タグ別アーカイブ: マイナー

好きなゲームミュージックその224

「ポンピングワールド」(PCE)

1991年ハドソンより発売のパズルアクションSTG。

キタかポンピングワールドw実はこのゲーム昔投げ売りされてたものを購入したことがある作品なんです。何故こんなよく分からないマイナーゲーを買ったのかというと、その当時PCエンジンのCDRom²でCDとして聴ける作品を遊びで探してたからなんですが、これがやはり聴けちゃうやつでして、それもいくつか買ったPCエンジン作品中、けっこうお気に入りのサントラにまでなった思い出深い一作なんです。とはいえ実際このゲーム、音しか聴いたことがないわけで、どういうゲームなのかは最近調べてみるまで全くの謎でしたwということで、今回はそんな個人的おススメゲーム(サントラ兼)「ポンピングワールド」を少し説明してみたいと思います。

まずこのゲーム元作があるらしく、80年代にハドソンからPCゲーとして発売された「キャノンボール」という作品のようです。実際に動画で視ましたが確かにゲーム内容は同じですね(BGMはない)簡単にゲームを説明すると、上空から落ちてきたバルーンを打ち割っていく単純なアクションゲームといったところです。で、そんな本作を開発元のミッチェルがアレンジ移植したものが本作「ポンピングワールド」これまた最近知ったのですが、89年にACでも出ているようですね、動画も上がっていたのでこちらも視聴してみましたが、意外にPCE版の音の方が良かったです。アレンジがうまくいったパターンなんでしょうね、それでエンディングクレジットを見てビックリしたんですが、なんとサウンド担当に「レッドアリーマ―」(GB)や「ストⅡ」の音でお馴染みの下村さんが関わっているようです!「フロントミッション」とか「キングダムハーツ」シリーズなんかも同氏の担当作品なので、耳に触れている人も多いのではないでしょうか?

しかし驚きはこれだけではありません。なんともう一名クレジットされているのです。それが藤田 靖明さん「ロックマン」シリーズ3、4、10の音担当者です!もうお分かりですね?このメンツで曲が悪いわけがないんですwそれではこの勢いに乗って全曲リンクをどうぞ!→https://youtu.be/YxcFoGVcfUs

まさかこんなマイナゲーでこれだけの音が楽しめるとは思わなんだwこういう意外な発見があるからゲームBGM発掘は面白いと思います。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその224「ポンピングワールド」でした!PCエンジンの中では個人的にかなりおススメの一作です。


好きなゲームミュージックその218

「SPIN PAIR(スピンペア)」(PCE)

1990年メディアリングより発売のパズルゲーム。

久しぶりのパズルゲームかもしれません「ソルダム」以来になるのかな?でもソルダムは結構人気あるみたいなんですよね、それに比べてこの「スピンペア」のマイナーさよwぷよぷよ以降のパズルゲー数あれど、この作品を知ってる人はそういないんじゃないでしょうか?そもそもメディアリングって会社自体が耳馴染みないですよね、ちょっと調べてみたんですが、どうもあの「ゼロヨンチャンプ」シリーズを発売している会社のようです(PSの地球防衛隊なんかも同社発売のよう)

さてそんな「スピンペア」ですが、ゲーム的には「ぷよぷよ」のようないわゆる落ちもの系パズルで、くるくる回転させながらパズルをはめるようにして(隙間を埋める)物を消していく、至ってシンプルな内容となっております。対戦モードとストーリーモードがあるみたいなんですが、ストーリー的には、白の魔女っ娘が黒の魔女っ娘を追い詰めてぶちのめすという無慈悲な魔法バトルものです。金髪のほうきに乗った魔女っ娘に目がないという方は要注目!

肝心のBGMですが、ジャケ絵を見て分かる通りメルヘン和めます。メルヘン和めるって良いですよね(^^)?それではどうぞメルヘン和んでください!

エンディングクレジットより音担当はミュージックディレクター T・TAKIMOTO、ミュージックコンポーザー T・MAENOとあります。マイナーだからCDにはなってないようですね、発売会社も解散してるようだしなかなか難しいかもしれません。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその218「SPIN PAIR(スピンペア)」でした!色んなものが真っ二つになっているのに笑顔を絶やさない魔女っ娘って素敵だと思います。


好きなゲームミュージックその214

「キックボール(KICK Ball)」(PCE)

1990年メサイヤより発売のアクションスポーツゲーム。

野球とサッカーそれにドッジボールが合わさったかのような謎ゲー、それが本作「キックボール」である!これまた全く知らない作品ですがw恐らくマイナー作なんでしょう。投げられたデカめの玉を蹴って塁へ進むという野球をベースにしたスポゲーなんですが、相手にボールをぶつけることでアウトにすることもできるというなかなか斬新なゲームです(壁にぶつかって跳ね返ってきたものに触れても何故かアウトw)でもよく考えるとこのスポゲーってこの当時流行ってたのかも!?90年代にTVをよく見てた人ならあああれか!とわかると思うんですが、これって”ゆめモリ”(夢がMORI MORI)で超絶人気放送されてたあのやつなんですよ!

まぁ夢はいずれ冷めるということででしてね、その後のことには触れるつもりもありませんが、あえて今なら、盛り上がっていない今なら純粋に楽しめるゲームなのかもしれません。さてどうでもいい話はこれくらいにしてBGMに参りましょう。曲を担当しているのはM・TAKAGI&A・MOTOYAMAのお二人。一人は本山淳弘さんのようですが、なんと「海腹川背」シリーズの曲を担当している方でした!それではその辺を踏まえてどうぞ!

確かに言われてみれば「海原川瀬」っぽいかも、和みます(^^)それとちょっとフライングだけど、この後出てくるであろう「エルディス」(PCE)なんかも同氏が担当してるんですよね、ゲーム的にはマイナー系が多いけど関わってる作品けっこう隠れ良ゲー率高い気がします。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその214「キックボール」でした!このゲームもきっと面白いはず(希望的観測)

 

エルディスの記事はこちら→好きなゲームミュージックその223