タグ別アーカイブ: 暴力

もうすぐ総記事数1000いくからまとめ更新するよ(2)

ということで引き続きまとめ更新してみたいと思います。

今回はマンガタグ(単行本)の人気記事を抜粋してみようと思うんですが、なかなか面白い結果になってるようですよ(^^)それでは早速いってみましょう!

第一位「ベアゲルター」

圧倒的に閲覧数が高かった作品!このブログを始めていわゆるバズった初の記事かもしれません。ブログをやってない人の為に一応書いておくと、バズとは今まで10人くらいしか訪問者がいなかったのがどっかしらで紹介されて(リンクされたりして)いきなり何十倍何百倍と極端に訪問者が増えるというものです。こういう弱小ブログでも何年か続けることでこんな経験も出来るんですよw昔に比べると落ち着きましたが、今でも検索されて見に来られる方は多いようです。続巻まで紹介している作品はこれくらいじゃないかな(^-^;単行本は現在3巻まで発売中です。その時の記事はこちら→ベアゲルター

第二位「日常」

正確に言うと単行本の1巻を紹介したものではなく、アニメ放送終了後に続きが気になって9巻を買ったという記事です。このブログを始めた当初めちゃめちゃハマっていた作品なので、人気記事になってるのは正直嬉しいですね(^^)おそらく成長したはかせを見に訪れた人が多いんじゃないかと思います。あとブログ的な面から見るとタイトルに”はかせ”が入ってるのも大きいのかなとw一つ心残りとしては10巻購入記事を書くの忘れてたことかな。因みに現在「日常」作者のあらゐさんは新作「CITY」を描いてますよ↓過去記事はこちら→日常

第三位「狼の口~ヴォルフスムント」

去年の冬に8巻でついに完結した「狼の口」です!記事的には憎いあんちくしょうヴォルフラムにお仕置きした時のが人気のようです。たぶんあの画が好評なんだろうなwあまりメディアで取り上げられることが少なかったような気もしますが、個人的にもの凄い衝撃を受けてハマった作品なので、もっと多くの人に知ってもらいたいですね。最近知ったのですが、作者の久慈さんは「ベルセルク」作者の三浦さんの元でアシスタントをやっていたんだとか!ということでベルセルクファンもご一読をどうぞ(^^)/因みに30号はベルセルク全巻読んでますよw過去記事はこちら→狼の口

第四位「天空の扉」

記事にしてからだいぶ経った後に、急に閲覧数がグンと上がってきた「天空の扉」です。何がどうなって上がったのか不明ですが、数ある紹介マンガの内マイナー作品で第四位は正直驚きですwブログをやってると分かるんだけどエロ系(画像にしてもワードにしても)って強いんですよね、でもよくよく考えるとそんなにエロ要素は盛り込んだ覚えがないので、単純に作品が面白そうってことだったのかもしれません。そうこの作品エロ要素は強いんですけど、シナリオが凄いしっかりしてるんです!なんていうか昔のエロゲみたいな内容のある・・分かりますかね(^^)?現在9巻まで発売中です。過去記事はこちら→天空の扉(2)

第五位「コマゴマ」

少年アシベの再放送もあってか、意外に伸びた「コマゴマ」です。だいぶ前の作品なのでそこまで閲覧数が増えると思ってなかったんですけど、やはりゴマキュンは今でも人気のようですねwあとは続編があるってことを知らなかった人が多いってのもあるかもしれません。因みに最近公式のTwitterが出来たらしく、アシベの友達ゆうまが呟いているようなのでファンは要チェキです!「少年アシベ」の第二期も今日から(4月4日)始まるってよ!Eテレ火曜6時45分お見逃しなく(*^^)v過去記事はこちら→コマゴマ

 

という感じで訪問者の多かったコミックベスト5のまとめ更新でした!次回はゲームタグの方にいってみたいと思います。それではまた次回お会い致しましょう!

次→もうすぐ1000記事だからまとめ更新です(3)

好きなゲームミュージックその201

「凄ノ王伝説」(PCE)

1989年ハドソンより発売のRPGソフト。

全くの未情報で動画を視聴して、なんかキャラ配置が「デビルマン」ぽいなと思ったんですが、調べたらこの作品永井先生の漫画が元なんだそうな(^-^;元は79年に少年マガジンで連載が始まった「凄ノ王」という日本神話をモチーフとした超能力漫画だそうで、当時未完で終了したものが、96年に「凄ノ王 超完全完結版」という形でようやく幕を閉じたそうです↓

因みに「デビルマン」は72年に同じくマガジンで掲載されてたようですが、改めて作品一覧見てみるとホント永井作品は量が多いですねw知らない作品が結構あります。「ハレンチ学園」は知ってるけど「まぼろしパンティ」ってなんだろwゴロ良いなww

さて、寄り道してしまいましたが本題の「凄ノ王伝説」です。本作の内容ですが、どうもマガジンで連載していた「凄ノ王」の続きになるようです。一応マガジン版「凄ノ王」の物語序盤を載せておきますが、なんというかやはりバイオレンスです(^-^;

ストーリー序盤:耳宇(みう)高校1年生・朱紗真悟は、中学からの片思いだった美少女・雪代小百合に誘われるまま超能力クラブに入り、部長である美剣千草、彼女と対立する天才高校生・瓜生麗と知り合う。そんなある日、雪代に誘われるまま人気の無い裏山へ行った朱紗は、気付かずに両想いであった事を彼女から告げられ、“大学を卒業したら結婚して欲しい”と言われる。しかしその直後、二人の後を尾けていた耳宇高校の不良グループ・青沼達により、朱紗は瀕死の状態まで痛めつけられ、雪代は輪姦されてしまう。(Wiki参照)

この後、主人公の朱紗が超能力と暴力の巨人と化していくっていう物語なんですが、これ面白そうですね!漫画の方もいずれ読んでみたいと思います。さて肝心のBGMですが、曲を担当しているのはなんとファルコムの「ザナドゥⅡ」や「ロマンシア」でお馴染みの阿部隆人さんだそう!ほどよくジャジーでアンニュイなサウンドが心地良い♪どれも良いので全曲リンクを貼っておきますね→https://youtu.be/b9LmJ-SPSLA

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその201「凄ノ王伝説」でした!サントラは残念ながら出てないみたいですね。ヒューカードじゃなかったら直で聴けたのに(>_<)

地獄組の女

地獄組の女

「地獄組の女」(SABE)

2000年に発行された本作は、ヤングヒップという雑誌に掲載していた作品です。SABE作品の中でも人気の高い作品らしいのですが、確かに読んでみてコアなファンがいるのも納得できる不思議な魅力があると思いました。エロ&バイオレンスにどうしょうもない笑い、なんだかどことなく華倫変を想起させるところがあるのですが、女性の描き方やセリフなんかにもあの特有の感覚が宿っているような気がします。ということで、今回は簡単に本作「地獄組の女」を紹介してみたいと思います。上記の通りエロ&バイオレンスが強いのでそこらへんはカットを多用wそれではどうぞ!

 

物語の舞台は1995年、世界征服をもくろむ悪の秘密結社”地獄組”によってちょっとだけ混乱している日本。

地獄組の女(2)

親に注意されながらも夜遅くにフラフラする少女、星野まよみ(絵左)事は彼女が男とお楽しみ中に起きます。

地獄組の女(3)

地獄組の方々が来襲!男はあっさり殺され、まよみは束になって強引に陵辱されます。

地獄組の女(4)

次に彼女が目覚めたとき、そこは手術室のような場所で何故か彼女はバニーガールの姿に!

地獄組の女(5)

ドクター・ヘルという地獄組の科学者を名乗るその男は、わりかし軽めに改造したことを告げます。そして組長の元に連れていかれるまよみ。

地獄組の女(6)

キョトンとするまよみにドクター・ヘルから蹴りとともに一言。

ドクターヘル「口で奉仕して さしあげるんだよッ」

嫌がるまよみに、言うことを聞かないと体内に仕掛けた爆弾が爆発するぞと脅すドクヘル。まよみは否応なしに服従します。

(なんであたしが こんな目に・・・)(あわなきゃならないの!?)

地獄組の女(7)

帰宅したまよみを待っていたのは母親の罵声そして平手打ち!娘を思う母の気持ちありきのことですが、それに気づかず彼女は取り返しのつかないことをやってしまいます。

地獄組の女(8)

レーザービームで母親を殺めてしまったまよみ。頭からは煙が噴出しています。この後なんやかんやあって総理大臣抹殺の任務を与えられるのですが、その続きはコミックでどうぞ!

一応補足しておくと地獄組には敵対する勢力があって、この後、天国組という組織と戦うことになっていきます。

地獄組の女(9)

ハクい姉ちゃんに目がない地獄組の組長・・これは黙ってるわけがありませんね!それと忘れてましたが、シリアスな展開に急に挟まれるデフォルメキャラも見ものです↓

地獄組の女(10)

ということで以上。「地獄組の女」でした!因みにその他の作品も結構出てるので気になった方はこちらも要チェックです↓惜しむらくは作者のSABEさんが41才という若さで早逝されていることですね。

さべちん&串やきP

地獄組の女 1 (ワールドコミックススペシャル)

さべちん (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

串やきP 1 (MFコミックス)