがいてもクソゲーです、ステージ上が糞尿で埋め尽くされています。汚物を汚物で消毒していくかつてない大戦争、あなたはそんなもの見たことがありますか?いいえ見ないが正解です。それではBGMのみお楽しみください。トイレキッズサントラ→https://youtu.be/bSkEAST8B-0

幼稚園~小学生低学年におススメのゲームです。これさえあれば一日中爆笑しながら楽しめるでしょう。それではどうもでした。

 

以上好きなゲームミュージックその233「トイレキッズ」でした!あなたは前向きで座る派?それとも後ろ向きで座る派?とりあえず拭ければいいと思います。