タグ別アーカイブ: シューティング

好きなゲームミュージックその273

「トライゴン(Trigon)」(AC)

1990年コナミより稼働の縦スクロールシューティングゲーム。

コナミと言えばシューティング、というわけで90年代初のコナミSTGですが、はっきり言ってまったくこんな作品は知りませんでした。同年稼働の「パロディウス」やテクモの「雷電」は結構有名で知ってる人も多いと思うんですけど、この「トライゴン」とかいうSTGは名前すら聞いたことない人がほとんどなんじゃないでしょうか?2018年現在どこにも移植されている様子もないし、かなりマイナーな作品なんでしょう。プレイすることも難しそう。とはいえ一応WIKIもあったり、STG好きの一部にはある程度の認知度がある作品の様で「まあオレは嫌いじゃないけど」的な位置に座していると思われます。

物語的にはこんな感じだそう↓

ストーリー:2020年、異星文明が兵器複製技術を用いて地球に攻撃を仕掛けてきた。それに対抗し、人類は最後の望みをかけてプラズマ波動兵器を搭載した「スーパー戦闘機」を開発、戦線に投入した。しかしプラズマ波動兵器の工場のある人工島「トーポアイランド」が敵に知られ、攻撃の手が向けられる。はたして人類の運命は!?(WIKI参照)

ゲーム的にはコナミにしては若干渋め?の香りがする縦シューティングなんですが、以前紹介した「フラックアタック」「A‐JAX」と共に三大地味STGという冠をしょっているようです。とはいっても敵の爆発(自機の爆発も含める)の凄さ(音量)や必殺技のボンバーなんかは結構派手なアクションだったりと、地味っちゃ地味だけどある程度トライゴンしてるよ(!?)といった感じです。因みにこのトライゴンというのは自機の名前ではなく、自機を援護してくれる補助兵器の名前なんだそうで、自機の名前は何と驚くべきことに「スーパー戦闘機」というのだそうな、スーパー戦闘機・・なんとかならんかったのか!!?

まあそんな「トライゴン」ですが、BGMはやはりコナミサウンドとあって良いんですよ、それではサントラリンクですご一聴あれ。

https://youtu.be/NgsjtYN9LFY

曲担当は「悪魔城ドラキュラ」や「グラディウスⅡ」を担当していた松原健一さん。ボス戦は面ごとに曲が違うので、プレイヤーはもちろんBGM好きにもたまりません。

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその273「トライゴン」でした!まさかコナミ三大地味STG全部紹介するとは思わなかったなあ、そこはさすが矩形波俱楽部、サントラは出てるようですがやはりプレ値が付いてるようです(コナミゲームミュージックコレクション Vol.2

好きなゲームミュージックその268

「マスターオブウェポン(Master Of Weapon)」(AC)

1989年タイトーより稼働の縦スクロールSTG。

「ダライアスⅡ」と同年に稼働しているシューティングゲーですが、恐らくダライアスの知名度に比べて全く知られていない作品だと思われます。自分はこの作品PSの「スペースインベーダー2000」のCD再生で知って、最近までゲームの内容自体は知りませんでしたが、簡単に言うとゼビウスタイプの対地対空ショットに、ゲージを貯めて使うオプションウェポンがあるオーソドックスなSTGといった感じです。気になるストーリーなんですがこれ調べても詳しいことが出てきませんね、WIKIにも書かれてませんでした。雰囲気的には核戦争後の話だと思うんですが、とりあえずオープニングで少し語られている言葉を上げておきたいと思います。

(SEVEN‐DAY NUCLEAR STORM BRINGS ON A BIG CHANGE ON THE EARTH.)

(THE EARTH CRACKS, THE SEA BOILS, AND THE LIVING THINGS CHANGE.)

(AND HUMAN IS NO EXCEPTION.)

(SEPTEMBER 11, 199X.)

(THE BOY IS FIGHTING. HE CONTINUES TO LIVE.)

世紀末に起きた核爆発後の世界に生きるユキヲ(主人公)の物語のようです。AKIRAのような世界観なんですかね?どうも話によるとクトゥルーが関係してくるらしいのですが・・

 

これ以上追うのはサン値だだ滑りなので肝心のBGMに参りましょう。それではサントラをどうぞ→https://youtu.be/V4XMS8J0VF8

一面のBGMがもの凄く印象的ですが、どの曲も普通にない面白い曲ばかりです。ボス戦で急に音数が少なくなる演出なんかゾワっとしますね。ミュージックコンポーズ&アレンジはエンディングクレジットよりHISAYOSHI・OGURA YACK・WATANABEのお二人。でもWIKIによると実際作曲した方は外注のピンチパンチさんという方らしいです。途中あたりでちょっと同社の「プリルラ」っぽい曲調だなあと思ったけど、あれはアレンジの渡辺さんの影響なんでしょうかね?

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその268「マスターオブウェポン」でした!タイトーの音楽を語る際には外注の作曲家も要チェックです。

好きなゲームミュージックその267

「ナイトストライカー」(AC)

1989年タイトーより稼働の3Dシューティングゲーム。

ようやくナイストの回にきました。このゲームはリアルタイムでプレイしたことはないものの、実際に専用筐体に乗って遊んだことのある作品です。アナログスティックを握りしめて近未来の飛ぶ車?を操作するゲームなのですが、実際にゲーセンに行って遊んだことを昔ブログに書いた覚えがあります。まさかここでまた取り上げることが来るとは思いませんでしたね、このゲーム一般的には有名じゃないマイナーゲーだと思うんですが、BGMがすこぶる良いんですよ。

内容的にはテロ組織に拉致され利用されている、レーザー工学の博士と娘を助けに向かう、国連特務機関特別行動隊「ナイトストライカー」といった感じなんですが、実際に使う自機の名前は”インターグレイXsi”という名称で高機動ホバー機のようです。路面も水面も空中も進める車なんて、2018年になっても出てきてませんが、作られるのは当分先の未来になるんでしょうね。さて肝心のBGMですが、今回は個人的に印象深いオープニングから一面クリア後までの音源をどうぞ!

オープニングから一気に加速していく雰囲気、激熱のボス戦からラウンドクリア後の流れ、これがカッコいいんだよね、完璧です。作曲はタイトーでお馴染みの音楽集団ZUNTATA、エンディングクレジットよりMAR.さん。高木正彦さんの変名だそうです。ナイストの曲はどれも秀逸なので興味のある方は全曲聴いてみて下さい。

ナイストサントラ→https://youtu.be/Wg3qb-eW_Is

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその267「ナイトストライカー」でした!サントラはいくつか出てますが、プレステやサターンのゲームでも普通にCDとして聴けます。