タグ別アーカイブ: 日常コメディ

もうすぐ総記事数1000いくからまとめ更新するよ(2)

ということで引き続きまとめ更新してみたいと思います。

今回はマンガタグ(単行本)の人気記事を抜粋してみようと思うんですが、なかなか面白い結果になってるようですよ(^^)それでは早速いってみましょう!

第一位「ベアゲルター」

圧倒的に閲覧数が高かった作品!このブログを始めていわゆるバズった初の記事かもしれません。ブログをやってない人の為に一応書いておくと、バズとは今まで10人くらいしか訪問者がいなかったのがどっかしらで紹介されて(リンクされたりして)いきなり何十倍何百倍と極端に訪問者が増えるというものです。こういう弱小ブログでも何年か続けることでこんな経験も出来るんですよw昔に比べると落ち着きましたが、今でも検索されて見に来られる方は多いようです。続巻まで紹介している作品はこれくらいじゃないかな(^-^;単行本は現在3巻まで発売中です。その時の記事はこちら→ベアゲルター

第二位「日常」

正確に言うと単行本の1巻を紹介したものではなく、アニメ放送終了後に続きが気になって9巻を買ったという記事です。このブログを始めた当初めちゃめちゃハマっていた作品なので、人気記事になってるのは正直嬉しいですね(^^)おそらく成長したはかせを見に訪れた人が多いんじゃないかと思います。あとブログ的な面から見るとタイトルに”はかせ”が入ってるのも大きいのかなとw一つ心残りとしては10巻購入記事を書くの忘れてたことかな。因みに現在「日常」作者のあらゐさんは新作「CITY」を描いてますよ↓過去記事はこちら→日常

第三位「狼の口~ヴォルフスムント」

去年の冬に8巻でついに完結した「狼の口」です!記事的には憎いあんちくしょうヴォルフラムにお仕置きした時のが人気のようです。たぶんあの画が好評なんだろうなwあまりメディアで取り上げられることが少なかったような気もしますが、個人的にもの凄い衝撃を受けてハマった作品なので、もっと多くの人に知ってもらいたいですね。最近知ったのですが、作者の久慈さんは「ベルセルク」作者の三浦さんの元でアシスタントをやっていたんだとか!ということでベルセルクファンもご一読をどうぞ(^^)/因みに30号はベルセルク全巻読んでますよw過去記事はこちら→狼の口

第四位「天空の扉」

記事にしてからだいぶ経った後に、急に閲覧数がグンと上がってきた「天空の扉」です。何がどうなって上がったのか不明ですが、数ある紹介マンガの内マイナー作品で第四位は正直驚きですwブログをやってると分かるんだけどエロ系(画像にしてもワードにしても)って強いんですよね、でもよくよく考えるとそんなにエロ要素は盛り込んだ覚えがないので、単純に作品が面白そうってことだったのかもしれません。そうこの作品エロ要素は強いんですけど、シナリオが凄いしっかりしてるんです!なんていうか昔のエロゲみたいな内容のある・・分かりますかね(^^)?現在9巻まで発売中です。過去記事はこちら→天空の扉(2)

第五位「コマゴマ」

少年アシベの再放送もあってか、意外に伸びた「コマゴマ」です。だいぶ前の作品なのでそこまで閲覧数が増えると思ってなかったんですけど、やはりゴマキュンは今でも人気のようですねwあとは続編があるってことを知らなかった人が多いってのもあるかもしれません。因みに最近公式のTwitterが出来たらしく、アシベの友達ゆうまが呟いているようなのでファンは要チェキです!「少年アシベ」の第二期も今日から(4月4日)始まるってよ!Eテレ火曜6時45分お見逃しなく(*^^)v過去記事はこちら→コマゴマ

 

という感じで訪問者の多かったコミックベスト5のまとめ更新でした!次回はゲームタグの方にいってみたいと思います。それではまた次回お会い致しましょう!

次→もうすぐ1000記事だからまとめ更新です(3)

楽園掲載作品を読む

「楽園」掲載作品けっこう読んでます。

「楽園」は以前コミック雑誌旅をしていた時に見つけた季刊誌なのですが、(その時の記事はこちら→楽園

あれ以来けっこう単行本買っています。よく考えてみると、読んできた雑誌の中でも個人的に好みがだいぶ合った雑誌なのかもしれません。年に数回しか出てないし、一般的知名度からいったらほとんど知らない人が多いと思うのですが、掲載作品の魅力度が半端ないんですよ。好みから言うと30号は「Fellows!」(現ハルタ)なんかも好きなコミック雑誌なんですが、「楽園」も同じくらい魅力のある作品が掲載されていると思います。

DSCF0532

因みに最近読んだ「楽園」系コミックはこちら↑「おはよう楽園くん(仮)」(中村明日美子)は、メガネ男子系密着漫画w本誌のマスコットキャラだそうです。「駄目な石」(平方イコルスン)は、日常系シュールショート漫画。個人的にも誌面で読んだ時からめちゃめちゃ気になっていた作品だったのですが、単行本で読んで確信しました。これ面白いですw帯にあるように独特なセリフ回しが癖になります。たぶんハマる人はとことんハマるんじゃないかな、こんな感じなんですけど↓

DSCF0537

DSCF0540

この独特な感じって他にないんじゃないかな?正直初めはコマも小さいし文字も小さいので読みにくいなあと思ってたんだけど、なんかこれに段々慣れてきましたwむしろ好きになりますよこれ。他作品もいくつか出てるのでこれから読んでいこうと思います。

 

ということで、「楽園」系漫画を読もうぜの回でした!因みに今日「蒼の六郷」(あさりよしとお)を読むつもりです(^^)

  

コミックキューン(2)

コミックキューン後半戦です。

まずはこちら!

友達つくってから死ぬべきです

「友達つくってから死ぬべきです」(あんねこ)

ぼっち少女と見習い死神のスラップスティックコメディ!初めて友達が出来たと思ったら死神でした。死神なので鎌で襲ってきます。

友達つくってから死ぬべきです(2)

友達つくってから死ぬべきです(3)

友達つくってから死ぬべきです(4)

友達つくってから死ぬべきです(5)

お腹が痛いのだからしょうがない!

仕事むいてないっ!

嫌いじゃないw

 

さてお次です。

よんぴく

「よんぴく」(白森さわ)

本編はPixivで連載中の「ぴくし部」こっちは番外編のようですが、今号で最終回のようです。全く絵を描かないぴくし部・本編の方が気になります^^

よんぴく(2)

さてお次でラストです。

今回読んだ中で個人的に一番面白かった作品がこちら↓

白線以外全部海っ

「白線以外全部海っ~しかもサメうようよ!!」(だみぃ)

第14回MFコミック大賞キューン部門期待賞受賞作品。タイトル通りの作品です。どうしてこうなったww

白線以外全部海っ(2)

タイトルを並々超えてくるストーリー!!

もう歩く場所がないっwww

白線以外全部海っ(3)

見つかるww

白線以外全部海っ(4)

 

白線以外全部海っ(5)

白線の上ではプロでした。

果たしてこの4人組は無事学校にたどり着けるのでしょうか!?それは読んでのお楽しみ^^単行本で読みたいです!

 

ということで、これで以上。

どうでしたでしょうか?読む前に軽くこの雑誌のレビューなんかも見てたんですが、あんまり良くない印象が多かったので、個人的には意外でした。確かに焼き増し的な作品も見受けられるけど、中々面白い作品もあると思います。全体的には”きらら”っぽい感じだと思うので”きらら”系統が好きな人は一読してハマる作品が出てくるかも。そんなこんなで、久しぶりのコミック雑誌の旅「コミックキューン」の回でした!