タグ別アーカイブ: ラブコメ

蒼の六郷

蒼の六郷

「蒼の六郷」(あさりよしとお)

季刊誌「楽園」掲載の海洋漫画。

誌面で読んでからずっと気になっていた「蒼の六郷」です。独特な優しいタッチにふんわりした世界観、どことなく懐かしさも感じる作品です。あさりよしとおさんの作品はこれが初めて読んだ作品だったのですが、これを機に過去作も読んでみたくなりました^^いやほんとこの世界観は魔法がかってますよ。そこから抜け出たくなくなりますw

ということで、今回はそんな魅力あふれる本作の1話目を簡単に紹介してみたいと思います。それではどうぞ。

 

”東京都大田区 多摩川が海に注ぐすぐ手前に 六郷という地名がある”

”これは そこから始まる 冒険の物語である”

蒼の六郷(1)

「誰にも内緒で 明日の夕方 多摩川の六郷橋の所へ来てください」

「大事な話があるんです!」

蒼の六郷(2)

物語の主人公は小学4年の真潮くん。そしてヒロインのお姉さん昂(のぼる)突然頼みごとをされた昂ですが、昔を懐かしみつつ翌日真潮くんの言っていた多摩川の六郷橋に向かいます。

蒼の六郷(3)

蒼の六郷(4)

小学4年に何かを勘違いしている昂お姉さんw

真潮くんに腕を引っ張られ小屋に入ります。

蒼の六郷(5)

蒼の六郷(6)

小屋の中にはなんと秘密基地が!しかも潜水艦もあります!おもむろに取り出した帽子を得意げにかぶる真潮くん。そして一言。

蒼の六郷(7)

「ぼく一人じゃ無理なんだ」

この後なんやかんやありますが、結局真潮くんに押され一緒に乗船することに。

蒼の六郷(8)

このポジショニングであるwなんでも真潮くんいわく、今までは立って操縦していたそうな。つまりお姉さんは都合上イスとして召喚されたようですw

こんな感じで物語は始まっていくのですが、何故真潮くんがこんなにも熱心になっているのかには理由があります。それはさっきも言っていたように、海の平和を乱す敵を倒し世界の平和を守る為なのですが、実はその背後に謎の生命体のもくろみがあるのです。果たして二人は無事に海底から戻ってくることが出来るのか!?

 

ということで以上。「蒼の六郷」でした!

蒼の六郷(9)

狭い艦内色々ありますw

中ヒットしているやつ(2)

 

久しぶりの”中ヒットしているやつ”です。

このタイトルで前回やった時は2012年12月で「まじもじるるも」を紹介していたようです。・・自分のブログ検索して知りました^^;

その時にも書いていますが、30号基本的に厳しめのチェック(キリッ)なので、単行本紹介の時は基本的に個人的に大ヒットした作品以外は載せていません。つまり中ヒット作品紹介は珍しいというわけです!ということで2年越しの中ヒット作品の回いってみよヽ(^o^)丿

ひとりぼっちの地球侵略

「ひとりぼっちの地球侵略」(小川麻衣子)

月刊少年サンデー連載中ファンタジー作品。

あらすじ:4月、広瀬岬一は県立青箱(せいしょう)高校に入学する。入学式の朝、岬一は突然現れた仮面の少女に「命をもらう」と告げられ追い回されるが、一旦は難を逃れる。その少女は同じ高校の2年生、大鳥希であった。希は岬一に「10年前に宇宙船団が街を襲い、そのとき心臓に致命傷を負った岬一に自身の心臓を与えた」と話し、岬一を地球侵略の仲間に誘うが、希の話を信じられない岬一は誘いを断って帰宅する。その夜、岬一の祖父が宇宙人に襲われる。岬一は家族を守るため、希の仲間になって地球侵略に協力すると約束するのであった。(Wiki参照)

こんな感じに↓

ひとりぼっちの地球侵略(2)

軽いノリで地球征服(侵略)を持ちかける大鳥希さんと

ひとりぼっちの地球侵略(3)

それを断固として断る広瀬岬一少年の物語。

 

大鳥さんの話に全く聞く耳持たなかった広瀬ですが、侵略の内実を少しずつ知ることによって歩み寄り出します。地球侵略・・それは他宇宙人から地球を守るということ。この星を守る為に侵略するということ。

家族を守るという名目で仲間になった広瀬少年。初めは自由奔放で自分勝手な女だと思っていた大鳥に対して気持ちの変化が表れてきます。

 

”宇宙の中でたった一人で他の星にきて、”

”遠く離れた 故郷から言い渡された任務を忘れず忠実に 果たそうとする”

”それは一体どれほど つらく寂しい ことなのだろう。”

 

様々な想いを胸に日常生活を続ける二人。そこへ次第に異形の姿をした外宇宙人たちが迫ります。果たして二人の運命はいかに!?

 

といった感じなのですが、本家のサンデーに掲載されていてもおかしくないような王道のラブコメファンタジーみたく、誰にでも読みやすい作品だと思います。

と、紹介しといてなんですが、1巻を読んだ時は正直30号次巻を読むか悩みました^^;あまりの王道っぽさ故でしょうかwこの歳になると食指が中々進みません。でも何か気になりますwということで、とりあえず2巻までは読んで見ようということに・・そして読んでみると新キャラが続々登場!

中でもお気に入りはこの何でも変身できてしまうという外宇宙人(通称リコ)↓

ひとりぼっちの地球侵略(4)

可愛いは正義といいましょうか・・これはずるいですww

その他にも広瀬の双子の兄・凪とか出てきていい感じにかき回してくれるのですが、続きが読みたくなった決めてとしては、何といっても1巻ではちょっと固め(暗め?)だなぁと思っていたキャラ同士の会話&コメディ部分。2巻ではそんなものどこへやら、キャラのやり取りが凄く生き生きしていて面白いです!特に大鳥さんのキャラが良い感じに酷くw

そんなこんなで続刊を読み続けている「ひとりぼっちの地球侵略」ですが、現在コミックは7巻まで発売中だそうです。人気作品なんだろうけどゲッサン連載だから知らない人も多いかもしれませんね。でもこれいずれアニメ化するんじゃないかな?そしたらもっと人気出ると思います。

ということで久しぶりの”中ヒットしているやつ(2)”でした!

リコかわいいよリコ(*´▽`*)

 

ヤングマガジンサード

ヤングマガジンサード

「ヤングマガジンサード」(2014年創刊!)

ということでね、何か新しいの出てたので久しぶりにコミック雑誌買ってきました^^第一号ですよ。ヤンマガの増刊扱いらしいけど、ラインナップしている作品はかなりヤンマガとは違った感じです。

定価650円・・正直ちと高いかなというのが率直な感想。ヤンマガの定価が315円だからほぼ2倍ですね・・ぐぅ

それはそうと、表紙の「集え第3世代!」というのが、キャッチコピーなのかな?その言葉の通りほとんど知らない人ばっかで、結構新鮮です。

 

んじゃ恒例の気になった作品ザックリ紹介いってみましょうか。

因みにサードは726Pあるので、結構ボリュームありますw

ヤンマガサードラインナップ

それでは30号的気になるラインナップです。

まずはこちら!

のーぷろぶれむ家族

「のーぷろぶれむ家族」(麦盛なぎ)

どこかイタくて、どこかあったかい家族の脳内メルヘンコメディ。

なんだかいい雰囲気の家族、おりはらさん一家ですが、どうもお母さん(車いす)がドールぽいようなそういう風に見えるような・・・www

個人的に続きが気になります。首のぐらつきww

 

さてお次です。

眠れる森のカロン

「眠れる森のカロン」(茂木清香)

その森に棲む姫と決して遊んではいけない。

「pupa」の作者による新作です。←と同様にちょっとグロテスクな感じになっていく雰囲気かな?王子様いっぱい骨化しとる^^;

絵の構図惹きつけられます!

 

「ヴィラネス‐真伝・寛永御前試合」(原作:夢枕獏 漫画:雨依新空)

各地のつわものたちが江戸城に集結し、将軍の目前で果し合いをするまでのドラマ。小説からのコミカライズです。

個人的にあまり歴史ものは・・と思っていたらもの凄い強い幼女が出てくる辺りから面白くなってきましたw結構えぐい戦いするなぁ^^;

ヴィラネス

 

「ホクサイと飯さえあれば」(鈴木小波)

自炊系ご馳走マンガ。

今日から一人暮らし。期待よりも大きな不安は、こっそり実家に置いてきた。

ホクサイと飯さえあれば

この作品は、「サムライエース」で掲載していた「ホクサイと飯」が元のようで、サムライエース休刊のためサードで復活したそうです。今作「ホクサイと飯さえあれば」は前作の8年前が舞台!

ホクサイと飯さえあれば(2)

引っ越しやが来ないので飯が炊けない・・だからもう買ってくる(炊飯器ww)

サムライエース読んでなかったけど、こんな作品がやってたんですね。完全にミスチェックでした。料理マンガだけど惹きつけられます!どことなく「ねじまきカギュー」チックな雰囲気を感じるのは私だけでしょうか?

 

「腐ランス日記」(原作:大清水さち 作画:ヤス)

パリのMANGAオタク女子たちの日常コメディ。

腐らんす日記

まだまだ未知数な作品だけど、フランス女子のオタクたちがどんな風に日々過ごしているのか気になります。

それにしてもオシャレと無縁のフランス女子wなんか壁を壊していく感じでいいですね^^進撃の巨人はあっちでも人気なのかな?

 

「つきがきれいですね☆」(えだお)

つきがきれいですね

孤独な二十七歳、ニートの小暮陽介。

しかし彼にはそんな現実とは違うもう一つの世界があった。

つきがきれいですね(2)

この虚構、幸せにつき、リアルはいらない。

なんだおまえらかwww

もうおまえらときたらwwwww

目を覚ましてください。現実はこうです↓

つきがきれいですね(3)

そんな彼が、ネトゲの世界で一人の女の子に出会う。

そして現実の世界でも・・・

 

一つ言えることは、このラブコメおれ嫌いじゃないヽ(^o^)丿

無職、根暗、コミュ障を自称する方必読です!

 

「ロリクラ☆ほーるど!」(原作:Chihoya 作画:Koma)

ロリクラほーるど!

女子高生×プロレス(4コマ)

思った以上にマニアックなプロレス話がいっぱいw

でも意外に和みますwまんがタイムきらら系の作品が好きな人におススメ☆

 

お次でラストです。

ラストを飾る作品はこちら!

 

「俺と悪魔のブルーズ」(平本アキラ)

俺と悪魔のブルーズ

びっくりでしょ!!

アフタヌーンで掲載していて単行本4巻でストップ中の「俺と悪魔のブルーズ」実に6年半ぶりの再開です!

俺と悪魔のブルーズ(2)

伝説的ブルーズマンのロバート・ジョンソンをモチーフにした作品。

ついにクライマックスへ向け始動!!

これは待ってた人多いんじゃない?6年も経ってるからもう一回読み直さないとねwそうかーサードでかぁ・・今回一番の驚き。

 

ということで、ザックリ気になったものを紹介してみました!

個人的には中々気になる作品が多かったかな。サード悪くない感じですよ。

しかもまた次号(10月6日発売)から新連載始まる作品もあるみたいだし、これからまだまだ盛り上がっていきそうです。

因みに次号新連載のも面白そうで気になるんだよね~↓

花と黒鋼

うーん気になる!

これはもう一度買うかな^^

 

ということで、今年創刊の「ヤングマガジンサード」でした!

うん本家より好きですw