タグ別アーカイブ: ファンタジー

好きなゲームミュージックその65

「レインボーアイランド」(FC)

1988年タイトーより発売のアクションゲーム。

元は前年に出ているアーケード版で、こちらはそのファミコン移植版です。人気作品なのかファミコン以外にもPCエンジンやメガドラなどでも発売されているようです。因みに箱に書かれている副題「THE STORY OF BUBBLE BOBBLE 2」は、同じくタイトーより発売の「バブルボブル」の続編という意味です。4年前に書いた「バブルボブル」の記事はこちら→バブルボブルの回

バブルボブルは泡で敵を倒すのに対して、レインボーアイランドは虹をかけて敵を倒します。前作もそうだけど何ともファンタジー感あふれる作品ですね^^今考えてもホントあの頃のタイトー作品は魔法がかってたと思います。肝心のBGMですが、AC版に比べるとFC版はかなりスッカスカな面が否めません。でも個人的にはこれも嫌いではないです。当時このソフトをプレイしたくなった何%かは、BGM聴きたさあっての事だったんじゃないかな。

メインBGMはあの映画「オズの魔法使」劇中歌の「虹の彼方に(Over The Rainbow)」言われてみるとあーなるほどってなりますね。サームウェーイオーバーザレインボーっ♪ピコピコサウンドになっても魔法は消えないようです。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその65「レインボーアイランド」でした!続編の「パラソルスター」や「バブルシンフォニー」なんかもBGMグッド!


終わりと始まりのマイルス

DSCF0392

「終わりと始まりのマイルス」(鬼頭莫宏)

エロティクスF掲載のファンタジー作品です。2009年発行の第一巻ですが、エロFも休止ということで続刊が出てない状態のようですね。でもこれが面白いらしいということで、探して買ってみました。鬼頭作品の中ではマイナーなんでしょうかね?いやこれ良い作品ですよ。ということで、続刊を期待してちょっとだけ紹介してみたいと思います。

DSCF0396

DSCF0399

 一見のどかな田舎の風景ですが、何かがおかしい・・

そう車が浮いています。状態がおかしいから見てくれと言われ、車に手を添える女の子。「うん 浄化されてる」「きれいな子になってる」そしてこう言います。

「この子は 空へ還る時だね」

新しい車を持ってくると言いその場を立ち去る少女。

DSCF0401

 自転車に乗ったまま空へ向かいます。

DSCF0402

 向かった先は空中に浮かぶ女の子の家。どういう原理なのかは詳しくわかりませんが、この世界で物が空に浮かぶということは日常的なことのようです。

さてそんな家に家族と一緒に住んでいるのかと思ったら・・

DSCF0404

 男の影・・そして

DSCF0406

唐突にひん剥かれます。コメディタッチだけどエロが強い!

夢の中にいるような非現実感漂う世界ですが、時々生々しくなります。

DSCF0407

 とはいえそこは鬼頭作品。一見ほのぼのとした感じですが、少女のふとした表情なんかを見ていると、世界背景になんだかどんよりとしたものを感じます。なんというか一瞬で世界が粉々になってしまうような、そんな不安な気持ちにさせられます。うん?これは毎度のことか。まあそれはともかく物語の詳細なんですが、この作品に関してはあまり知らない方が楽しめるんじゃないかと思います。というのも不思議な世界観なんで、読み進めていく内に少しづつ分かってくるのが面白いからです。なので今回はホントに簡単な紹介でした。

 

ということで以上。

過去作を読んだシリーズ「終わりと始まりのマイルス」でした!

DSCF0408

 触れるだけで子供が出来てしまうと思ってるキオノナさん可愛いw


西遊妖猿伝(大唐篇)読破!

西遊妖猿伝

西遊妖猿伝(大唐篇)読破!

ということでようやく読み終わりました^^潮出版社から出ている全16巻のちょっと大きめサイズ西遊妖猿伝。いやーめちゃめちゃ面白かったです!物語はまだまだここから始まるんですけど、なんでも16巻が出た後リアルタイムだと10年以上作品がストップしてたようです。いやー10年は長いですねwファンはどれだけ楽しみに待っていたことでしょう。今は前に雑誌で紹介したとおり”モーニング”系列で第二部西域篇が掲載されてます。なので30号は待たずに読めますよwなんという贅沢!まぁこれから読む人も10年待たずに続編読めますから、西遊妖猿伝まだまだ続いてますので超おススメ作品ですよ。

西遊妖猿伝(2)

たぶん世代によっては絵が古いとかで敬遠されるんだろうけど(自分もはじめそうでしたすいませんw)むしろ読んでる内にこの絵じゃなきゃだめだってなってきます。本当不思議な魅力があるんだよなー。

西遊妖猿伝(3)

西域篇が早く読みたい(^-^)因みに今現在西域篇の単行本は6巻まで出てるようです。今年7巻が出るのかな?

ということで、西遊妖猿伝(大唐篇)読破でしたが、個人的にこの作品を読んでいるとある曲が浮かんできます。なので最後にこちらをどうぞ↓


細野さんのアルバム「TROPICAL DANDY」より”絹街道”このアレンジ版もいいですね♪西遊妖猿伝にぴったりな一曲だと思います。さーて西域篇でも買いにいくか。30号の漫画旅も続く。