タグ別アーカイブ: ホラー

最近読んだ過去作品

最近読んだ過去作品3点はこちら↓

ぼくとフリオと校庭で&諸怪志異

諸星大二郎作品の「ぼくとフリオと校庭で」「諸怪志異」です。

まずぼくフリの方ですが、全10作品の短編集となっております。中身は「方舟が来た日」「難破船」「鎮守の森」「ぼくとフリオと校庭で」「沼の子供」「流砂」「黒石島殺人事件」「城」「蒼い群れ」「影の街」で、色々なジャンルの話ですがどれも不思議な話ばかりで面白いです。個人的には柳田国男の影響を受けた、鬼ごっこを題材とする「鎮守の森」や、UFOが見えると言ったり念力が使えるとホラを吹く不思議な少年フリオの話「ぼくとフリオと校庭で」や、カフカを思い出さずにはいられない、会社をたらい回しにされる商社マンの話「城」や、臓器を切り売りして生きていく不況時代の話「蒼い群れ」なんかが良かったかな。どれも面白いですけどね^^

さて「諸怪志異」の方です。

これは中国古典を基にした諸星先生のオリジナル話です。五行先生(道士)とその弟子阿鬼の登場する話が中心で、怪異談を始めとした色んなジャンルの話が楽しめます。読んだら分かりますが、五行先生の安定の安心感が半端ないですwオリジナルだけどもしかして本家より面白いのかもしれません。残念ながら掲載誌が無くなってしまったので、4巻ストップみたいですけどね。

ラストはこちら↓

夜長姫と耳男

「夜長姫と耳男」(近藤ようこ)です。

元は坂口安吾氏(堕落論や白痴でお馴染み)の小説作品なんですが、意外にこの作品知らない人多いかもしれません。というのもむかーし文庫で小説出てたみたいですが、それ以来全く再販されてないようです。なんでこれだけの名作が再販されないのか不思議でしょうがありませんが、一応今は電子書籍で読めるようにはなったみたいです。図書館で全集借りずにパパッと読めてしまう時代って凄いですね^^安吾さんが今の日本見たらなんて言うかな?

話を戻しまして内容ですが、カンシャクもちで小心者の耳男(職業匠)が、何の因果か美しいと評判の長者の娘、夜長姫の為に仏像を造るというお話しです。これだけ聞くと普通の話にしか聞こえませんが、まさかここからあんな事になっていくなんて思いもしないわけです(;゚Д゚)ここまで背筋が凍る作品って中々無いんじゃないかと思いますよ。漫画は近藤洋子さんですが、これもやっぱり良いです。以前紹介した「五色の船」もそうですが、小説の漫画化が上手いです!凄い難しいことだと思うんですけどね、いつもの如く魅力的な絵とともに読ませます。

原作も漫画も読んでいる身としては、小説から読んでもいいし小説の前に漫画を読んでも全然楽しめるレベルだと思います。でもやはり小説で読んだ時のあの背筋が凍るような恐ろしさを体験したい人は、まず原作から入った方がいいかもしれません。そこで安吾さんの凄さを思い知ってほしいですねw

ということで久しぶりの最近読んだ過去作品でした!今気づいたけど両作品とも怖いやつじゃん(>_<)


東京タラレバ娘

DSCF0409 - コピー

「東京タラレバ娘」(東村アキコ)

”Kiss”掲載のアラサー大パニック作品。

「ママはテンパリスト」や「かくかくしかじか」でお馴染みの東村作品。2017年にはドラマ化もされるそうで、これからさらに人気が出てくるであろう1作です。内容は帯に書いてあるけど”目をそらすなかれ!待っていて幸せがくるのは25歳まで!”の通り、いわゆるアラサー女子奮闘記です。でもこの作品が面白いのは、一見奮闘記のように見える結婚までの道のりを「そんなんだからだめなんじゃーい!!」と客観的に突っ込んでくれるところだと思います。女子会に切り込む東村名言に三十路未婚女子ライフゼロ必至です。ということで、今回はそんなアラサー大パニック作品の1話を簡単に紹介してみたいと思います。

DSCF0410 - コピー

DSCF0411 - コピー

 第4出動と称した女子会に集う3人(高校からの親友)

左から主人公の倫子(脚本家・33歳独身)香(ネイルサロン経営・独身)小雪(居酒屋店員・独身)3人は小雪の働く店で頻繁に女子会をやっています。

DSCF0412 - コピー

今回第4出動(緊急)で集まった故は、昔倫子が振った男が再び言い寄ってきているというもので・・

DSCF0414 - コピー

プロポがくるとかこないんじゃね?とかの話で盛り上がっているのですが、お酒がまわってきたのか、食べていたレバーと白子が話しかけてきます。

DSCF0415 - コピー

 この先を心配するレバーと白子。しかし倫子は言い寄る男に興味がないと話します。その言葉を聞き「そんなこと言ってる場合じゃないっタラ」と白子が諭してきます。

DSCF0417 - コピー

 もし彼を逃したら・・・

DSCF0418 - コピー

 注:この作品はヒューマンコメディとして楽しめますが、大方の三十路勢にはホラーとして映る場合がございます(30号)

さて、レバーと白子に熱心に諭されたおかげか、倫子はお洒落服に着替え言い寄る彼に会いに行きます。その結果がこちら↓

DSCF0419 - コピー

 (プロポ予定男)結婚前提で付き合おうと思っている子(若い)がいるんだけど、この若い子向けの指輪どうですかね?想像してたのと違う告白をされましたw

DSCF0420 - コピー

日本の男はみなロリコン説を唱える香。それがそうなら三十路それはそれでやばいw話はさらにヒートアップしていくのですが、そんな中一人の客からこう吐きかけられます。

 

客「いいかげん うるさいよ こないだから」

「さっきから 聞いてりゃ 女子でもねえのに 女子会だの 現れてもねえのに いい男と結婚だの・・・」

「ったく感心するよ・・・いい歳して「痩せたら」だの「好きになれれば」だの 何の根拠もない タラレバ話で よく そんなに盛り上がれるもんだよな・・・」

「オレに言わせりゃ あんたらのソレは女子会じゃなくて ただの・・・行き遅れ女の井戸端会議 だろ」「まあいいよ そうやって 一生 女同士で」

DSCF0422 - コピー

 「この タラレバ女!!」

言うだけ言って気分を良くしたのか店を出る客(イケメン)このイケメン(ドS)がこれから彼女たちに警句をばっしばし浴びせていきます。これが的を得ているから痛快で気持ちいいんですよ。さあ果たして彼女たちはエンドレス女子会から抜け出すことが出来るんでしょうか!?そしてこれを読むアラサー女子は何を思う!!?

 

以上。「東京タラレバ娘」の回でした!

三十路男子が読んでも色々思う所がある1作。

DSCF0425 - コピー


ゆめにっき(コミック)

ゆめにっき

「ゆめにっき」(原作:ききやま 原案:マチゲリータ 漫画:富沢ひとし)

まんがライフWin(Web)掲載作品。

2004年に公開されたフリーゲーム「ゆめにっき」のコミカライズです。これ2014年発売の漫画なんですが、未だに人気があるということなんでしょうかね?確かに今読んでみても謎だらけで面白いです。ファンタジーのようでSF的、あるいはいわゆる世界系のようなジャンル。解釈次第で色々な見方が出来るのも、この作品の長期人気の魅力なのかもしれません。

ゆめにっき(2) 

不思議な空間に閉じ込められてしまった少女。

彼女はその部屋にあるベッドで寝ると不気味な夢を見ます。そんな気味の悪い夢から脱出する時には・・

DSCF9950 - コピー

頬をつねることで夢から覚め、再びこの部屋へと戻ってこれます。

でもその部屋からは抜け出せませんが・・

ゆめにっき(3) 

ゆめにっき(4)

 

少女(なぜ?)(何が恐い?)

 

(やっぱり 行くしかない)

(行けば 答えが解る)

(大丈夫)(何があってもすぐ還ってこれるんだ)

 

(よし)

 

ゆめにっき(5)

閉じ込められた空間から逃げ出すために夢の中を探索し始める少女。

果たして彼女を待ち受けているのは一体何なのか?そして脱出することは本当に出来るのか!?

ゆめにっき(6)

 ということで、簡単なオープニング紹介でした。

まんがライフWin(Web)の方で第一話が読めるようなので、興味のある方はそちらをどうぞ!以上「ゆめにっき」の回でした!因みにゲームはこんな感じです↓心臓の弱い方はご注意!

今見ても凄く独特です^^;