タグ別アーカイブ: AC

好きなゲームミュージックその268

「マスターオブウェポン(Master Of Weapon)」(AC)

1989年タイトーより稼働の縦スクロールSTG。

「ダライアスⅡ」と同年に稼働しているシューティングゲーですが、恐らくダライアスの知名度に比べて全く知られていない作品だと思われます。自分はこの作品PSの「スペースインベーダー2000」のCD再生で知って、最近までゲームの内容自体は知りませんでしたが、簡単に言うとゼビウスタイプの対地対空ショットに、ゲージを貯めて使うオプションウェポンがあるオーソドックスなSTGといった感じです。気になるストーリーなんですがこれ調べても詳しいことが出てきませんね、WIKIにも書かれてませんでした。雰囲気的には核戦争後の話だと思うんですが、とりあえずオープニングで少し語られている言葉を上げておきたいと思います。

(SEVEN‐DAY NUCLEAR STORM BRINGS ON A BIG CHANGE ON THE EARTH.)

(THE EARTH CRACKS, THE SEA BOILS, AND THE LIVING THINGS CHANGE.)

(AND HUMAN IS NO EXCEPTION.)

(SEPTEMBER 11, 199X.)

(THE BOY IS FIGHTING. HE CONTINUES TO LIVE.)

世紀末に起きた核爆発後の世界に生きるユキヲ(主人公)の物語のようです。AKIRAのような世界観なんですかね?どうも話によるとクトゥルーが関係してくるらしいのですが・・

 

これ以上追うのはサン値だだ滑りなので肝心のBGMに参りましょう。それではサントラをどうぞ→https://youtu.be/V4XMS8J0VF8

一面のBGMがもの凄く印象的ですが、どの曲も普通にない面白い曲ばかりです。ボス戦で急に音数が少なくなる演出なんかゾワっとしますね。ミュージックコンポーズ&アレンジはエンディングクレジットよりHISAYOSHI・OGURA YACK・WATANABEのお二人。でもWIKIによると実際作曲した方は外注のピンチパンチさんという方らしいです。途中あたりでちょっと同社の「プリルラ」っぽい曲調だなあと思ったけど、あれはアレンジの渡辺さんの影響なんでしょうかね?

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその268「マスターオブウェポン」でした!タイトーの音楽を語る際には外注の作曲家も要チェックです。

好きなゲームミュージックその267

「ナイトストライカー」(AC)

1989年タイトーより稼働の3Dシューティングゲーム。

ようやくナイストの回にきました。このゲームはリアルタイムでプレイしたことはないものの、実際に専用筐体に乗って遊んだことのある作品です。アナログスティックを握りしめて近未来の飛ぶ車?を操作するゲームなのですが、実際にゲーセンに行って遊んだことを昔ブログに書いた覚えがあります。まさかここでまた取り上げることが来るとは思いませんでしたね、このゲーム一般的には有名じゃないマイナーゲーだと思うんですが、BGMがすこぶる良いんですよ。

内容的にはテロ組織に拉致され利用されている、レーザー工学の博士と娘を助けに向かう、国連特務機関特別行動隊「ナイトストライカー」といった感じなんですが、実際に使う自機の名前は”インターグレイXsi”という名称で高機動ホバー機のようです。路面も水面も空中も進める車なんて、2018年になっても出てきてませんが、作られるのは当分先の未来になるんでしょうね。さて肝心のBGMですが、今回は個人的に印象深いオープニングから一面クリア後までの音源をどうぞ!

オープニングから一気に加速していく雰囲気、激熱のボス戦からラウンドクリア後の流れ、これがカッコいいんだよね、完璧です。作曲はタイトーでお馴染みの音楽集団ZUNTATA、エンディングクレジットよりMAR.さん。高木正彦さんの変名だそうです。ナイストの曲はどれも秀逸なので興味のある方は全曲聴いてみて下さい。

ナイストサントラ→https://youtu.be/Wg3qb-eW_Is

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその267「ナイトストライカー」でした!サントラはいくつか出てますが、プレステやサターンのゲームでも普通にCDとして聴けます。

好きなゲームミュージックその266

「サイバリオン(SYVALION)」(AC)

1988年タイトーより稼働のアクションシューティングゲーム。

トラックボールって言うポインティングデバイスを操作して遊ぶゲームなんですが、何のことやらと思う方もおられると思いますので簡単に説明させてもらいますと、ビリヤードの玉みたいやつを手でこう上下左右にコロコロさせては止めては転がすそうゆう例のあれです。ゲームでこういうものを使うのは珍しいんじゃないでしょうかねえ?ちょっと考えても他のゲームがパッと浮かびません。内容的にはドラゴン型戦闘兵器”サイバリオン”を操作して、迷路を駆け抜け各ステージにいるボスを倒すというものなんですが、操作方法に加えゲーム自体もなかなか斬新な作品なんじゃないかなと思います。

因みにWIKIには詳しく書かれてませんが、物語もなんか面白そうなのでちょっと1面のストーリーを書いておきますとこんな感じです。

ストーリー:宇宙を航行中原因不明のエンジントラブルでゲルモスという名の怪惑星に不時着、船体は粉々になってしまった!!と、そこに一人瀕死の地球人が!!・・・「た、大変だ!!異星人が人類を抹殺するため・・・巨大な殺人メカを・・・」ついに彼は息絶えた・・・私は一人敵基地へ侵入!敵の秘密兵器、サイバリオンを奪取し、決戦を挑むことにしたのだ(地球の平和を乱すものは残らずたたけ!!)

という感じの始まりなんですが、金色の竜みたいな自機サイバリオンは元々は敵のモノだったんですね、こういう流れなんかの作品でもあったな・・まあいいけど人類敵兵器盗みすぎだろ!自前でやれ自前でwwとまあそれは置いといて一面ごとにこういうストーリーが流れるんですが、なかなか物語していて惹きこまれます。で、肝心のBGMですがこの作品実際にプレイしたことはないんですが、作品名と一部の曲だけは知っていたんですよね、というのもPSの「スペースインベーダー2000」に本作品のメインテーマ曲が収録されてるんです。それがめっちゃカッコいい曲なんですよね、なのでゲームを見て金の竜が動いていて驚きました、思ってた戦闘機とちげー!w

そんな驚きだらけの「サイバリオン」ですが、メインテーマ曲以外もどれも世界観を感じる惹きこまれる曲だらけです。今回はゲーム自体も気になる方もいると思うので両方リンクを貼っておきますね、それではご堪能下さい。

プレイ動画→https://youtu.be/ON5GebIlKok

サウンドトラック→https://youtu.be/PKasrvZCic0

音楽担当は小倉久佳、渡辺恭久さんら2名で有名どころだと「ダライアスⅡ」に両名とも関わっているようです。で、この作品スーパーファミコンにも移植されてるんですが、なんとそっちの方どういうわけかBGMがAC版と違っていて、サウンドプロデューサーにすぎやまこういち、作曲は「伝説のオウガバトル」に携わった松尾 早人さんという方が担当しているようです。こっちも聴いてみたんですが、オリジナルと全く違いゲームの世界観じゃない感じも少ししますが、これはこれで凄かったですw聴き比べて見ても面白いと思うのでこちらもリンクを貼っときますね、

スーファミ版サウンドトラック→https://youtu.be/G-MZNZrgaaU

 

ということで以上、好きなゲームミュージックその266「サイバリオン」でした!サントラはいくつか出ているようで、iTunesでもダウンロードできるようです。