タグ別アーカイブ: 青春

ローカルワンダーランド

ローカルワンダーランド

「ローカルワンダーランド」(福島聡)

ハルタ掲載の短編集です。あの「星屑ニーナ」の作者さんによる新作なんですが、これかなり評判が良いらしく気になっていました!個人的にも星屑ニーナはブログで何回も取り上げる程好きな作品だったので、こっちも楽しみにしていたのですが読んでニヤリ、やはり面白いです(^^)なので今回も簡単に紹介してみたいと思います。まず1巻目ですが、全6作品が収められています。タイトルは、

1、深作彗(ふかさくけい)2、突撃!RZ‐1 3、3030年 東京オリンピック 4、決断 5、エロチシズムの歴史 6、ローカルワンダーランド 2巻は、7、サンライズ出雲 8、精神論2015 9、ペットショップガール 10、ストレート・アヘッド 11、サルビアの蜜 12、もしも〇〇が✕✕だったら  最終話、夜明け前

1は、憧れていた同級生(小学)の女の子とのお話し。2、愛車RZ‐1の機嫌を損ねた輩を追い詰めるお話。3、3030年東京オリンピックのコスチュームデザインを決めるお話。4、殺し屋常滑(とこなめ)さんのお話。5、妄想に勝るエロは無しというお話。6、ある町に起きた事件(電線にマネキンが吊り下げられる)の犯人を突き止めるお話。7、浮気をしたら幽霊になったお話。8、キャンキシェイ(色即是空)のお話。9、売れ残りのペットを殺処分するお話。10、ナウシカを観て何も想わないってのはどうかしてるというお話。11、困っているとおっぱいを見せてくれる世界のお話。12、漫画家になるために思考を柔らかくするお話。最終話、毎晩ひとりで「どどどど」と叫ぶ馬鹿(愛すべき)のお話。

 

という感じのラインナップですがどれも独特な味があって面白いです。今回はこの中から1作目の「深作彗」をちょっと取り上げてみたいと思います。

深作彗(1)

深作彗(2)

深作彗(3)

深作彗(4)

(というワケで ボクは深作彗にあこがれていた)

(好きというのとは違う あこがれていたのだ)

 

(でもさ)

 

(ボクは深作彗とは口をきかなかった)

(なぜかって)

深作彗(5)

(深作彗は誰とでも話をする)(平等に なかよく 話をする)

(ボクが 深作彗と話をしないこと・・・・・・)

 

(もしボクが)(深作彗と なかよく話をしてしまったら・・・・・・)

 

(ただの)(友達になってしまう)

(それが 嫌なのだ)

(ボクは深作彗にとって)(異物でありたいのだ)

 

(だから ボクは・・・・・・)(深作彗とは 口をきかない)

(彼女は)(ボクの特別な存在なのだ)

深作彗(6)

                                               という小学生の話なんですが、この後2人は何事もなく30代になって同窓会で再び顔を合わせることになります。小学生だった頃と雰囲気の変わらない深作彗の姿を見て興奮するボク(雨宮)果たして30年越しに二人の関係は変わるのか!?それは読んでのお楽しみです(^^)!

 

以上「ローカルワンダーランド」でした!2巻完結です。

「星屑ニーナ」の回はこちら→30号とコミックス➂

 


R‐中学生

DSCF0361

「R‐中学生」(ゴトウユキコ)

2009年週刊ヤングマガジンで掲載の青春物語(フェチ)この作品が面白いらしいと聞いていたので、古本屋で探してようやく全三巻集めました。パッと見エロ本かな?と思うかもしれませんが、意外にいい青春作品ですwそれでは簡単にどんな作品か紹介してみたいと思います。

DSCF0365

 2年前

小学校6年の初秋であった

DSCF0368

 放課後清掃時(トイレ)にゴミ袋をクンカクンカする主人公の伊地知くん。彼はいわゆる”ニオイフェチ”で、その中でも特にクンカ度合が高まるのが女子の残した汚物であった。

DSCF0374

そんな特殊な性的志向の持ち主伊地知くんの友人たちはこんな方たち↓

DSCF0377

DSCF0378

 中二のハイテンションの酷さww当然女子からは白い目で見られています。でもこいつら最後まで読むとホント良い友達なんですよ。でもさすがにニオイフェチのことは友人にも話さない伊地知くん。そんな彼がある日とうとう作業中に見つかってしまいます。

DSCF0379

DSCF0382

 大声で逃げ出す女子を慌てて追いかける伊地知くん。腕をつかみ弁解を試みようとするのですが、そこで目についたのは女子の太ももをつたう赤黒い血!そうなるとなんやかやあって弁解はさておき・・

DSCF0383

 くれwwwww

もちろん結果は・・・

DSCF0390

おぞましいものを見る女子の図↑

はい当然くれるわけがありませんw

このあと彼は、このことを誰かにバラされるんじゃないかとビクビクしながら生活を送ることになるのですが、まさか一発逆転が起こるとはこの時誰も夢想だに出来ないのでした。まさか彼女と付き合うことになるとは(ナプキン付き)!?

 

という感じで、”終わった”のではなく物語はここから始まります。エロありバカありな中学生ドラマですが、初めにも書いたように意外に良い青春マンガで、最後の方は結構シリアスな展開もあったりギャグ漫画で終始する感じでもないです。個人的に絵も好きだしキャラが生き生きしていて凄く楽しめた1作でした。

以上久しぶりのヤンマガ作品「R‐中学生」でした!良いバカが読みたい人におススメです。


こたつで漫画2016

冬はコタツで漫画でしょ!

12月も半ば毎度のことですが、私はコタツに寝っ転がって漫画を読んでおります。

かくかくしかじか

東村アキコ作品「かくかくしかじか」一気に読み終えましたよ^^
~大賞受賞とか言われると途端に読みたくなくなる派代表の30号ですが、いやきっと大丈夫、東村作品なら必ずや面白いはず!そう思い内容もよく知らないままとりあえず1巻を購入しました。でね、これが面白いんだわやっぱりwwなかなかないねこれだけ集中して読ませる作品は、もう続きが読みたくなってしょうがないんですw

この作品は作者の自伝漫画なんだけど、漫画家になるまでの道のりが描かれています。主に高校時代に出会った絵の師匠(先生)との話なのですが、これがホントにドラマみたいで、いやドラマより面白いんですけどね(ドラマとか見ませんが)とにかくその世界に入り込んでしまう錯覚がするほど、凄く描けている作品なんです!

とりわけ宮崎の風景画はなんなんだろうねあれは・・ほんとその場に連れてかれたかのような不思議な気分にさせられます。こういうのはやっぱり絵が上手いってことなんだろうねきっと、いや全然ど素人だから分からんけどもさwアシスタントの人が描いてるのかもしれんけどもさww何にしろ絵で何かしら感じさせられるって凄いことだと思いました。

 

とまぁ最近はコタツで漫画を読んでいますよという雑談でしたが、

そういや最近また漫画のランキングが色々発表されてるみたいですね。ちょっと一部覗いて見ましたが、知らない漫画ばかりあって驚きました^^;新しいのが次々出てるんだなとwとりあえず30号は東村作品の新刊でも読もうかなと思っています。