タグ別アーカイブ: 癒し

ComaGoma‐コマゴマ

コマゴマ

「ComaGoma‐コマゴマ」(森下裕美)

「ヤングジャンプ」で2000年から掲載していた、ゴマフアザラシの赤ちゃん×少年の日常4コマコメディ作品。
この作品最近知りました!

前に「まんがタウン」読んだときに、久しぶりにゴマちゃん見かけて気になってたんですけど、あれは新作じゃなくて「少年あしべ」からの選り抜き再載だったようです。ですよねーと思いつつ正直残念な30号でしたが、その代り本作を知ることが出来ました。そうこの作品「ComaGoma」実は「少年あしべ」の続編なのです!これって意外に知らない人多そうじゃない?

いや、そもそも「少年あしべ」を知らない人もいると思うので簡単に説明しときましょう。「少年あしべ」は88年~94年に「ヤングジャンプ」で連載していたギャグ漫画で、小学1年生のあしべが、トラックから落ちてきた魚らしいやつ(後にゴマフアザラシの赤ちゃんと判明)を、食べるために家に持ち帰り、色々あった結果飼われるというお話で、全8巻コミックでも刊行されている人気作品です。

ヤンジャン掲載だったんですね、絵柄からすっかり「まんがタウン」掲載だと思ってました。でも30号がゴマちゃんを知ったのは、マンガではなくアニメからです。調べたら91年放映だそうなんですが、うーん夏休みとかに見てた覚えがあります・・完全なうろ覚えですが^^;好きで良く見ていたのは確かです。ゴマちゃんをここから知った人多いんじゃないでしょうか?

さて、そんな人気作の「少年あしべ」掲載終了後、およそ6年の空白期間を経て2000年から本作「ComaGoma」が始まります。舞台は前作から1年後、あしべは小学2年生になっています。それでは少し覗いて見ましょう。

ComaGoma(2)

ComaGoma(3)

凄く怒られていらっしゃるww

あしべって結構ゴマちゃんの扱いが粗いんだこれが^^

ComaGoma(4)

ComaGoma(5)

キュッ キューーッ(おれいらね)

やはり直がお好みのゴマちゃんである。

ComaGoma(6)

ComaGoma(7)

親友のスガオ君といる時は、ゴマちゃんを邪険にするアシベ。

対してアシベをスガオに取られまいと奔走するゴマちゃん(なにそれ可愛いw)

ComaGoma(8)

ComaGoma(9)

オリジナルwww二番wwwww

このゴマフやはりただ者ではないww

 

 

という感じで「少年あしべ」ワールド全開な続編になっております^^

1巻はほとんどアシベの家族や親せきと、親友のスガオ君だけしか出てこないんですが、個人的にその狭さが逆にツボでまったりと楽しめました。それにしても、今読んでも面白いもんですねw普遍的な感じがします。そういや最近ゴマちゃんのぬいぐるみ抱いて歩いてる子供を見かけたんですが、あれはUFOキャッチャーの景品だったのかな?今の子供も知ってるんでしょうかゴマきゅん・・親から教わったのか!?

 

以上。「ComaGoma‐コマゴマ」の回でした!

全6巻発売中!


ねこぐるい美奈子さん

ねこぐるい美奈子さん

「ねこぐるい美奈子さん」(青稀シン)

「となりのヤングジャンプ」掲載分&「著者HP」公開分掲載コミック。

前回読んだ「あねちゅう!」全巻読んだうえでの本作品です^^さて本作、タイトルは違うものの物語的には「あねちゅう!」3巻ラストからの続きとなっているのですが・・それではまず超概略からどうぞ。

 

(超概略)なんやかんや色々あったあと、美奈子さんは実家を出て一人暮らしを始めることにします。しかしその途上ある生き物に出会います。それはネコで・・(ネコにげてーすぐ逃げてーー!!!)

 

その愛を一身に注いできた弟なき今、抑圧され内部に充満するそれがどこへ向かうのか?それでは少し覗いて見ましょう。

 

ねこぐるい美奈子さん(2)

 

ねこぐるい美奈子さん(3)

 

美奈子「今日もひなたぼっこちてるの?」「そんな かわいい顔ちて」

「ん?」「ひなたぼっこちてるのぉ?」

 

(中略)甘えだすモエコ。

 

ねこぐるい美奈子さん(4)

 

美奈子「うおぉお・・・・・・」

「そ・・・そんなにキャワイク甘えられたらっ」「おっお姉ちゃん・・・っ お姉ちゃん・・・っ!」

 

ねこぐるい美奈子さん(5)

 

ねこぐるい美奈子さん(6)

 

美奈子「もももっ もうっ」

「そんなに お姉ちゃんを誘惑したらっっ」「そっそんなに 誘惑したらっ! あががっ

 

ねこぐるい美奈子さん(7)

 

ねこぐるい美奈子さん(8)

 

ねこぐるい美奈子さん(9)

 

美奈子「あぁぁ・・・・・・」

「今日も幸せ~~・・・」

 

ねこぐるい美奈子さん(10)

 

ということでね・・弟から猫に変わっただけというwww解決はしないwwwwwそういうお話となっとります!

うーむこのブレなさには脱帽です。まさか完全に同じ手法でくるとはwこれが4巻も続くんだからなぁww4巻読んでる自分が言うのもなんだけど、これなんだよwwwww

 

ということで以上「ねこぐるい美奈子さん」の回でした^^

因みに途中からネコがわも狂ってきます。手に負えません。普通の猫好きにはハードルが高すぎます。ねこ狂いを自称する方は是非どうぞ☆


今年の個人的可愛いかったで賞キャラベスト1

 

さーて2014年ももうすぐ終わり!

っということで今年読んだマンガの中から、個人的可愛かったで賞キャラベスト1を発表したいと思います。ええ・・はいベスト3ではないです^^ベスト3までやると決めるの大変なんです。それにベスト1は中でもとりわけ記憶に残ったキャラなんです!

ということで前口上が長くなりましたが、発表です。

今年1個人的可愛かったで賞は・・・

 

デレレレレレレレレレレレレ(いい感じの)

レレレレレレレレレレレレデーーン(ドラムロールの体)

 

「星屑ニーナ(3巻)」より

 ピッピ!!

星屑ニーナ3巻

両親によって何とか宇宙雷魚から命を救われたピッピ。

しかし不時着した宇宙船の外で見た光景は、元いた世界とは全く別の奇妙な世界であった。

星屑ニーナ3巻(2) 

 

泣き虫ピッピさんのご登場である^^

 

ピッピ「ママー」「パパー」

 

星屑ニーナ(3)

ママもパパもいない。お腹もすいたし涙も止まらない。

そんなピッピへさらに追い打ち。

星屑ニーナ3巻(4)

何がなんだか声も出ないピッピ。

とりあえず両手を上げますwかわええ(´▽`*)

星屑ニーナ3巻(5)

泣きっ面にカブトムシ。

大王と呼ばれ多くの兵を従えるこのカブトムシに捕まったピッピは、その居城へ連れられそこであることを知らされます。

それはここが地球であり、人間は既に絶滅しているという事実。

当然パパとママも・・それに気づいたピッピは。

星屑ニーナ3巻(6)

大地を震わさんとばかりに咆哮(大泣き)します^^;

さらに・・

星屑ニーナ3巻(7)

咆哮が止まらないwww

現地球を支配する大王もタジタジww

 

この後、大王の慈悲で追放されるピッピ。

しかしそこにも巨大な昆虫が待ちかまえ、今にもピッピを食さんとばかりに襲いかかってきます!

星屑ニーナ3巻(8)

意識を失ったピッピ。

次に気がつくとそこには先ほどの巨大昆虫の死骸と、紅茶とビスケット・・・そしてサソリ人間が!?

ピッピは寝ぼけまなこでサソリに「それちょうだい」と近づきます^^

すると・・

星屑ニーナ3巻(9)

イスを破壊し威嚇するサソリ。

キョトンとするピッピを無視し紅茶とビスケットに手を付け始めます。

星屑ニーナ3巻(10)

そして再び歩を進めるピッピ。

しかしまた同じようにイスを壊し威嚇してきます。

星屑ニーナ3巻(11) 

ここからピッピとサソリのちょっと良い話が始まりますが中略。

意を決したピッピがある行動に出ます!

星屑ニーナ3巻(12)

線は越えてないんだからね!と言わんばかりのドヤ行進ww

果たしてこのとんちがどのような結果をもたらすのか?それはコミックで続きをご覧ください^^ホントこのサソリとの出会い回好きです。

 

ということで、今年の個人的可愛かったで賞キャラベスト1位は「ピッピ」でした~!今まで「星屑ニーナ」自体は何回か紹介してたんだけど、意外にピッピをフィーチャーした記事がなかったので今回やってみました。

改めて読みなしてもピッピの可愛さに衰えるところありませんでしたよ^^

もうピッピの話だけで1作品作ってほしいぐらいですw

星屑ニーナ3巻(13) 

個人的超おススメSFファンタジー作品!