マイナー」タグアーカイブ

好きなゲームミュージックその284

「アクアジャック」(AC)

1990年タイトーより稼働のシューティングゲーム。

調べてもあまり情報が出てこないかなりマイナーなゲームです。Wikiもないみたいだしゲームの動画を見ても詳しいストーリーが分からないのですが、見た感じなんか悪いやつらが悪いことをして街がやべえらしくそれで川上ってそいつら倒そうぜみたいな、俺らのこの武装用ホバークラフト最高だから絶対負けないかんね、みたいな内容だと感じました。なぜ戦車でもなく戦闘機でもなくホバークラフトなのかは皆目見当もつきませんが、よくよく考えてみるとそんなこと知ってどうするの?そんなことを知ったことで人生にどう影響してくるの?と、そのような結論に至りましたのでこれ以上のホバ論の追及を断念することに致しました。それでこのゲームなのですが簡単に言ってしまえばスペースハリアーとかアフターバーナーみたいな、と言ってはあれなので同社の作品で言うと「ナイトストライカー」みたいな作品となっております。ホバーなので空は飛べませんがジャンプできたりします。ホバーには明るくないのでホバーが原則としてジャンプできるものなのかそれは分かりかねますが、恐らくできるのでしょう。アメ車ですらあれだけの大層なバウンドを可能としているのですから、これから敵基地に乗り込むやつらがそんなことくらいできないとは到底思えません。

さてそんな本作「アクアジャック」ですが、面クリ後の一枚絵がとても特徴的で、面クリするごとに次の一枚目はどんなものだろう?と思わず期待してしまうほどの画力となっております。この一枚でいくらでもボケてできるんじゃないかなどと思うのですが、気になる方は一見に如かずということでご自分でお確かめください。それでそんなことはどうでもいいのですが、肝心のBGMです。この作品マイナーゲーですがBGMがすこぶるいいんです!これ一聴してあれ?もしかしてナイストのあの方が!?と思うレベルなのですが、残念ながらエンディングクレジットに作曲者が出てこないので詳細は分かりません。でもどうも外注らしくてそれをズンタタが監修したということのようです。それではそんな中から一曲どうぞ。

曲数はそこまで多くないですが、こういうノリノリの曲がほとんどでどれも格好いいです。ただゲームがホバークラフトだからなのか曲のリズムとゲームの動きがややあってない気がします。個人的にはこのホバーがスぺハリぐらいのスピードだったら爽快だったろうになと思うのですが、そしてそういう理由があってなのかこの作品はどこにも移植されずじまいで終ったようです。なのでほとんどの人は全く知らないゲームなんでしょうね、でも何故かサントラは一応出ているようです。

ということで以上、好きなゲームミュージックその284「アクアジャック」でした!あの一枚絵でボケたいなあ。

好きなゲームミュージックその278

「ブロクシード(BLOXEED)」(AC)

1990年セガより稼働の落ちもの系パズルゲーム。

いわゆるテトリスの後継作品?らしいのですが、あんまり知ってる人はいないんじゃないでしょうか、恐らくマイナー作品だと思います。テトリスとの大きな違いは2P対戦が出来たり、落ちてくるブロックにパワーブロックという文字や数字が書かれた特殊なブロックがあって、ブロックを消すと点数が得られたり、他のブロックを消すためのアクション(ファンタジーゾーンなどセガのキャラクター)を起こせたりします。

で、特にこれ以上言うことはないのですがwそこはまあ基本テトリスということで、致し方なしなのでさっと本題へ参りましょう。そうブロクシードBGMが良いんですね、以前もテトリス2を紹介したことがありますが、テトリスシリーズは意外に音楽面が良かったりします。曲数は少ないですがそれではどうぞ!

作曲は高田陽さんという方らしいです。因みに2006年にPS2の「SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.28 テトリスコレクション」で、本作を含めたセガの初期テトリスが遊べるのですが、アレンジBGMをベイシスケイプが担当しているのでこちらも音が良いです。ついでなのでこちらも一曲どうぞ。

ということで以上、好きなゲームミュージックその278「ブロクシード」でした!サントラはこれまたテトリス亜種の「フラッシュポイント」との同収録のものが出ているようです→フラッシュポイント・ブロクシード

 

PS2のサントラはこちら↓

好きなゲームミュージックその277

とべ!ポリスターズ」(AC)

1997年コナミより稼働の縦スクロール3DコミカルSTG。

”カドがあるけど超ご機嫌、3Dおもちゃ箱シューティング”と銘打っているゲームですが、内容的にはツインビーみたいなポップな感じのシューティングゲームです。90年代ということもあって3Dになっているのですが、動画を視聴した限り、これがなかなか良い感じのゲームでした。3Dゲームって好き嫌いがかなり分かれると思うんですが、このゲームはそこまでポリゴンしてなくて、キャラクターや背景デザインなんかに温かみを感じます。

あまり情報がないですが、ストーリー的にはポリスターズ(ポリゴン界の警察?)のポリーとスタンが、秘密結社PPP団の悪事を止めるために奮闘するといった内容のようで、秘密結社と言う割に敵キャラが完全にポンコツロボなんですが逆にイカシてる感じがしますね、今見ると本当に逆に新鮮です。シューティングとしても普通に面白そうだし、自動進行するカメラワークなんかが時折ハッとさせたり飽きさせないし、とにかく独特な浮遊感が心地いいです。どこにも移植されていないのがちょっと不思議なくらい良く出来たマイナーゲーなんじゃないかと思いますね。

さて肝心のBGMですが、こちらも素晴らしいです!それではキャラクター選択時&ステージ一面の曲をどうぞ♪

心地いサウンドですよね(^-^)♪続けてもう一曲どうぞ。

音楽担当はエンディングクレジットよりKAZUHIRO・SENOO、NAO、NABE・YANさんら3人。サントラも出ていて曲数も結構入ってるようです。

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその277「とべ!ポリスターズ」でした!今からでもどこかに移植すればいいのになあ。

「とべ!ポリスターズ」「トータルヴァイス」オリジナル・ゲーム・サントラ