タグ別アーカイブ: ファンタジー

ローカルワンダーランド

ローカルワンダーランド

「ローカルワンダーランド」(福島聡)

ハルタ掲載の短編集です。あの「星屑ニーナ」の作者さんによる新作なんですが、これかなり評判が良いらしく気になっていました!個人的にも星屑ニーナはブログで何回も取り上げる程好きな作品だったので、こっちも楽しみにしていたのですが読んでニヤリ、やはり面白いです(^^)なので今回も簡単に紹介してみたいと思います。まず1巻目ですが、全6作品が収められています。タイトルは、

1、深作彗(ふかさくけい)2、突撃!RZ‐1 3、3030年 東京オリンピック 4、決断 5、エロチシズムの歴史 6、ローカルワンダーランド 2巻は、7、サンライズ出雲 8、精神論2015 9、ペットショップガール 10、ストレート・アヘッド 11、サルビアの蜜 12、もしも〇〇が✕✕だったら  最終話、夜明け前

1は、憧れていた同級生(小学)の女の子とのお話し。2、愛車RZ‐1の機嫌を損ねた輩を追い詰めるお話。3、3030年東京オリンピックのコスチュームデザインを決めるお話。4、殺し屋常滑(とこなめ)さんのお話。5、妄想に勝るエロは無しというお話。6、ある町に起きた事件(電線にマネキンが吊り下げられる)の犯人を突き止めるお話。7、浮気をしたら幽霊になったお話。8、キャンキシェイ(色即是空)のお話。9、売れ残りのペットを殺処分するお話。10、ナウシカを観て何も想わないってのはどうかしてるというお話。11、困っているとおっぱいを見せてくれる世界のお話。12、漫画家になるために思考を柔らかくするお話。最終話、毎晩ひとりで「どどどど」と叫ぶ馬鹿(愛すべき)のお話。

 

という感じのラインナップですがどれも独特な味があって面白いです。今回はこの中から1作目の「深作彗」をちょっと取り上げてみたいと思います。

深作彗(1)

深作彗(2)

深作彗(3)

深作彗(4)

(というワケで ボクは深作彗にあこがれていた)

(好きというのとは違う あこがれていたのだ)

 

(でもさ)

 

(ボクは深作彗とは口をきかなかった)

(なぜかって)

深作彗(5)

(深作彗は誰とでも話をする)(平等に なかよく 話をする)

(ボクが 深作彗と話をしないこと・・・・・・)

 

(もしボクが)(深作彗と なかよく話をしてしまったら・・・・・・)

 

(ただの)(友達になってしまう)

(それが 嫌なのだ)

(ボクは深作彗にとって)(異物でありたいのだ)

 

(だから ボクは・・・・・・)(深作彗とは 口をきかない)

(彼女は)(ボクの特別な存在なのだ)

深作彗(6)

                                               という小学生の話なんですが、この後2人は何事もなく30代になって同窓会で再び顔を合わせることになります。小学生だった頃と雰囲気の変わらない深作彗の姿を見て興奮するボク(雨宮)果たして30年越しに二人の関係は変わるのか!?それは読んでのお楽しみです(^^)!

 

以上「ローカルワンダーランド」でした!2巻完結です。

「星屑ニーナ」の回はこちら→30号とコミックス➂

 


好きなゲームミュージックその101

「ロイヤルブラッド」(FC)

1991年光栄から発売のシミュレーションゲーム。

はい101回目始めますよ!この作品は正直入れるか悩んだんだけど、結局入れることにしました。というのもちょっと渋いんだよねBGMがwまずキッズたちは気に入らない類のやつだと思います。動か静でいったら静ですね、大人にならないとこの雰囲気は楽しめないんじゃないかと思います。今まで三国志系統の歴史もの一つも入れてこなかったし、この辺で光栄作品を入れてちょっと大人アピしていきますね。

さて本作「ロイヤルブラッド」ですが、この作品は光栄のオリジナル作品のようで、特定の史実がベースになってるわけではないようです。ケルト神話のような世界観で剣と魔法とモンスターが存在する、ファンタジー要素の強い作品なのですが、まぁ例の如くゲームとしては領土を奪い合うっていつものやつですw三国志と違うのは傭兵やモンスターを雇って戦わせることが出来るってとこですかね。全くやったことはない作品なんですけど、実際にやったらハマるかもしれません。

はいそれではBGMに参りましょう。あんまり聴いたことない感じの曲だなあって一聴して思ったんですけど、調べたところ曲を担当してる方は新田真澄さんという「提督の決断Ⅱ」でも曲担当している方のようです。伊藤真澄さんって言った方が分かる人は多いんでしょうかね?灰羽連盟のエンディング曲を作ったのも同氏です。他にもたくさん携わっている作品あるみたいですけど、アニメやゲームを中心に活動しているみたいですよ。今回は一曲判断って感じでもないのでまた全曲リンクを貼っておきます。

https://youtu.be/7Rg3r_m4cNI 

菅野よう子サウンドが好きなら良さが分かるかも?おまけで灰羽連盟のED「Blue Flow」もどうぞ。

ということで以上。好きなゲームミュージックその101「ロイヤルブラッド」でした!灰羽連盟って普通に言っちゃったけど有名ではないかもね(^-^;


好きなゲームミュージックその75

「ホワイトライオン伝説 ピラミッドの彼方に」(FC)

 1989年KEMCOより発売のロールプレイングゲーム。

こんなゲームあったの知ってます?(^^)ホワイトライオン伝説ってRPGなんですけどね、ホワイトライオンを探しに出かけた両親を探しに向かう女の子の物語です。親が二人とも子供ほったらかしてどっか行っちゃったっていうね、そういう導入部分から始まるわけですけど、ファンタジー作品ながら色々考えさせられます。もしホワイトライオンってパチンコ屋だったらどうしようとかさ・・もうこれは現代社会の問題になってきますからね!とまぁそこまで穿ってみなくてもいいんですけどね、まぁ「魔女の宅急便」みたいに、少女が大人になっていく過程みたいなものを表現しているのでは、くらいに捉えることも可能ではないかと思います。

因みにこのゲーム、原作となる映画が発売1年前に上映されてるんですが、簡単なストーリーがこちらです。

ストーリー:マリアは母親のサラとNYからエジプトへやってきた。サラは恋人で同じ動物学者のジョンとホワイト・ライオンを探すのに忙しい。ある日マリアは一人でピラミッドの探険に出かけたが、中で道に迷ってしまい気がつくと村の家政婦の家で寝ていた。マリアの知り合った少年モジャの父親も勇敢な戦士だったが、ホワイト・ライオンを追って行方不明になっていた。サラとジョンも帰らないので、マリアもモジャと猟師のツワナを伴い、ホワイト・ライオンを求めて旅立った。

映画のストーリーを読んでみると、やっぱり女の子の精神状態がこの物語の根っこにありそうな気がしてきますね。しかしここまでこのゲームについて言及してる人っているのかなw何といっても原作の映画ですらマイナーっぽいですからね、一応言っておくと日米合作の映画らしいですよ↓

とまぁ内容はその辺にしておいて、本題のBGMに参りましょう。このゲーム全体的にかなりいい感じなんですよ!メルヘンチックな雰囲気がたまりません♪なので今回は抜粋して2曲上げてみました。

両親を探しに槍を片手に地獄の門へ向かうって凄くないですかwwこの辺だけみてると全くメルヘン要素皆無ですw完全にガチ戦です。さてそんな女の子が旅支度を整え、いよいよ外の世界へと旅立ちます!このBGMがまたいいんですよ。

徒歩というより飛空艇にでも乗っているかのような、爽快感あるBGMです。願わくば敵に出会わずにどこまでも行きたい(聴いていたい)でも一応これRPGなので、当然邪魔が入ります。因みにこのゲーム経験値という概念がないので戦うだけ無駄なんです。つまり敵が本当に邪魔でしかないのですよ(;´∀`)もうこうなったらこのまま突っ立って、時間が解決してくれることを祈るばかりですよね。両親が戻ってくるまで待つ!それも一つの解決方法なのかもしれません。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその75「ホワイトライオン伝説 ピラミッドの彼方に」でした!これ以外の曲も良いので気になった人は要チェックです。