タグ別アーカイブ: マニアック

好きなゲームミュージックその177

「Deus Ex Machina」(ZX Spectrum)

1984年Automata UKより発売のアクションゲーム。

まさかの”ZX Spectrum”からのご紹介です( *´艸`)知ってますこのゲーム機?1982年にシンクレア・リサーチ社が英国で発売した、8ビットホームコンピューターだそうです↓

黒地に虹色?のアクセントがあしらわれたキーボードのようですが、これにテレビとカセットテープレコーダーを繋げてゲームが出来るそうですw何故カセットテープレコーダーが必要なのかというと、本機はファミコンでいうカセットがテープなんだそうです(;’∀’)まさかテープでゲームが出来るなんて驚きですよね。データのセーブやロードをするのもこれが必要なんだそうですが、色々なプレイ動画を視てみたところかなり読み込み時間がかかるようです。しかもそのゲーム内容ときたらしょぼいのなんの凄くシンプルな作品だらけで驚かされます。ファミコンというよりは初期PCゲーをイメージしてもらうと分かるかもしれませんが、画も素っ気なければ音も素っ気ないです。しかもこれが今現在に至るまで変わらないという事実!

そうなんです。知って驚かされたんですが、このZX Spectrumという機種はバージョンアップしつつ今でもソフトが出てる現行マシンなんだそうです!ファミコンの約1年前に出されたハードが今でも活動してるって凄くないですか!?さらに驚かされたのがそのソフト量なんですが、なんとその数2万タイトル以上!!?どうなってるんだこいつぁヽ(^o^)丿ファミコンソフトを全部所有してるなんて人はたまに聞きますが、この数はさすがにコンプ出来そうになさそうですwwというかなんでこんなにしょぼいシンプルなゲームがこれほど人気があるのか謎すぎますw英国の人はファミコンやったことないのかな(^-^;面白いですよ?

さてそんな疑問だらけの前置きでしたが、上記の通り今回一度きりの紹介となりそうです。何しろBGMがありませんwSEですらあればラッキーといった感じです。なのでまさか曲が付いている本作「Deus Ex Machina」を見つけた時は怖くなりましたwあれ幻聴かな?と思ったほどです。何しろかなりしっかりした歌声まで入っているんですから!ナレーションに曲に歌付きと、信じられない程色々と詰め込まれています。キャストには有名な人たちを使っているそうで、例えばその中にイアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズのボーカルIan Dury(ジャンル的にはパブロックとかノーウェイブ?)なんかがいるのですが、その歌声も本作で堪能出来ちゃいます♪

そうそうタイトルの”デウス・エクス・マキナ”ですが、”機械仕掛けの神”という意味で元々はギリシャの演劇で使われていた技法(強引に結末へ繋げる技)だそうです。本作では機械で形成された命の成長を描く内容となっているのですが、なんでもシェイクスピアの「The Seven Ages of Man」という詩を基に作られたみたいですね。人生の諸段階(赤子から老人になるまで)をテーマにした作品らしく、ゲームの方も赤子から成長していく過程が描かれていきます。さてそれでは肝心のBGMに参りましょうかね、曲は本作の発売会社を設立した本人でもあるMel Croucherという方が担当しています。これが凄いですよ!一言では語れない摩訶不思議なサウンドとなっております。今回は全編通してのBGMなのでオールプレイ動画のリンクを貼っておきますね→https://youtu.be/fCikVJJ1qAc

これは間違いなく良ゲーですね(^^)これほどのセンスあるゲームはそうないと思います。かなりマニアックだと思うけど見つけられて良かった!

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその177「Deus Ex Machina」でした!長文疲れたよパトラッシュ・・・(-_-)zzz


好きなゲームミュージックその128

「めざせ!トッププロ グリーンに賭ける夢」(FC)

1993年ジャレコより発売のゴルフゲーム。

同年に出ている「サンリオカーニバル2」を外してのランクインです。評価してくださいwというのもサンリオカーニバルシリーズは結構な大御所がBGMを担当しているんです。シリーズ1作目のほうが何故か有名ですが、こちらは「マッピー」のBGMでお馴染みの大野木宣幸さんが担当しています。2作目の方は全く検索しても出てきませんが、BGMを担当しているのは田中 宏和さん。好きなゲームミュージック紹介で何度も登場してますが「バルーンファイト」「レッキングクルー」「MOTHER」等々、名曲だらけの作曲家さんです。「サンリオカーニバル2」では曲数こそ少ないですが、「スーパーマリオ3」のあの部分をフューチャーしたかのような!?面白い曲も聴けちゃいます(^^♪マイナーだから話題にならないのかもしれないけど、1を取り上げるなら2も取り上げてほしいですね。

さて「めざせ!トッププロ グリーンに賭ける夢」を表題にしておいて、全く関係ない話で盛り上がってしまいましたがこちらが本題ですwこのゲームもほとんど動画が上がっていないので超マイナーソフトだと思われるのですが、エンディングクレジットで分かるように「ソルダム」(AC)でBGMを担当していた伊勢村篤義さんが関わっています。パッと聴いた感じなんかいいなと思ったんですが、エンディングBGMで確信しました。それではその様子をどうぞ!(50秒から曲)

ゴルゲーエンディングでこんな曲が使われていたなんてΣ(゚Д゚)マニアックすぎてこんなん誰も気がつかないわwなんだか嬉しいようなもっと違うソフトで聴きたかったような複雑な気分です(;’∀’)まっ知れただけ良しとしましょう。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその128「めざせ!トッププロ グリーンに賭ける夢」でした!もちろんサントラなどないわけで・・(^-^;

マメ:1コン下+Bボタンと2コンAボタン+Bボタンを押しながらリセットするとエンディングが見れるらしい。


好きなゲームミュージックその93

「地獄・極楽丸」(FC)

1990年パック・イン・ビデオから発売の横スクロールアクションゲーム。

これまた全然知らないゲームですwパッケージの歌舞伎役者みたいなのが主人公なのですが、髪を振り回して戦います。海外うけを狙ったゲームなんでしょうかね?とりあえず、ストーリーも紹介してみますね。

ストーリー:はるかとおいむかし、おうごんのくにとよばれるジパングにおうごんのしろがあった。せいれき2015年。わがくにさいだいのプロジェクトがかんせいしつつあった。にんげんがよりかいてきにくらしていけるように、としきのうをコンピューターにすべてせいぎょさせたとしである。だがコンピューターのシステムがつぎつぎとたちあがり、かんぜんにさどうしはじめたとおもったやさきに、メインコンピューターになにものかがしんにゅうし、プログラムをかいぞう。プロテクトをきょうかして、コンピューターにアクセスができなくしてしまっているのがはんめいした。さまざまなほうほうでアクセスがこころみられたが、ことごとくそしされてしまった。そこでまだけんきゅうだんかいではだったが、サイ・コンバータシステムにさいごののぞみをたくすことになった。サイ・コンバータシステムとはにんげんのいしきをコンピューターのプログラムエリアのなかにてんそうし、じゆうにこうどうさせるものである。しかしにんげんのいしきがデータくうかんのなかで、どのようなかたちをとりどのようなえいきょうをうけるかまったくふめいなのだ。かずおおくのデータがあつめられ、このきけんなにんむにてきにんなじんぶつをリストアップした。そしてさいしゅうてきにえらばれたのは15さいのしょうねんだった。いま、かれはサイ・コンバータシステムによこたわり、みちなるくうかんへたびだとうとしている。かれのなはボビーやのといった。とおいむかし、かれのそせんがそうしたようにいまボビーやのがあらたなたたかいにたびだつ。そのそせんのなは、じごくごくらくまるという。

なげえよ(゚Д゚)ノΣこれを全文ゲーム内で説明される側にもなってくれよwwwしかもこれだけ長いのにまったく何のことやら分からないよwwwボビーはどういう基準で選ばれたんだよwそれにしても舞台は2015年なんですね。もうリアルで1年前の話じゃないですか!なんかそんなに発展してなくて逆に申し訳なくなってくるわw人間の意識をデータ空間の中に転送するなんていつか出来るんでしょうかね?こっちはようやくVRが話題になってきたぐらいなのに、VRのエロの可能性が見えてきたばかりだというのに!とまぁ話が逸れましたが、この「地獄・極楽丸」というゲームは「ZIPANG(ジパング)」という映画のタイアップ企画で作られたゲームだそうです。

伝説の黄金の国・ジパングをめぐって、盗賊・地獄極楽丸が活躍する冒険活劇だそうです。ゲームはこれの未来編といったところなのでしょう。さてだいぶ長くなりましたが、恒例のBGMです。ただ今回は結構人を選ぶかもしれません。以前紹介した「フォトン」程ではないと思いますけどwどちらかというとマニアックな部類だと思います。今回は丁度いい動画がなかったので、NES版の全曲ページへのリンク張っときます→https://youtu.be/HbY5yTdqMz4

一面の「The Program Heart」なんか”This Heat”を彷彿 させますね。やはりデータ空間の中という設定もあるので、インダストリアルというかノイズを意識した曲が多いのかもしれません。「MainFrame River Banks」なんかは普通にゲームミュージックしてますけどね、でも「Monstrous CPU Cycles」辺りから途端に電子ドラッグになってきます。この辺はもう好き嫌いというか、一部のマニアしか喜ばないかもw

ということで以上。好きなゲームミュージックその93「地獄・極楽丸」でした!ゲーム的には「忍者龍剣伝」に似てるかな?普通に楽しめそうです。