タグ別アーカイブ: マイナー

好きなゲームミュージックその229

「コリューン(Coryoon)」

1991年ナグザットより発売の横スクロールSTG。

ナグザットといえば以前に紹介した「サマーカーニバル’92烈火」(FC)の販売会社で印象的でしたが、本作「コリューン」は意外なことにナグザット初のオリジナル作品になるようです。言われてみれば販売と開発を同時にしている作品って今までなかったかもしれませんね(烈火の開発はKID)正直今までタイトル名すら知りませんでしたけど、このコリューン、動画視聴してみたらなかなか面白そうでした。少人数(4人?)で短期間に作られた作品らしいのですが、その割にかなり良く出来た作品なんじゃないでしょうか?恐らくかなりマイナー作品だとは思いますが、未プレイの方はチェック価値ありだと思いますよ。

さてジャケのキャラがなんともカワイイ本作ですが、物語的にはこんな感じのようです↓

ストーリー:ドラゴンの子供「コリューン」が、謎の魔法使い「アダール」に魔法で子供にされてしまった「ミント姫」を大人に戻すために惑星レインボールに冒険に出るというストーリー。 レインボールでは、フルーツが「アダール」の魔法により敵へと変えられ「コリューン」の行く手の邪魔をする。 「ミント姫」の行く末は!? 「アダール」の正体とは・・・?(Wiki参照)

フルーツがやたら出るゲームだなと思ったら、フルーツが魔物にされてたんですね。敵を倒すと大小様々なフルーツがぼんぼこ出てくるんですが、個人的にその感じ嫌いじゃないですwなんだろうあのハクスラに通じる敵を倒したときの気持ちよさは、他にも似たようなゲームはあるとは思うけど、なかなかコリューンのあの感じを差し置く作品はそうないんじゃないかと思います。それと前回の「マジカルチェイス」でも取り上げましたが、本作も多重スクロール満載。なので多重スクロールマニア必見です!(多重スクロールマニア(。´・ω・)?)

で、肝心のBGMですがメインBGMだけでなくカットインやSE含めてどれも秀逸だと思います。ドラゴンの子供コリューンのボイスもカワイイですしねw(ぷよぷよチック?)BGMを担当しているのは松下寿志、森島大祐さんら2名。それでは今回はプレイ動画でどうぞ→コリューンプレイ動画

世界観が良くまとまっているのはやはり少数精鋭のなせる業なんでしょうかね?視てるだけじゃなく実際にプレイしてみたくなりました。でもこれどうやらプレ値の付いたレアゲーらしいですね、ちょっと調べてみたらヤフオクで3万円以上の値が付いていました(;’∀’)どのハードにも移植されていないみたいだし、プレイするのはなかなか難しそうです。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその229「コリューン」でした!もちろんサントラは発売されてないようです。


好きなゲームミュージックその228

「マジカルチェイス(MAGICAL CHASE)」(PCE)

1991年パルソフトより発売の横スクロールSTG。

開発はあの「伝説のオウガバトル」でお馴染みのクエストということなんですが、シューティングゲームなんて作っていたんですね、知りませんでした。この作品タイトルだけは聞いたことがあったのですが、調べてみたところかなりのレアゲーだそうです。ヤフオクを見てみると中古でだいたい2~4万くらいで取引されているようで、好奇心で手を伸ばすにはちょいとお高いお値段です。きっとコレクターかシューティングマニアが落札するのでしょうね、で、何故そんな値段が跳ね上がってるの?ですが、どういうことなのかというと、元々発売当時の出荷販売数が少なかったのに加え、発売してすぐにパルソフト社が倒産してしまったそうです。つまり市場に出回っている数が極端に少ないということなんでしょうね、しかもそれに加えてこの作品、単純にゲームとしての評価が高く、当時のPCエンジン系雑誌でかなり評価(ユーザー含め)されていたのだとか、実際にプレイ動画を視聴してみるとその気持ちも良く分かります。これ面白そうです!

好みもあるとは思うんですが、キャラクターデザインに背景グラフィックとゲームシステム、そしてBGMどれをとってもそこらの作品の一つ二つ上をいってると思います。多重スクロールすげー!の世代は間違いなく3重スクロールに驚愕するでしょうw単にリプルかわええ(*´▽`*)もあるとは思いますが、とにかくそれだけ魅力の詰まった作品に違いありません。さてリプルの名も出たところで簡単に本作「マジカルチェイス」の物語を紹介しときましょう。

ストーリー:見習い魔女の「リプル」が、自らの不注意で封印から解放し逃がしてしまった6匹の悪魔を再び封印する為、友達の星の精「くるるん」「ぐるるん」と一緒に旅立つ。(Wiki参照)

魔女っ娘にしてドジっ子属性とか存在がフラグでしかありませんwまぁ見習い魔女ならしょうがないか、後に偉大な魔女になるらしいし(^^)

さてそろそろ肝心のBGMに参りましょう。本作のBGMを担当しているのは、崎元仁さんと岩田匡治さんの2名。これまでに何回か出てきてると思いますが、有名なのだと「伝説のオウガバトル」(SFC)なんかが同氏ら作曲です。それでは「マジカルチェイス」全曲リンクをどうぞ→マジカルチェイスサントラ

因みにPCエンジン版発売後にユーザーリクエストで一度再発売された後、98年にPC版(Win98)2000年にゲームボーイカラー版と移植発売されたのですが、今現在どれもプレ値がついているようですwPC版は当時安く変えていたらCDとして聴けて重宝したみたいですが、2013年にサントラが発売されたのでBGMファンはとりあえず安堵ですね。(今のところサントラは普通の価格で手に入ります。今のところw)

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその228「マジカルチェイス」でした!マイナーだけど知られていたらもっと人気出た作品なんじゃないかな?


好きなゲームミュージックその224

「ポンピングワールド」(PCE)

1991年ハドソンより発売のパズルアクションSTG。

キタかポンピングワールドw実はこのゲーム昔投げ売りされてたものを購入したことがある作品なんです。何故こんなよく分からないマイナーゲーを買ったのかというと、その当時PCエンジンのCDRom²でCDとして聴ける作品を遊びで探してたからなんですが、これがやはり聴けちゃうやつでして、それもいくつか買ったPCエンジン作品中、けっこうお気に入りのサントラにまでなった思い出深い一作なんです。とはいえ実際このゲーム、音しか聴いたことがないわけで、どういうゲームなのかは最近調べてみるまで全くの謎でしたwということで、今回はそんな個人的おススメゲーム(サントラ兼)「ポンピングワールド」を少し説明してみたいと思います。

まずこのゲーム元作があるらしく、80年代にハドソンからPCゲーとして発売された「キャノンボール」という作品のようです。実際に動画で視ましたが確かにゲーム内容は同じですね(BGMはない)簡単にゲームを説明すると、上空から落ちてきたバルーンを打ち割っていく単純なアクションゲームといったところです。で、そんな本作を開発元のミッチェルがアレンジ移植したものが本作「ポンピングワールド」これまた最近知ったのですが、89年にACでも出ているようですね、動画も上がっていたのでこちらも視聴してみましたが、意外にPCE版の音の方が良かったです。アレンジがうまくいったパターンなんでしょうね、それでエンディングクレジットを見てビックリしたんですが、なんとサウンド担当に「レッドアリーマ―」(GB)や「ストⅡ」の音でお馴染みの下村さんが関わっているようです!「フロントミッション」とか「キングダムハーツ」シリーズなんかも同氏の担当作品なので、耳に触れている人も多いのではないでしょうか?

しかし驚きはこれだけではありません。なんともう一名クレジットされているのです。それが藤田 靖明さん「ロックマン」シリーズ3、4、10の音担当者です!もうお分かりですね?このメンツで曲が悪いわけがないんですwそれではこの勢いに乗って全曲リンクをどうぞ!→https://youtu.be/YxcFoGVcfUs

まさかこんなマイナゲーでこれだけの音が楽しめるとは思わなんだwこういう意外な発見があるからゲームBGM発掘は面白いと思います。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその224「ポンピングワールド」でした!PCエンジンの中では個人的にかなりおススメの一作です。