タグ別アーカイブ: 4コマ漫画

コミックキューン(2)

コミックキューン後半戦です。

まずはこちら!

友達つくってから死ぬべきです

「友達つくってから死ぬべきです」(あんねこ)

ぼっち少女と見習い死神のスラップスティックコメディ!初めて友達が出来たと思ったら死神でした。死神なので鎌で襲ってきます。

友達つくってから死ぬべきです(2)

友達つくってから死ぬべきです(3)

友達つくってから死ぬべきです(4)

友達つくってから死ぬべきです(5)

お腹が痛いのだからしょうがない!

仕事むいてないっ!

嫌いじゃないw

 

さてお次です。

よんぴく

「よんぴく」(白森さわ)

本編はPixivで連載中の「ぴくし部」こっちは番外編のようですが、今号で最終回のようです。全く絵を描かないぴくし部・本編の方が気になります^^

よんぴく(2)

さてお次でラストです。

今回読んだ中で個人的に一番面白かった作品がこちら↓

白線以外全部海っ

「白線以外全部海っ~しかもサメうようよ!!」(だみぃ)

第14回MFコミック大賞キューン部門期待賞受賞作品。タイトル通りの作品です。どうしてこうなったww

白線以外全部海っ(2)

タイトルを並々超えてくるストーリー!!

もう歩く場所がないっwww

白線以外全部海っ(3)

見つかるww

白線以外全部海っ(4)

 

白線以外全部海っ(5)

白線の上ではプロでした。

果たしてこの4人組は無事学校にたどり着けるのでしょうか!?それは読んでのお楽しみ^^単行本で読みたいです!

 

ということで、これで以上。

どうでしたでしょうか?読む前に軽くこの雑誌のレビューなんかも見てたんですが、あんまり良くない印象が多かったので、個人的には意外でした。確かに焼き増し的な作品も見受けられるけど、中々面白い作品もあると思います。全体的には”きらら”っぽい感じだと思うので”きらら”系統が好きな人は一読してハマる作品が出てくるかも。そんなこんなで、久しぶりのコミック雑誌の旅「コミックキューン」の回でした!

 


コミックキューン

コミックキューン

「コミックキューン」(毎月27日発売)

2015年創刊の4コマ専門コミック雑誌。定価540円

キャッチコピーは”あなたのために作った、かわいい4コマ誌。”

ということで久しぶりにコミック雑誌を買いました^^「コミックキューン」っていうんですが、この雑誌は「コミックアライブ」の記念企画から生まれたそうです。去年創刊で表紙にTVアニメ化とある本誌、果たしてどんな感じの雑誌なんでしょうか?久しぶりにコミック雑誌の旅開幕です!いつも通り個人的に引っかかった作品のみをピックアップして簡単に紹介してみたいと思います。それではレッツきゅきゅーん!(全2回)

ぺたがーる

「ぺたがーる」(ひみつ)

全国の貧乳な子もらい泣き必至の「ひんぬーコメディ」!!

おっぱいが大嫌いと言いつつ実は興味津々の平野ひい(右)と偽パイを使って巨乳と見せかけているギャル板波(左)を中心とした学園4コマ漫画です。ネタとしては珍しくないかもしれないけど、この作品はほぼ胸だけに焦点を合わせています。結構マニアック?いやストイックか!?まぁそれはそうと、ひいちゃん可愛いからいいじゃない。

ぺたがーる(2)

ぺたがーる(3)

ズッ友(限定)

いずれアニメ化するんじゃないかな?面白いです。

 

さてお次です。

パンでPeace!

「パンでPeace!」(Emily)

キュートなふわふわパン4コマ!(2016アニメ化)

パン4コマって初めて聞きました^^かなりニッチですね。でもこの作品アニメ化してるのも頷けます。パンに特化してるのに・・面白いです。アニメの方も見てみようかな。

パンでPeace!(2) 

さてさてお次です。

だーがしゅか

「だーがしゅか」(甘露アメ)

ナターリア・カルサヴィナ(ナターシャ)ロシア生まれの14歳を中心とした駄菓子4コマです。ジャンル的には”だがしかし”なんかが最近人気のようですが、個人的にはこちらを推したいかも(^^)

だーがしゅか(2)

憧れの地日本へ留学してきたナターシャが、駄菓子を中心に様々な日本の文化に触れていくんだけど、まぁそれはともかく可愛いよナターシャ。

だーがしゅか(3)

ナターシャだけが可愛いかといえばそれは断じて否!ナターシャの下宿先の姉妹もまた良いんです!猫谷家三女の珠枝↑(苦労人ツンデレ)この作品はこれから人気出そうだなぁ。

という感じで前半戦は以上。後半戦に続きます!


ComaGoma‐コマゴマ

コマゴマ

「ComaGoma‐コマゴマ」(森下裕美)

「ヤングジャンプ」で2000年から掲載していた、ゴマフアザラシの赤ちゃん×少年の日常4コマコメディ作品。
この作品最近知りました!

前に「まんがタウン」読んだときに、久しぶりにゴマちゃん見かけて気になってたんですけど、あれは新作じゃなくて「少年あしべ」からの選り抜き再載だったようです。ですよねーと思いつつ正直残念な30号でしたが、その代り本作を知ることが出来ました。そうこの作品「ComaGoma」実は「少年あしべ」の続編なのです!これって意外に知らない人多そうじゃない?

いや、そもそも「少年あしべ」を知らない人もいると思うので簡単に説明しときましょう。「少年あしべ」は88年~94年に「ヤングジャンプ」で連載していたギャグ漫画で、小学1年生のあしべが、トラックから落ちてきた魚らしいやつ(後にゴマフアザラシの赤ちゃんと判明)を、食べるために家に持ち帰り、色々あった結果飼われるというお話で、全8巻コミックでも刊行されている人気作品です。

ヤンジャン掲載だったんですね、絵柄からすっかり「まんがタウン」掲載だと思ってました。でも30号がゴマちゃんを知ったのは、マンガではなくアニメからです。調べたら91年放映だそうなんですが、うーん夏休みとかに見てた覚えがあります・・完全なうろ覚えですが^^;好きで良く見ていたのは確かです。ゴマちゃんをここから知った人多いんじゃないでしょうか?

さて、そんな人気作の「少年あしべ」掲載終了後、およそ6年の空白期間を経て2000年から本作「ComaGoma」が始まります。舞台は前作から1年後、あしべは小学2年生になっています。それでは少し覗いて見ましょう。

ComaGoma(2)

ComaGoma(3)

凄く怒られていらっしゃるww

あしべって結構ゴマちゃんの扱いが粗いんだこれが^^

ComaGoma(4)

ComaGoma(5)

キュッ キューーッ(おれいらね)

やはり直がお好みのゴマちゃんである。

ComaGoma(6)

ComaGoma(7)

親友のスガオ君といる時は、ゴマちゃんを邪険にするアシベ。

対してアシベをスガオに取られまいと奔走するゴマちゃん(なにそれ可愛いw)

ComaGoma(8)

ComaGoma(9)

オリジナルwww二番wwwww

このゴマフやはりただ者ではないww

 

 

という感じで「少年あしべ」ワールド全開な続編になっております^^

1巻はほとんどアシベの家族や親せきと、親友のスガオ君だけしか出てこないんですが、個人的にその狭さが逆にツボでまったりと楽しめました。それにしても、今読んでも面白いもんですねw普遍的な感じがします。そういや最近ゴマちゃんのぬいぐるみ抱いて歩いてる子供を見かけたんですが、あれはUFOキャッチャーの景品だったのかな?今の子供も知ってるんでしょうかゴマきゅん・・親から教わったのか!?

 

以上。「ComaGoma‐コマゴマ」の回でした!

全6巻発売中!