タグ別アーカイブ: 歴史

もうすぐ総記事数1000いくからまとめ更新するよ(2)

ということで引き続きまとめ更新してみたいと思います。

今回はマンガタグ(単行本)の人気記事を抜粋してみようと思うんですが、なかなか面白い結果になってるようですよ(^^)それでは早速いってみましょう!

第一位「ベアゲルター」

圧倒的に閲覧数が高かった作品!このブログを始めていわゆるバズった初の記事かもしれません。ブログをやってない人の為に一応書いておくと、バズとは今まで10人くらいしか訪問者がいなかったのがどっかしらで紹介されて(リンクされたりして)いきなり何十倍何百倍と極端に訪問者が増えるというものです。こういう弱小ブログでも何年か続けることでこんな経験も出来るんですよw昔に比べると落ち着きましたが、今でも検索されて見に来られる方は多いようです。続巻まで紹介している作品はこれくらいじゃないかな(^-^;単行本は現在3巻まで発売中です。その時の記事はこちら→ベアゲルター

第二位「日常」

正確に言うと単行本の1巻を紹介したものではなく、アニメ放送終了後に続きが気になって9巻を買ったという記事です。このブログを始めた当初めちゃめちゃハマっていた作品なので、人気記事になってるのは正直嬉しいですね(^^)おそらく成長したはかせを見に訪れた人が多いんじゃないかと思います。あとブログ的な面から見るとタイトルに”はかせ”が入ってるのも大きいのかなとw一つ心残りとしては10巻購入記事を書くの忘れてたことかな。因みに現在「日常」作者のあらゐさんは新作「CITY」を描いてますよ↓過去記事はこちら→日常

第三位「狼の口~ヴォルフスムント」

去年の冬に8巻でついに完結した「狼の口」です!記事的には憎いあんちくしょうヴォルフラムにお仕置きした時のが人気のようです。たぶんあの画が好評なんだろうなwあまりメディアで取り上げられることが少なかったような気もしますが、個人的にもの凄い衝撃を受けてハマった作品なので、もっと多くの人に知ってもらいたいですね。最近知ったのですが、作者の久慈さんは「ベルセルク」作者の三浦さんの元でアシスタントをやっていたんだとか!ということでベルセルクファンもご一読をどうぞ(^^)/因みに30号はベルセルク全巻読んでますよw過去記事はこちら→狼の口

第四位「天空の扉」

記事にしてからだいぶ経った後に、急に閲覧数がグンと上がってきた「天空の扉」です。何がどうなって上がったのか不明ですが、数ある紹介マンガの内マイナー作品で第四位は正直驚きですwブログをやってると分かるんだけどエロ系(画像にしてもワードにしても)って強いんですよね、でもよくよく考えるとそんなにエロ要素は盛り込んだ覚えがないので、単純に作品が面白そうってことだったのかもしれません。そうこの作品エロ要素は強いんですけど、シナリオが凄いしっかりしてるんです!なんていうか昔のエロゲみたいな内容のある・・分かりますかね(^^)?現在9巻まで発売中です。過去記事はこちら→天空の扉(2)

第五位「コマゴマ」

少年アシベの再放送もあってか、意外に伸びた「コマゴマ」です。だいぶ前の作品なのでそこまで閲覧数が増えると思ってなかったんですけど、やはりゴマキュンは今でも人気のようですねwあとは続編があるってことを知らなかった人が多いってのもあるかもしれません。因みに最近公式のTwitterが出来たらしく、アシベの友達ゆうまが呟いているようなのでファンは要チェキです!「少年アシベ」の第二期も今日から(4月4日)始まるってよ!Eテレ火曜6時45分お見逃しなく(*^^)v過去記事はこちら→コマゴマ

 

という感じで訪問者の多かったコミックベスト5のまとめ更新でした!次回はゲームタグの方にいってみたいと思います。それではまた次回お会い致しましょう!

次→もうすぐ1000記事だからまとめ更新です(3)


ボケてみます33

人の世をボケてみますね。

あゆみゆくもの優先看板

 あゆみゆくもの・・人

 

雨風と戦う人々

 雨にも負けず風にも負けず

 

青信号で人を進ませる信号機

 時には立ち止まりながら、人は歩んでゆく。

 

どんなに困難な状況でも道を切り拓いていく人々

 例えどんなに困難な状況でも

 

乗り越えていく人々

 それを乗り越えてゆく強い力がある。

 

セーブポイントの教会

 しかし、時には壁が立ちはだかり、その歩みを止めざるを得ないこともあるだろう。だがそれは、大いなる道への一時の休息(セーブ)身体と心が癒えればまた歩み出すのだ。

 

お待ちくださいとお知らせする信号機のボタン

 人はその限られた時間の中で歩まねばならない。

 

理解あるおまわりさん

時に互いに協力し、理解し合いながら道をゆくのだ。

 

女子高生と電車

 よそ見をしている暇などない。私たちは、ただひたすらに前へと進まなければならないのだから。

 

ひたすらにどこまでも長く続く道

 その先に何があるのか?私たちはその事を知らない。何故歩まなければならないのか?私たちはその事も知らない。ただひたすらに進むのだ。道が続く限り、私たちはこの歩みを止めることはないだろう。社畜のように。

 

 

 

(終)

前回 


レイリ

レイリ

 「レイリ」(原作岩明均 漫画室井大資)

別冊少年チャンピオン掲載中の戦国漫画。

最近一番気になっていた漫画です。何といっても岩明均(寄生獣)室井大資(秋津)の合作ですからね!どっちも好きな自分としてはたまらないです。ということで、今回はそんな「レイリ」の第一話目を簡単に紹介してみたいと思います。それではどうぞ!

 

 

何のために?

 

何のために生きてるのかって?

 

 

DSCF0464 - コピー

 

 そして最後に殺されるためだよ!

 

天正7年(1579年)

 

DSCF0466 - コピー

 賭け試合をする雑兵たち。

 

DSCF0470 - コピー

 この中では中々の腕っぷしで通る権蔵という男。戦場での手柄も数知れないというらしいのですが・・

 

DSCF0475 - コピー

 周りから勝ち逃げは許さないぞと言われ罵倒されます。しかしこの中で一番になった彼が誰を相手にすればいいのか?

 

DSCF0479 - コピー

その相手とは彼女、本作の主人公レイリである。しかし、立ち合い試合をお願いする権蔵にやる気のなさを露呈するレイリ「ええ?・・・・・・めんどくさいよォ・・・・・・・・・」なんというかこの感じ両作者に特有のキャラであるw

 

DSCF0486 - コピー

しぶしぶ木刀を手にし承諾するレイリ。そして試合が始まります。

 

DSCF0487 - コピー

DSCF0490 - コピー

 試合開始の合図とともに圧倒的な刀さばきで立ち回るレイリ。

 

DSCF0498 - コピー

 それなりの猛者であったはずの男が、あっという間に虫の息です。そしてついに崩れ落ちる権蔵。もはや勝敗はついた・・はずなのですが

 

DSCF0501 - コピー

 レイリはそこからさらに殴打を続けます。凄まじい形相で打ち続ける彼女を見て唖然とする周りの人間たち。しかし、さすがにこれ以上はまずいとようやく二人の間に割って入り試合をやめさせます。

 

DSCF0508 - コピー

 と、ちょうどその時、主の岡部丹波守(おかべたんばのかみ)が、城へ戻ってきます。

 

DSCF0510 - コピー

 さっきの形相が嘘のようw基本的にレイリは、戦ってない時はどこにでもいそうな普通の女の子なんだと思います。

 

DSCF0513 - コピー

 レイリから篤く慕われているこの丹波守は、ここ小山城を守る武田家家臣であり歴戦の勇将です。そんな主ですが、帰ってきて早々にいきなりレイリにこう尋ねられます。

 

「丹波さま? もうそろそろ ・・・・・・・・・・・・ だめですか?」

「戦です!」「戦に・・・早くわたしを戦につれてってください!」

 

それに対して丹波守は、女子を戦につれてゆくことは出来ないと反対します。しかしそれに対して反論するレイリ。自分は強いんだ、この中で私に勝てるものはもういないんだと食い下がります。

 

DSCF0522 - コピー

 

「向かってくる敵なんか みんな殺してやる!!」

「使えますよ!? 私! 使ってください!!」

 

 

DSCF0524 - コピー

もはや早く死んでしまいたいんじゃないか?と思わせるような言動のレイリ。オープニングにもあった通り、戦いのその先に望むのは殺されることなのです。その理由は2話目で垣間見えるのですが・・それは読んでのお楽しみ。

 

はい。一話目を簡単に紹介してみました。完全に闇落ちしているレイリがこの後どうなっていくのか凄く気になりますね。個人的にはたまに入る室井さんの独特な間も楽しみですwということで以上。めちゃめちゃ続きが気になる「レイリ」の回でした!

(おまけ)カバー裏より:長篠の戦いから4年、暮れゆく武田帝国と勃興する織田軍団の血戦の荒野に少女の叫びが響き渡る!