タグ別アーカイブ: 世界観◎

好きなゲームミュージックその177

「Deus Ex Machina」(ZX Spectrum)

1984年Automata UKより発売のアクションゲーム。

まさかの”ZX Spectrum”からのご紹介です( *´艸`)知ってますこのゲーム機?1982年にシンクレア・リサーチ社が英国で発売した、8ビットホームコンピューターだそうです↓

黒地に虹色?のアクセントがあしらわれたキーボードのようですが、これにテレビとカセットテープレコーダーを繋げてゲームが出来るそうですw何故カセットテープレコーダーが必要なのかというと、本機はファミコンでいうカセットがテープなんだそうです(;’∀’)まさかテープでゲームが出来るなんて驚きですよね。データのセーブやロードをするのもこれが必要なんだそうですが、色々なプレイ動画を視てみたところかなり読み込み時間がかかるようです。しかもそのゲーム内容ときたらしょぼいのなんの凄くシンプルな作品だらけで驚かされます。ファミコンというよりは初期PCゲーをイメージしてもらうと分かるかもしれませんが、画も素っ気なければ音も素っ気ないです。しかもこれが今現在に至るまで変わらないという事実!

そうなんです。知って驚かされたんですが、このZX Spectrumという機種はバージョンアップしつつ今でもソフトが出てる現行マシンなんだそうです!ファミコンの約1年前に出されたハードが今でも活動してるって凄くないですか!?さらに驚かされたのがそのソフト量なんですが、なんとその数2万タイトル以上!!?どうなってるんだこいつぁヽ(^o^)丿ファミコンソフトを全部所有してるなんて人はたまに聞きますが、この数はさすがにコンプ出来そうになさそうですwwというかなんでこんなにしょぼいシンプルなゲームがこれほど人気があるのか謎すぎますw英国の人はファミコンやったことないのかな(^-^;面白いですよ?

さてそんな疑問だらけの前置きでしたが、上記の通り今回一度きりの紹介となりそうです。何しろBGMがありませんwSEですらあればラッキーといった感じです。なのでまさか曲が付いている本作「Deus Ex Machina」を見つけた時は怖くなりましたwあれ幻聴かな?と思ったほどです。何しろかなりしっかりした歌声まで入っているんですから!ナレーションに曲に歌付きと、信じられない程色々と詰め込まれています。キャストには有名な人たちを使っているそうで、例えばその中にイアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズのボーカルIan Dury(ジャンル的にはパブロックとかノーウェイブ?)なんかがいるのですが、その歌声も本作で堪能出来ちゃいます♪

そうそうタイトルの”デウス・エクス・マキナ”ですが、”機械仕掛けの神”という意味で元々はギリシャの演劇で使われていた技法(強引に結末へ繋げる技)だそうです。本作では機械で形成された命の成長を描く内容となっているのですが、なんでもシェイクスピアの「The Seven Ages of Man」という詩を基に作られたみたいですね。人生の諸段階(赤子から老人になるまで)をテーマにした作品らしく、ゲームの方も赤子から成長していく過程が描かれていきます。さてそれでは肝心のBGMに参りましょうかね、曲は本作の発売会社を設立した本人でもあるMel Croucherという方が担当しています。これが凄いですよ!一言では語れない摩訶不思議なサウンドとなっております。今回は全編通してのBGMなのでオールプレイ動画のリンクを貼っておきますね→https://youtu.be/fCikVJJ1qAc

これは間違いなく良ゲーですね(^^)これほどのセンスあるゲームはそうないと思います。かなりマニアックだと思うけど見つけられて良かった!

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその177「Deus Ex Machina」でした!長文疲れたよパトラッシュ・・・(-_-)zzz

好きなゲームミュージックその151&152

「Rad RacerⅡ」(Nes)

1990年SQUAREより発売のレースゲーム。

ファミコンソフト「ハイウェイスター」(87年)の続編です。

何故か続編はファミコンでは発売されてないようで、Nesでしかプレイできないようです。BGMはFFでお馴染みの植松さん!曲数は少ないですがやはりいい曲作ってますよ(^^)それではどうぞ!

FFⅢも同年に発売されているんですが、やはり音色が似ていますね♪

 

お次です。

「Silver Surfer」(Nes)

1990年Arcadia Systemesより発売のシューティングゲーム。

シルバーサーファーキターーーーーーヽ(^o^)丿

はい、ファミコンの音じゃないでお馴染みの名物ソフトですwBGMを担当しているのは8Bitなのにスーパーサウンドでお馴染みのTim Follin&Geoff Follinのフォリン兄弟。本作はこの兄弟の作曲作品中、恐らく名曲TOP3に上げる人が多いであろう人気作です。ゲームとしてはかなりアレなためクソゲー認定を受けているのが残念ですが、もうここは開き直って”いかに長く死なずに音を聴けるかゲーム”ということにしてみたらいいのではないでしょうか?その方がきっと新しい何かが見えてくるのではないか、そうだそうしよう、そう思う2017年今日この頃です。

因みに本作「Silver Surfer」ですが、アメコミのヒーローということくらいは知ってる方もいるかもしれませんが、どんな内容の作品なのか知らない人は結構いると思います。これシナリオ意外に面白いんですよ、以前にも紹介したことがあるのですが、また改めて簡単に説明してみたいと思います。

ストーリー:高度に発達した科学文明を持ったデネブ星系の惑星ゼン・ラで生まれたノリンは、優秀な天文学者であった。ゼン・ラは文明が高度すぎるが故に暴力を忘れ、その平和を享受していたが、ノリンはその刺激のない世界に退屈し、内心では心を震わすような冒険を求めていた。

そんなとき、宇宙を彷徨い星を食らう破壊神ギャラクタスがゼン・ラに目をつけた。ゼン・ラの科学力を結集してギャラクタス撃退を試みたが、ギャラクタスの圧倒的な力に傷一つつけられない。その絶望的な状況の中、ノリンは手製のロケットで単身ギャラクタスの母船に乗り込み、母星を見逃してくれるよう懇願した。

ギャラクタスはその代償としてノリンにある条件を突きつけた。それは、ノリン自身がギャラクタスの食料となる星を見つけるための下僕になることであった。その条件を受け入れたノリンは、ギャラクタスのコズミックパワーを与えられ全身銀色に輝くヘラルド(使者、先触れ)、シルバーサーファーとなった。そして、シルバーサーファーとして宇宙を飛び回り、幾つもの星を見つけギャラクタスに捧げ続け、シルバーサーファーの来訪そのものが宇宙的災害である「惑星を貪り食らうもの(コズミック・ディバウラー)ギャラクタスの来訪を予告する者」とまで言われるようになっていた。(Wiki参照)

惑星ゼン・ラで吹きそうになりましたか?大丈夫です私もですよ!それにしてもこの内容、どうみてもヒーローとはむしろ逆をいく流れだと思うのですが、興味深い箇所がいくつかあります。まず平和に飽き飽きしているところから始まるとこwこんなパンクなヒーローいますかね?w破壊神ギャラクタスを倒さないで、懇願して助けを乞うってのもヒーローらしさ0ですしwその上、破壊神に取り込まれて下僕となって多くの惑星を破壊していくわけですから、もう完全にダークヒーローですwwww

一応この先から少しづつヒーローっぽくはなっていくんですけど、超簡単に説明するとこんな感じになっていきます↓

ある地球の人にやめて下さいと言われる→確かに!と思い反旗を翻す→破壊神の所有物である超兵器をちょろまかす→破壊神から返してくださいと言われる→地球から手を引くならいいよと言う→なんやかやあってヒーロー地球の大気圏外に閉じ込められる→出る→破壊神のおきにの娘を助ける→和気あいあい一件落着!

どうですか?逆にこの作品気になってきませんか?

さてストーリーもばっちり修めたことですし、肝心のBGMに参りましょう。本作も収録曲が少ないですがどれも良いのでサントラ全曲を載せておきます。それではどうぞ!

何度聴いてもファミコンの音には聴こえないwこれで拡張音源使ってないとか謎でしかないんだよなあ(^-^;

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその151「Rad RacerⅡ」その152「Silver Surfer」でした!Nesオリジナルソフトの中だと、シルバーサーファーはTop3に入る名曲だと思います。

好きなゲームミュージックその145&146

「Indiana Jones and the Last Crusade」 (NES)

1991年タイトーより発売のアクションゲーム。

ご存知インディージョーンズのゲームです。日本でも映画放送ちょくちょくされたりしてるので知名度があると思うのですが、確かこのシリーズはファミコンでは出てないんですよね。GBやSFCなんかでは出てますけど、Nesでは本作と88年にもシリーズ作が出てます。さてBGMですがいよいよあの方が登場です。曲担当はTim Follin&Geoff Follinのフォリン兄弟!一曲目で「あっキタっ」て思えるほどの重厚サウンドを奏でておりますwそれではステージ1をお楽しみください!

前作は全く関わってないので、BGMの質が違い過ぎて完全な別ゲーのようですwフォリン兄弟が絡んでるのは後期の”the Last Crusade”の方なのでお間違いなく(^^)

 

さてお次です。

「Kick Master」(Nes)

1992年タイトーより発売のアクションゲーム。

開発はKIDで、物語的にはむちゃんこ強い魔法使いが城を強襲→姫をお持ち帰り→それはゆるせませんねえと立ち上がる一人の武道家→お前ごとき蹴りだけで滅ぼしてくれるわ!→魔法使い討伐に向かう。以上の流れになっております。しかしこのゲーム何故に日本で発売されなかったのかと思うほど面白そうなゲームです。タイトル通りキックだけで突き進んでいくのですが、レベルに応じて色々な足技が増えてバリエーションが増えていきます。海外でも一部では評価されてはいたものの、当時はかなりマイナーなソフトだったらしいのですが、これだけのゲームが埋もれていたのはちょっと驚きですね。何しろアクションだけでなくBGMもズバ抜けて良いんですから!

本作のBGMを担当しているのは「G.I.Joe Atlantis Factor」(Nes)でお馴染みの塩田信之&高濱祐輔さんのコンビです。ファミコンソフトを合わせても、これだけの名曲が揃ってるソフトはそうないんじゃないかなと思います。さっきのティム・フォリンも凄いんだけど、このコンビやはりヤバいです!!そういうことなので全曲リンクを貼っておきますね。→https://youtu.be/NB13b6yXkSI

ステージ1の”The Witches’Forest”からハイテンション!もう凄いでしょこれwwこの後も全部名曲ばかりなんだからたまりませんねこりゃ(´▽`*)Nesができる環境ならまずやってみたいソフトです。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその145「Indiana Jones and The Last Crusade」その146「Kick Master」でした!サントラがないようですが意味がわかりませんね(;’∀’)これ絶対売れるよ?