タグ別アーカイブ: マイナー

好きなゲームミュージックその246

「真怨霊戦記」(PCE)

1995年フジコムより発売のホラーアドベンチャーゲーム。

開発はスタジオWINGという会社が担当しているこのゲームですが、元は88年にPC88で発売された「怨霊戦記」という作品だそうです。本作はその続編ではなくリメイク版のようで、PCエンジンの他にWin95なんかでも発売されているのですが、元々のマイナー作品ということに加えPCエンジン後発作品ということもあって、元作を知っている人ですら本版の発売を知らない人が多いんだそうです。まぁ自分と同じく元作も知らねえよという人が大多数だとは思いますがwこの作品そんじょそこらのホラー作品とは比べ物にならないほどの気味悪さと、謎の没入感を兼ねた稀有な一作だと思います。マイナーとはいえコアなファンもいるらしいですし、とにかく知っておいて損はない作品だと思いますよ。

さてそんな「真怨霊戦記」ですが、こんな独白で話が始まります。

(この世に 怨みの無い方は、ございません)

(人の命が短いばかりに 人の情けも事の善悪も 欲望の限りも)

(悟りの道が遥かなため 人の怨みこの世を怨み 旅立つのでございます)

(その旅立ちすら無念がゆえに この世に残した怨みがつのり)

(死することも生きることも 出来ない姿で のたうちまわり)

(死霊が怨霊と化して この世に満ち溢れている事でございます)

(誠この世は 怨霊の群れの渦に 巻かれた姿なれど)

(不幸にも人は その姿見えず 業のさだめの為か)

(生ある人は怨みを 生み続けているのでございます)

(あな恐ろしや遥か この世は本当に地獄の姿に化するのでございます)

 

以下、簡潔なあらすじです。

ストーリー:とあるプログラムを1年がかりで完成させた北原弘行は、その疲れを癒すために夜風にあたっていた。すると突然、頭に針を刺されたような痛みがはしりその場に倒れてしまう。すぐに気がつき体を引きづるように自宅のマンションへ向かうことにする北原だったが、そこで黒マントを着た妙な男と出くわす。男はこちらに次第に近づいてくる、男の背後に妙な生き物がいることに気がついた。人間ではない、犬でもない。すると急にその化け物が飛びかかってきた。次に目覚めると彼は病院に収容されていた。医師に野犬に噛まれたと診断された北原はこれに納得が出来ず、大学の精神科に勤務する友人を訪ねることにする。催眠療法によって自分の見たことが確かであると確信した北原は、自分の見たものが何だったのかを調べるため、町へ調査に出かけることにした。

こんな感じで物語が始まっていくのですが、これにキャラクター、ビジュアル、BGMなどが合わさって妙な世界感が出来上がっています。個人的に初期メガテンが頭に浮かんだんですが、あの雰囲気が好きな人はハマるかもしれません。開発のスタジオWINGという会社は一癖あるホラーやサスペンスで有名なゲーム会社のようですが、シリアスな内容の反面ものすごいギャップも持っていて、しばしばギャグ狙いなのかと思うほどのセリフや物語展開も楽しめます。例えば調査中に通行人に前置きもなく「悪霊について何か知りませんか?」と急に話しかけたり、どう見てもうさんくさい祈とう師に1万円払って除霊してもらったり、悪霊探しついでにスナック街を練り歩きママの前でひと歌披露したりなどなどww数えたら切りがないほどツッコミ箇所が出てきます。恐らくこういう部分も含めてコアなファンがいるんでしょうねw

さて、肝心のBGMですが残念ながらPCエンジン版のサントラは今のところ上がっていません。なのでリンクが張れないのですが、この作品、元のPC88版の出来が秀逸なんですよね、ということで代わりにそちらのリンクを貼っておきます→https://youtu.be/a36Yu50_BK0

作曲は武田昌治さんと宗野晴彦さんの2人が担当、両名とも他の同社の作品BGMにも関わっているようです。残念なのはPCエンジン版の曲は会話時にぶつ切りになってしまうとこですね、おまけに何故かテキストと声のセリフが度々違うという問題も発生しているし、声優陣がいい仕事しているだけにここは本当もったいないと思いました。逆にWin95版の「真怨霊戦記」だとその部分は解消しているんですが、作品の元々持っていたおどろおどろしさが無くなってしまっていて味気ないものになっています。せっかくのリニュアール移植なのに・・結局のところトータルするとやはりPC88版がいいのかもしれませんね(これはこれで問題あるけど)

因みに自分は同社の他の作品も気になって87年発売の「波動の標的」(PC88)も覗いて見たのですが、こちらも独特なおどろおどろしさがあって楽しめました。ユーチューブだけでなく、ニコ動にコメつき動画もあるので気になる方は是非どうぞ、ツッコミが追いつかないぐらい面白いですよw

最後にこちらのサイトが色々と参考になったのでリンクしときます。同社ファンクラブの方のサイトだと思うのですが、スタジオWING作品の貴重な制作裏話が書かれています→http://stwing.web.fc2.com/enigma/enigma.html

会社の成り立ちから「怨霊戦記」制作時の謎の心霊現象?まで、現実もかなりヤバいことになっていた話が面白いですwちらっと諸星大二郎作品なんかのタイトルも出てきてニヤニヤしてしまいましたし、それからスタッフ全員超能力者説はさすがと思いました。

 

ということでかなりの長文になりましたが、以上、好きなゲームミュージックその246「真怨霊戦記」でした!同社の作品はプロジェクトEGG内でダウンロード出来るみたいなので、実際にプレイしたい人はそちらの方が手っ取り早いかもしれません。どれも普通に手に入れようとするとプレ値がついているようです。

 

 

 

マメ:作品内の誤字脱字はたぶん怨霊のせいに違いない(霊的に白目)


好きなゲームミュージックその244

「機装ルーガⅡ」(PCE)

1995年NECホームエレクトロニクスより発売の戦略シミュレーションゲーム。

はい、95年入りましたよ!もう少しでPCエンジンの旅も終わりそうです。しかし年代的にこの時期PCエンジンなんてやってた人いるんですかね?だって94年の終わりにプレステが発売されてるんですよ、時代はもうPSなんです。声が出るゲームはもうPCエンジンだけじゃなくなったんです!驚愕です、因みに95年のPSだと「鉄拳」とか「エースコンバット」とか「アークザラッド」なんかが発売されてます。懐かしいですね、CMの「プレイステーション」というセリフなんか思い出します。まさにPSの時代が幕開ける時といった感じです。PS最高!

さて、話がPSで盛り上がってしまってあれなんですが「機装ルーガ」という作品があるのを知っているでしょうか?え?知らないw?それPSのソフト?違います、PCエンジンの作品です。自分も知りませんでした、93年にシリーズ1作目が発売されてます。内容はこんな感じです。

ストーリー:人々が伝説として語るほどの遙かな昔。彼の地に下った人々に築かれた古えの文明ヴァスツール。魔導科学という技を持ってして、地と海、さらには点に数限りないほどの奇跡をもたらした。土塊に命を吹き込み、海を地に変え、翼を持たぬものを空へと誘い、自然をも総ていたという。しかし、約束された栄華は永遠のものではなかった。数多のものを思うがままにした魔導科学は、それ故に破滅の道へと導き、彼らは幾つかの伝承を残し消えていった……。

いわゆるSFファンタジーのような作品だと思うんですが、このゲーム、プレイ動画が全く上がってないので正直良く分かりません。で、この物語の続編となるのが本作「機装ルーガⅡ」なんですが、こちらも全くプレイ動画が上がってないんですよね、ユーチューブだけならともかくあのニコ動ですらないとはどういうことなんでしょうか(^^)?かなりマニアックなマイナゲーに違いありません、凄く気になりますwでもかろうじてBGMだけはあって聴いたんですが、これがくっそ良いんです!なぜこんなマイナゲーでこんな良曲が!?と驚きしかありませんです。

で、速攻調べたんですが、なんと作曲に齋藤博人さんが絡んでるようです。以前紹介した「メタルストーカー」(PCE)や、通常曲のめちゃめちゃカッコイイ「タイムクルーズⅡ」(PCE)なんかを担当していた方です。そしてもう一人のコンポーザーに岩崎琢さんという方もいるんですが「愛・超兄貴」なんかの作曲をしている方のようですね、アニキシリーズはBGM色んな意味で凄いですからねwこの2人が作ってると聞いただけでも、気になる方は気になるんじゃないでしょうか?さて話が長くなりましたが肝心のBGMです、2のOPをどうぞ!

この壮大さよ!もうOPから世界観に惹きこまれます(=゚ω゚)ノこれだけのものは「天使の詩」以来かもしれません、ちょっと衝撃的です。

因みにユチュブーには他の曲が全く上がってないので、ガチで他曲が気になる方はニコ動に前作と本作のまとめサントラが上がっているので、そちらをお勧めします、最高です。サントラは一応発売されているようですが、もう廃盤ぽいので中古で買うしかないようですね、あるいはゲームを買うかかな?でも1は安いけど2ってなんかちょっとプレ値になってるみたいで、ヤフオクでも5千円はするようですwなんで2人気あるんだろ(^^)?

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその244「機装ルーガⅡ」でした!個人的に「天使の詩」と同じくらい好きなBGMかもしれません。それとゲームはプロジェクトEGGで配信されてるようです。


好きなゲームミュージックその240

「モンスターメーカー 闇の竜騎士」(PCE)

1994年NECアベニューより発売のロールプレイングゲーム。

モンスターメーカー知ってますか(^^)?恐らくマイナーRPGの一作だと思うんですけど、自分はスーファミのシリーズ3作目を当時プレイした覚えがあります。ゲームの印象は正直あまりありませんが、パッケージの絵だけはよく覚えています。下手なように見えて妙な味があるというか、あまり見たことのない独特な絵タッチなんですよね。シリーズ通して絵を担当しているのは九月姫さんという方らしいのですが、元々はモンスターメーカーはカードゲームだったそうで、88年に発売されたカードゲームが漫画や小説など色々なメディア展開をしてきたようです。スーファミのやつはそんなにカードのイメージなかったんですが、どうも3はカード要素が無くなって普通のRPGになったみたいですね。

因みにカードを抜かすとシリーズはこんな流れだそう↓

1990:モンスターメーカー(GB)

1991:モンスターメーカー 7つの秘宝(FC)

1993:モンスターメーカー2 ウルの秘剣(GB)

1993:モンスターメーカー バーコードサーガ(GB)

1993:モンスターメーカー3 光の魔術師(SFC)

1994:モンスターメーカー 闇の竜騎士(PCE)

この後にもGBAで4が出てたりPCゲーにもなってるみたいですが、このPCE版の本作は前編として作られていたみたいなのに、何故か後編は作られないままだそうです。ファンは今でも待ってるそうなんですが(^^)この辺は大人の事情何でしょうかね?うーんでも後編待つ気持ちもなんか分かる気はします。OPが上がっていたのでちょっと見てみたんですが、惹きこまれますねこれ!しょっぱなから村八分にされる主人公という鬱展開がたまりません。かわいい絵柄なのに結構シリアスな物語のようです。ただ本当にシリアスなのは物語ではないようで、どうもこの作品SFCの時と同じくバグの塊で出来ているそうです。自分はプレイしたことないのですが、実際にプレイした人の感想を聞くとそれはひどいものだったらしいですよwつまり本当にしんどいのはプレイヤーということですね☆

さて本題のBGMですが、これが素晴らしいんです!ここだけはバグの領域から逃れた聖域かと思うほどです。逆に言えば超もったいないということなんですが、もうこれは今さら言ってもしょうがありません。因みに自分は実際にこのゲームを買ってサントラとして使っています。で、これを機にシリーズ1作目からBGMをひと通り聴いてみたんですが、やはりPCE版が一番良いですね、でもゲームボーイ版のメインテーマ曲なんかも最高でした。どうやらシリーズ通してBGMには恵まれているようです。絵とBGMは良い!それでは今回はOPをどうぞ。

作曲は濱田智之さんという方が担当。OPのこの壮大なBGM良いですよね♪世界観も出てるし惹きこまれます。おそらくリアルタイムでプレイしてた人も当時「もうワクワクがおさえられねーよ!」と思っていたことでしょう。戦闘が始まるまではwでもここでこう言うのもなんですが、このゲーム凄い開発者が関わっているんだそうで、それがなんと女神転生の製作に関わっていた方だそうです。悪魔との会話システムとか悪魔合体とかを作ったメガテンのシステムの要を作った方ですよ!そういえばモンスターメーカーもタイトルで察する通りこれと同じシステムがあるんですよね、いやーまさかそういう繋がりがあったとは知りませんでした。これしっかり作られていたらそこそこの人気タイトルになってたんじゃないかな?

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその240「モンスターメーカー 闇の竜騎士」でした!サントラは一応発売されてるけど廃盤かな?