タグ別アーカイブ: マイナー

好きなゲームミュージックその261

「にゃんにゃんパニック」(AC)

1988年コナミより稼働のアクションパズルゲーム。

Wikiもないし調べてもほとんど情報が出てこない作品です。動画はちらほら上がってるので多少は知名度はあるのかもしれませんが、わざわざ文字にして語る程でもないということなのでしょうか?タイトル通りネコが主人公のゲームで性別関係なく誰でもとっつきやすそうなアクションゲー(パズル要素あるかな?)なんですが、簡単にゲーム内容を説明するとステージごとに隠されたカギを4つ集めて先へ進むといったものです。壁を蹴り飛ばしたり爆弾をぶつけたりしながら敵を倒していきます。ドルアーガ的なクインティですかね?(個人差あり)

と、さして語ることもないので本題へ参りましょう。音楽を担当しているのはエンディングクレジットよりBOSS TASAKA、GIANT MATSUBARA、JUN NYANPYさんら三人です。それでは1曲どうぞ↓

コナミがこんなアクションゲーを出してたなんてほとんどの人が知らないでしょうねえ、今のところ他ハードに移植もされてないみたいなのでなかなかプレイは難しそうですし、やはりマイナーゲーなのでしょう。今回はあまり見たこともないと思うのでプレイ動画のリンクも貼っておきます気になる方はどうぞ→https://youtu.be/MD-h3dFKniA

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその261「にゃんにゃんパニック」でした!BGMは一応サントラに収録されてるみたいですが(コナミゲームミュージックコレクション Vol.2)例のごとく廃盤のようです。

好きなゲームミュージックその260

「フラックアタック(FLAK ATTACK)」(AC)

1987年コナミより稼働の縦型シューティングゲーム。

前々回紹介した「A-JAX」に引き続き、同年に発売されたSTGです。エージャックス同様に他ハードに移植されてこなかった作品らしいので、これまたほとんどの人は知らないマイナー作品だと思いますが、これBGM良いんですよ!いや、BGMは良いんですよ!!そうBGMは良いんです。でもシューティングてめえはだめだ!BGMを完全に殺しにきやがるそのスクロール速度、風船でも割ってるんじゃないかと勘違いするほどの爆発SE、ステージラストに構えるボスじゃないようなボス!!どうしてこうなった?A-JAXはあんなに面白そうだったじゃないか!?もしかしてA-JAXで燃え尽きてしまったというのか?

はい、そんな感じで多々思う所のある作品ではありますが、前述の通りBGMだけは良いのでご安心ください。Wikiにあるようにサントラのブックレット内でBGMを録音しようと機材を持ってゲーセンを訪れた少年の話が記載されてますが、その光景が軽く目に浮かびますね、録りたくなるのも頷けます。それにしてもBGMなんてのはゲームの後付けみたいに(ゲームに合わせるまたはイメージして)作られるんだろうけど、こういうたまにあるBGMだけが突出して良い場合は、逆にBGMに合わせてゲームを作ってくれよと思ったりしますよね、だってこんなのもったいないじゃない?

これシューティング面がしっかりしてたら絶対誰もが知ってる作品になってたと思うんですよ、コナミで言ったら「グラディウス」レベルですかね、きっと続編も出ていたことでしょう。まあタラレバ言っていてもしょうがないのでこの辺にしときますが、さてさてそれでは少年の心を鷲掴みにしたであろうBGMをどうぞ→https://youtu.be/h4mRFJg7kUM

作曲はきんごろうさんで、調べた限りだと前回紹介の「シティボンバー」作曲の小倉さんの変名のようです。うーむなるほど良いわけですね。

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその260「フラックアタック」でした!サントラ再発されても良いレベルだと思います。

好きなゲームミュージックその259

「シティボンバー(City Bomber)」(AC)

1987年コナミより稼働のレースゲーム。

コナミで言うと「ロードファイター」(AC)個人的にはファミコンの「バギーポッパー」に似たレースゲーです。バギーポッパーと大きく違うのは、バギーの方がさらわれた女の子を助けに向かうのに対して、シティボンバーは追っ手を撒いて盗んだ金を持ち帰るといったところでしょうかね?あっ!でも悪人から盗んだ金なのでそこらへんは大丈夫ですよ!それとアクション面で特徴的なのはショットが撃てるとこですかね、それで敵を倒すこともできます。バギーポッパーと大きく違う部分はこんな感じですかね、

残念ながらこのゲームはバギーのように他ハードに移植もされなかったみたいなので、ほとんどの人は知らないマイナーゲーだと思いますが、これバギーに似てるとはいえ結構面白そうなんですよね、たぶんファミコンで出てたら結構人気出てたんじゃないかと思います。一応今ではXbox360のレトゲー配信でプレイできるようなので気になる方はそっちでどうぞ。

さて肝心のBGMです。クレジットの確認が出来てませんが曲を担当しているのは小倉努さんだそうで、以前紹介したファミコンの「マッドシティ」なんかにも携わっている方だそうです。それではサントラをどうぞ↓

一面からめちゃめちゃ疾走感のある曲ですが、ステージごとにさらに突っ走っていく感じが気持ちいいです。後半でヘリと一騎打ちになるところがあるんですが、それが印象的で曲とマッチしていて夢中で見てしまいました。もっと評価されても良い作品だと思いますね。

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその259「シティボンバー」でした!一応サントラに収録はされてるみたいですが、やはり廃盤のようです。値段的にそこまで高騰してないのが助かりますねw