タグ別アーカイブ: 雑記

暇だしググるか(10)

暇だしググるかー!・・・あれこれ始まってる?あれ!?

 

(助手)「大丈夫です始まってますよ!お願いします。」

 

おっしれっと出てきたね~助手。いいよそのしれ具合!今後その具合次第でしれ賞あげちゃう。

 

(助手)「その話はまた後日。それで今回はどうしましょうか?恒例のブレインストーミングですが、もう何かお決まりですか?」

 

えーそんなん言われてももう決まってるわージャック・タチ決まってるわー

 

(助手)「ええ・・そうですか。ジャック・タチですか?うーん・・」

 

えっなに?お前ごときがタチるなみたいなそういうことですか?

 

(助手)「いえそういうわけではないんですけど、私もこの暇だしググるかシリーズ1から見てきてますけど、そういう感じではなかったような気がするんです。つまり・」

 

つまりどちらかと言えば舘ひろし でしょ!?

 

(助手)「はい・・どちらかと言えば。あっタチ繋がり!」

 

・・はぁ じゃあザンジバルでいいです。

 

(助手)「えっなんて言いました今?ざんじ・」

 

ザンジバル・・

 

(助手)「ザンジバルってあのガンダムのやつですか?えっ何でですか急に?タチどこいったんですか?」

 

いいの・・もうタチは殉職しました。

 

(助手)「形あるものみな滅ぶ・・ですか」

 

うおーい!え?そういうの出来る人なの君?いらんいらんwwもうこっちで面白いこと言って落としてるからwwなに被せてきてるのwまさかのタチ続き!コラーもうそんなん言うたらこっちも”立場”ないわコラーwwww

 

(助手)「・・ザンジバル検索しますね。」

 

お願いします。

 

(助手)「えーとまず上位にくるのは、地名ですね。アフリカ東海岸のインド洋上にあるザンジバル諸島の地域名のようです。で、はかせが気になってるのはこっちの方ですよね。ザンジバル級機動巡洋艦。ジオン公国軍所属の機動巡洋艦です。」

そうそう敵の方の艦なんだよね。いやガンダムの場合敵とかないか。

 

(助手)「結構いろいろ書かれてますね。宇宙空間だけでなく、大気圏内も巡航できるんだそうです。大気圏内外両用艦としてはジオン軍唯一の艦のようですよ。」

 

じゃあ凄いってことだね。

 

(助手)「凄いってことですね。」

 

メガ粒子砲も撃てるんでしょう?

 

(助手)「はい撃てます。でも艦によってだいぶ装備が変更されてるようですね。モビルスーツの搭載数が6機というのも諸説あるそうです。ただカタパルトデッキはないようですね。」

 

じゃあ「アムロいってきまーす」みたいな躍動感は出せないということか。

 

(助手)「いきまーすですよね?なんか学校行くみたいになっちゃってますよそれ。まぁ躍動感はないでしょうね自力発進のようですから。」

 

ふう~ん。何でMSカタパルト付けなかったんだろうね。

 

(助手)「それは設計者じゃないと分かりませんね。因みにあの黒い三連星も地球降下時にザンジバル載ってきたようですよ。」

 

おお~黒い三連星も御用達!あっドムなら自力発進でも格好良いねきっと。

 

(助手)「とまあこんなところですかね。必要であればサイズとかも言いましょう

か?」

 

いやもうお腹いっぱいなんで大丈夫です。おかげでファミコンのカプセル戦記でお世話になったのも思い出せました。

 

(助手)「そうですか?じゃあ今日はこの辺にしときましょうかね。どうですか久しぶりのググりでしたけど?」

 

うんまぁ・・いいんじゃないかな。また暇になったらやろう。

 

(助手)「いやそこは上手いことタチ絡みで終わらせるところでしょう。何やってるんですかはかせ。頭錆びついてるんですか?」

 

・・・そんなに罵倒されたらイタチになっちゃうぞ☆

 

(助手)「全然意味わかりませんしシュール逃げ許しませんよ。」

 

やだ何この子恐い。

 

 

(終)

 

ジャック・タチ:フランスの映画監督・俳優。コメディアン。
舘ひろし:だいたい刑事。


連休中に読んだ漫画

10連休も終わり5月病と格闘中の僕です。

どうも、どうもどうも。

ということでね、休みがあったらどっかふらふら旅している30号がですね、旅中に持ち歩いて読んでいた漫画を紹介してみたいと思いますよ。お付き合い願えますか?そうですね。それが良いと思います。じゃあ読みなよボーイ。

車窓より

旅する時は何故か海沿いに向かってしまう僕です。

まぁそれはともかく漫画いってみましょう。まずはこちら↓

岡崎に捧ぐ2巻

「岡崎に捧ぐ」2巻。

中学生になった2人がゲームに部活にファッションに、そして初恋・・そしてやはりゲーム!小学生とは一線を画した中学生ライフが描かれています。

岡崎に捧ぐ2巻(2)

この作品、未読の人は意外にゲームだけの話かと思ってるかもしれないけど、普通に日常コメディとして楽しめるんですよ。例えば中学生あるあるとか↓

岡崎に捧ぐ2巻(3)

二次性徴期におけるブラジャー問題発生!

何故ブラが必要なのか?あったとしてもベージュじゃだめなのか!?謎が謎を呼ぶ中学思春期。

1巻も面白かったけど、個人的に2巻の方がはじけてる気がします(^^)

 

さておつぎはこちら↓

足摺り水族館

「足摺り水族館」(panpanya)

あし・・ってなった人の為に一応書いとくけど、あしずりですよ。

いやー読もう読もうと思ってた一冊です。panpanya作品は不思議な雰囲気が良いんですよね。惹きこまれます。

足摺り水族館(2)

本作は収録作品のほとんどが、どこかをふらふら歩くというちょっと変わったお話なんですが、帯文にも書いてあるようにどこかで見たような風景、何となく既視感を覚える不思議に奇妙な世界が描かれています。

足摺り水族館(3)

なんという物語があるわけでもないんだけど、何もない中に心のどこかが満たされる何かがある・・そう。それが旅!忙しくてどこにもいけないって人や、一人旅をしたことがないって人には是非おススメの一作。きっと旅に出たくなることうけあいです。

さてラストです。

最後はこちら↓

誰でもないところからの眺め

「誰でもないところからの眺め」(いがらしみきお)

「I」以降の作品です。2015年発売、まさか出ていたとは知らなかった。というのも漫画雑誌で掲載されていたわけではなく、太田出版から出ているちょっと難しそうな雑誌”atプラス”で掲載していたそうです。30号はたまたま書店で見つけて入手出来たのですが、この作品結構知らない人多いんじゃないでしょうか。さて肝心の内容ですが舞台は2014年の宮城県、あの大震災真っただ中です。そんな現実的に起きた舞台を背景に描がかれていくのは「I」でも描かれていた””や”自分”といった哲学的なお話。

誰でもないところからの眺め(2)

細かくは書きませんが、「I」を読んで何かしら感じた人にはおススメです。著者のいがらしさん自身が、あとがきで「I」で描ききれなかった「わたし」の結末を描きたいというようなことが書いてあるので、ちょっとした続編の感覚でも読めるかもしれません。

どうでしたか?いい本読んでるでしょ!?

という感じで、連休中に読んだ漫画でした!旅先でも漫画読んじゃってごめんちゃい(^_-)-☆


久しぶりにロボットアニメを堪能

GW中に「銀河旋風ブライガー」を見た!

はいということでね、久しぶりに見ましたよロボットアニメ「銀河旋風ブライガー」っていうやつなんですけどね、MXテレビで今年から再放送しているようです。元は1981年にテレ東で放送されていたらしいんですが全く知りませんwそもそも今までこんなロボいたの知りませんでした。マイナーロボットアニメなのかな?でも一応シリーズ三部作続いているようで、あのスーパーロボット大戦にもちょいちょい出てくるらしいです。

内容的にはこんな感じらしいです→時は西暦2111年。人類は本格的な宇宙進出を遂げ、一見華やかな宇宙開発時代を迎えていた。しかし、惑星開発利権や腐敗した権力と結びついた巨大な犯罪組織が台頭、これら「コネクション」と総称される犯罪組織によって、力弱き人々は蹂躙されていた。そんなある日、隕石群アステロイドベルトの歓楽街・ウエストJ区9番地に4人の若者・かみそりアイザック、ブラスターキッド、飛ばし屋ボウィー、エンジェル・お町が集結。宇宙の始末屋「コズモレンジャーJ9」を結成する。J9は、巨大ロボット「ブライガー」を駆り、多額の報酬と引き換えに、のさばる悪を闇から闇へ葬り去ってゆく。やがて彼らは、犯罪組織「ヌビア・コネクション」の若き首領カーメン・カーメンと、その恐るべき野望「大アトゥーム計画」と対峙することとなる。(Wiki参照)

さて本題ですがこのロボットアニメ音楽がいかしてます。曲担当はタイムボカンシリーズを担当していた山本正之さんで、監督いわくロックにこだわった作品にしたかったようです。ということでOPがこちら↓

なんという胸熱!個人的にロボ的にはどうかと思う節もあるけど(多々)格好良いOPだと思います。やっぱロボットアニメはこうでなくっちゃね。でもOPもいいけどブライガーはEDも良いんです↓

心に沁みいる一曲です。マイナーロボットアニメっぽいからあんまり聴いたことある人少ないんじゃないかな?もったいない。

ということで、久しぶりにロボットアニメを堪能したGWでした!興味のある人はMXテレビで見れるので要チェキです!