タグ別アーカイブ: 世界観◎

好きなゲームミュージックその246

「真怨霊戦記」(PCE)

1995年フジコムより発売のホラーアドベンチャーゲーム。

開発はスタジオWINGという会社が担当しているこのゲームですが、元は88年にPC88で発売された「怨霊戦記」という作品だそうです。本作はその続編ではなくリメイク版のようで、PCエンジンの他にWin95なんかでも発売されているのですが、元々のマイナー作品ということに加えPCエンジン後発作品ということもあって、元作を知っている人ですら本版の発売を知らない人が多いんだそうです。まぁ自分と同じく元作も知らねえよという人が大多数だとは思いますがwこの作品そんじょそこらのホラー作品とは比べ物にならないほどの気味悪さと、謎の没入感を兼ねた稀有な一作だと思います。マイナーとはいえコアなファンもいるらしいですし、とにかく知っておいて損はない作品だと思いますよ。

さてそんな「真怨霊戦記」ですが、こんな独白で話が始まります。

(この世に 怨みの無い方は、ございません)

(人の命が短いばかりに 人の情けも事の善悪も 欲望の限りも)

(悟りの道が遥かなため 人の怨みこの世を怨み 旅立つのでございます)

(その旅立ちすら無念がゆえに この世に残した怨みがつのり)

(死することも生きることも 出来ない姿で のたうちまわり)

(死霊が怨霊と化して この世に満ち溢れている事でございます)

(誠この世は 怨霊の群れの渦に 巻かれた姿なれど)

(不幸にも人は その姿見えず 業のさだめの為か)

(生ある人は怨みを 生み続けているのでございます)

(あな恐ろしや遥か この世は本当に地獄の姿に化するのでございます)

 

以下、簡潔なあらすじです。

ストーリー:とあるプログラムを1年がかりで完成させた北原弘行は、その疲れを癒すために夜風にあたっていた。すると突然、頭に針を刺されたような痛みがはしりその場に倒れてしまう。すぐに気がつき体を引きづるように自宅のマンションへ向かうことにする北原だったが、そこで黒マントを着た妙な男と出くわす。男はこちらに次第に近づいてくる、男の背後に妙な生き物がいることに気がついた。人間ではない、犬でもない。すると急にその化け物が飛びかかってきた。次に目覚めると彼は病院に収容されていた。医師に野犬に噛まれたと診断された北原はこれに納得が出来ず、大学の精神科に勤務する友人を訪ねることにする。催眠療法によって自分の見たことが確かであると確信した北原は、自分の見たものが何だったのかを調べるため、町へ調査に出かけることにした。

こんな感じで物語が始まっていくのですが、これにキャラクター、ビジュアル、BGMなどが合わさって妙な世界感が出来上がっています。個人的に初期メガテンが頭に浮かんだんですが、あの雰囲気が好きな人はハマるかもしれません。開発のスタジオWINGという会社は一癖あるホラーやサスペンスで有名なゲーム会社のようですが、シリアスな内容の反面ものすごいギャップも持っていて、しばしばギャグ狙いなのかと思うほどのセリフや物語展開も楽しめます。例えば調査中に通行人に前置きもなく「悪霊について何か知りませんか?」と急に話しかけたり、どう見てもうさんくさい祈とう師に1万円払って除霊してもらったり、悪霊探しついでにスナック街を練り歩きママの前でひと歌披露したりなどなどww数えたら切りがないほどツッコミ箇所が出てきます。恐らくこういう部分も含めてコアなファンがいるんでしょうねw

さて、肝心のBGMですが残念ながらPCエンジン版のサントラは今のところ上がっていません。なのでリンクが張れないのですが、この作品、元のPC88版の出来が秀逸なんですよね、ということで代わりにそちらのリンクを貼っておきます→https://youtu.be/a36Yu50_BK0

作曲は武田昌治さんと宗野晴彦さんの2人が担当、両名とも他の同社の作品BGMにも関わっているようです。残念なのはPCエンジン版の曲は会話時にぶつ切りになってしまうとこですね、おまけに何故かテキストと声のセリフが度々違うという問題も発生しているし、声優陣がいい仕事しているだけにここは本当もったいないと思いました。逆にWin95版の「真怨霊戦記」だとその部分は解消しているんですが、作品の元々持っていたおどろおどろしさが無くなってしまっていて味気ないものになっています。せっかくのリニュアール移植なのに・・結局のところトータルするとやはりPC88版がいいのかもしれませんね(これはこれで問題あるけど)

因みに自分は同社の他の作品も気になって87年発売の「波動の標的」(PC88)も覗いて見たのですが、こちらも独特なおどろおどろしさがあって楽しめました。ユーチューブだけでなく、ニコ動にコメつき動画もあるので気になる方は是非どうぞ、ツッコミが追いつかないぐらい面白いですよw

最後にこちらのサイトが色々と参考になったのでリンクしときます。同社ファンクラブの方のサイトだと思うのですが、スタジオWING作品の貴重な制作裏話が書かれています→http://stwing.web.fc2.com/enigma/enigma.html

会社の成り立ちから「怨霊戦記」制作時の謎の心霊現象?まで、現実もかなりヤバいことになっていた話が面白いですwちらっと諸星大二郎作品なんかのタイトルも出てきてニヤニヤしてしまいましたし、それからスタッフ全員超能力者説はさすがと思いました。

 

ということでかなりの長文になりましたが、以上、好きなゲームミュージックその246「真怨霊戦記」でした!同社の作品はプロジェクトEGG内でダウンロード出来るみたいなので、実際にプレイしたい人はそちらの方が手っ取り早いかもしれません。どれも普通に手に入れようとするとプレ値がついているようです。

 

 

 

マメ:作品内の誤字脱字はたぶん怨霊のせいに違いない(霊的に白目)

好きなゲームミュージックその232

「冒険男爵ドン サン=ハート編」(PCE)

1992年アイマックスより発売の横スクロールSTGゲーム。

92年突入ですが、前回に引き続きまた全然知らないやつですw冒険男爵wwこれは初めて聞く単語ですねえ。一体どんなゲームなんでしょうか?マイナー作品には違いないんでしょうが、で、一面を見て何かがざわつきます。あれ?このステージ見たことある!何だっけこの感じ?で、気がつきました。これ「暴れん坊天狗」じゃあないですか!まさか熱烈なファンによるオマージュなのか!?熱いぜ!しかし調べたところ残念ながらそういうわけではなさそうです。ただ驚愕の事実を知りました。なんとこの作品「暴れん坊天狗」でグラフィックを担当していた方と音楽を担当していた方が参加しているようです!

BGMを担当しているのは暴天作曲者の一人、大久保高嶺さん。因みに開発元は漫充堂という会社のようです。さてこのゲーム、内容を知れば知るほどツッコミが追い付かなくなる仕様なのですが、とりあえず簡単に物語を紹介してみたいと思います。

ストーリー:ここだけの話だが、地球空洞説は事実なのである。南極の巨大なクレパスの中をどこまでも降りていくと、やがて巨大な地下世界が開けてくる。そこには”サン=ハート”と呼ばれるクリスタルによって輝く太陽が、闇を払いこの別世界に恵みをもたらしているのである。ここだけの話だが、”メロンピー”という新生物がいる。いささかマッドな科学者ヘクトール博士の研究所で産声をあげたこの人工生命は、やがて意志を持ち、常識はずれな増殖を重ねたのち、多種多様の形態を獲得して人の知らぬ間に世界中のあらゆるところにはびこった。もう一つここだけの話だが、ドン・上杉は荻久保在住18歳の世界的冒険家である。彼の行動原理はただ一つ好奇心、これのみである。さて、地下世界の太陽をコントロールする”サン=ハート”を新生物”メロンピー”が奪い、さらにこの地球を「きちんとしたい」が為に人々を駆逐し始めたのである。「この暴挙許すまじ!」超科学の産物を満載したスーパーマシンを駆って、血気盛んな冒険男爵は”メロンピー”軍団の真っ只中に頭から突っ込んでいったのである。

 

・・・(´・ω・`)?

さてはこいつ、薬やってるな!?もはやそう取られてもおかしくない程の陰謀論ガチ勢、それが本作主人公のドン・上杉(スペイン貴族と上杉謙信の血を引く18才)だ!!「まるで幻覚!」無数の目玉が浮遊して迫ってくる世界は、どう考えてもバッドトリップです。もう不安しかありません。仮に地球空洞説が事実だったとしても、誰がこんなキノコな世界を信じるでしょうか?はい信じません。ところが残念ながら信者がおるようです。なんとこのドン・上杉、先ヘ進むごとに理解ある強力なサポートメンバーが増えていくんです。ということはこの一見トンデモ話は事実なのか?地球の存亡がかかった一大事、これは至急検証が求められます!それではそんなドンの仲間たちを数人ピックアップして簡潔に検証していきましょう。

まず、津田沼ゆりこ、17才女子高生。父親が世界的工作員のため幼い頃のおもちゃは爆弾。ジャウ・オスカル、35才火の国の戦士。地底では幼稚園を経営している子供好き。オーガス・ビガンテ、28才私立探偵。火器が大好きで巨大な火器に触れることを趣味にしている。

 

似たような奴が集まってくるwwwww

全部ドンの頭の中の出来事説wwwww

 

もうね、やばいね。さすが「暴れん坊天狗」のスタッフが関わってるだけのことはあります。このマニアックな世界観は他の作品じゃあ中々出せないんじゃないでしょうか?超貴重です。まだまだ言い足りないことはありますが、もうBGMの方にいきたいので、気になる方は各自検索してみて下さい。それでは肝心の全曲リンクです→https://youtu.be/syNanhw6ID8

音楽はポップなのに何故か世界観に拍車をかけ不安へ誘います。凄いBGMです。ところどころ民族音楽的な雰囲気を醸したり、でも一筋縄にはいかない不思議な感じもしたり、なんとなくポンチャックの様にも聴こえたりします。いやーPCエンジンの作品にこんなのがあったとは驚きです。凄いのがまだまだ眠ってるもんですねw

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその232「冒険男爵ドン サン=ハート編」でした!~編とありますがもちろん続編はないようです。もちろんサントラも・・サントラはあってもいいんじゃない?

ローカルワンダーランド

ローカルワンダーランド

「ローカルワンダーランド」(福島聡)

ハルタ掲載の短編集です。あの「星屑ニーナ」の作者さんによる新作なんですが、これかなり評判が良いらしく気になっていました!個人的にも星屑ニーナはブログで何回も取り上げる程好きな作品だったので、こっちも楽しみにしていたのですが読んでニヤリ、やはり面白いです(^^)なので今回も簡単に紹介してみたいと思います。まず1巻目ですが、全6作品が収められています。タイトルは、

1、深作彗(ふかさくけい)2、突撃!RZ‐1 3、3030年 東京オリンピック 4、決断 5、エロチシズムの歴史 6、ローカルワンダーランド 2巻は、7、サンライズ出雲 8、精神論2015 9、ペットショップガール 10、ストレート・アヘッド 11、サルビアの蜜 12、もしも〇〇が✕✕だったら  最終話、夜明け前

1は、憧れていた同級生(小学)の女の子とのお話し。2、愛車RZ‐1の機嫌を損ねた輩を追い詰めるお話。3、3030年東京オリンピックのコスチュームデザインを決めるお話。4、殺し屋常滑(とこなめ)さんのお話。5、妄想に勝るエロは無しというお話。6、ある町に起きた事件(電線にマネキンが吊り下げられる)の犯人を突き止めるお話。7、浮気をしたら幽霊になったお話。8、キャンキシェイ(色即是空)のお話。9、売れ残りのペットを殺処分するお話。10、ナウシカを観て何も想わないってのはどうかしてるというお話。11、困っているとおっぱいを見せてくれる世界のお話。12、漫画家になるために思考を柔らかくするお話。最終話、毎晩ひとりで「どどどど」と叫ぶ馬鹿(愛すべき)のお話。

 

という感じのラインナップですがどれも独特な味があって面白いです。今回はこの中から1作目の「深作彗」をちょっと取り上げてみたいと思います。

深作彗(1)

深作彗(2)

深作彗(3)

深作彗(4)

(というワケで ボクは深作彗にあこがれていた)

(好きというのとは違う あこがれていたのだ)

 

(でもさ)

 

(ボクは深作彗とは口をきかなかった)

(なぜかって)

深作彗(5)

(深作彗は誰とでも話をする)(平等に なかよく 話をする)

(ボクが 深作彗と話をしないこと・・・・・・)

 

(もしボクが)(深作彗と なかよく話をしてしまったら・・・・・・)

 

(ただの)(友達になってしまう)

(それが 嫌なのだ)

(ボクは深作彗にとって)(異物でありたいのだ)

 

(だから ボクは・・・・・・)(深作彗とは 口をきかない)

(彼女は)(ボクの特別な存在なのだ)

深作彗(6)

                                               という小学生の話なんですが、この後2人は何事もなく30代になって同窓会で再び顔を合わせることになります。小学生だった頃と雰囲気の変わらない深作彗の姿を見て興奮するボク(雨宮)果たして30年越しに二人の関係は変わるのか!?それは読んでのお楽しみです(^^)!

 

以上「ローカルワンダーランド」でした!2巻完結です。

「星屑ニーナ」の回はこちら→30号とコミックス➂