タグ別アーカイブ: Nes

好きなゲームミュージック151~200タイトルまとめ

好きなゲームミュージック151~200タイトルまとめました。

NES続き↓

151&152、Rad RacerⅡ&Silver Surfer

153&154、Skate Or Die 2&Ski Or Die

155&156、Sky Shark&Target Renegade

157&158、Incredible Crash Dummies&The Lane Ranger

159&160&161、Treasure Master&Wolverine&StarTropicsII

ここからDISK↓

162、ゼルダの伝説

163&164、光神話 パルテナの鏡&スーパーボーイアラン

165&166、愛戦士ニコル&聖剣サイコカリバー 魔獣の森伝説

167&168&169、ファルシオン&ファミコングランプリ F1レース&バブルボブル

170&171、エキサイティングサッカー コナミカップ&ジャイラス

172&173&174、VS.エキサイトバイク&フェアリーテイル&ふぁみこんむかし話 遊遊記

175&176、ナイトムーブ&バックギャモン

次はZX Spectrum↓

177、Deus Ex Machina

ここからAC↓

178、Avalanche

179&180、ラッソ&サイキック5

181&182、P-47&伊賀忍術伝

183&184、プラスアルファ&サンダーストーム

185&186、スタジアムヒーロー&ゼロウィング

187、チューブパニック

188、テラクレスタ

189&190、コスモポリス ギャリバン&UFOロボ ダンガー

191&192、アームドF&クレイジークライマー2

193、戦え!ビッグファイター

194、スペースファイアバード

195、Do!Run Run(スーパーピエロ)

ここからPCE↓

196&197、パワーリーグ&プロテニス ワールドコート

198、はにいいんざすかい

199、究極タイガー

200、エナジー

 

以上。

101~150まとめ 201~247まとめ

 

好きなゲームミュージックその159&160&161

「Treasure Master」(Nes)

1991年American Softworksより発売のアクションゲーム。

いよいよ今記事でNes良BGMの旅も終わりですが、やはり最後に締めをするのはこの人が相応しいでしょう。本作のBGMはもはやNesサウンドを語る上で絶対に外せないTim Follin氏が担当しています!今までに紹介してきた氏の担当作品を並べてみると「ソルスティス」を始めとして「Kiwi Kraze」「Indiana Jones And The Lost Crusade」「Sky Shark」「Target: Renegade」「Silver Surfer」といった、オリジナル&アレンジを含めた作品群となっております。その中でも本作「トレジャーマスター」ですが、Nes後期の氏の作品ともあり今までの音の総括とも言える凄まじいサウンドに仕上がっています(^^)

「ソルスティス」や「シルバーサーファー」のアレンジかと思われるような曲も散見できたりするので、過去作で好きなBGMがある方は楽しめると思いますよ。それではそんなNes集大成BGMをどうぞ!

全曲良いのでこちらもどうぞ→トレジャーマスター全曲リンク

因みにこのゲームはミュージックビデオでお馴染みのMTVが賞金を掛けていた作品らしく、欧米では当時盛り上がっていたそうです。賞金がなかったらこんなゲームやらなかったとかいう話もちらほらあるようですがw

 

お次です。

「Wolverine」(Nes)

1991年LJN発売のアクションゲーム。

アメコミでお馴染みのウルバリンを主人公とした作品ですが、上記の「トレジャーマスター」がティムフォリン担当に対してこちらは兄のGeoff FollinがBGMを担当しています。紹介した中では「Incredible Crash」以来の兄単独作品ですね、いやこちらも凄い良いですw兄弟そろって締めに相応しいBGMだと思います(^^♪

さてラストです。

「StarTropicsII」(Nes)

1994年Nintendoより発売のアクションRPGソフト。

正式タイトルは「Zoda’s Revenge: StarTropics II」前作もNesで出てるのですが、内容的に簡単に説明すると、さらわれた考古学者の叔父を助ける主人公→その裏に潜む謎が気になってくる主人公→そういえば叔父さん潜水艦持ってましたよね?貸して。というもので続編はその謎の元となるゾーダという悪者を、今度こそ根絶やしにするぞというお話しになっているようです。海外ではゼルダっぽい作品として結構人気らしく、最近出たNesミニの北米版にも収録されてるようですよ(WiiUでも可)

それにしても任天堂がこんなソフトを出していたなんて知りませんでした(^^)検索してもほとんど日本では出てこないのでマイナーソフトなんでしょうけど、結構な大作ソフトにしては意外な気もします。ファミコン最後期っていうのも大きいのかな?さて本題のBGMですが、担当はT・KUMEGAWA&Y・HIRAIのお二人です。今回は知らない人も多そうなのでロングプレイ動画のリンクを貼っておきます→https://youtu.be/37q0VybbpFA

ということで以上。好きなゲームミュージックその159&160&161「Treasure Master」&「Wolverine」&「StarTropicsII」でした!さて次はどうするかな・・・需要無視で突き進んでいきますよ(=゚ω゚)ノ

好きなゲームミュージックその157&158

「Incredible Crash Dummies」(Nes)

1993年LJN発売のアクションゲーム。

開発はSoftware Creationsの本作ですが、毎回フォリン兄弟が曲を担当している中、これは兄のジェフ・フォリンのみのクレジット作となる珍しい一作です。聴いてみると弟もいるんじゃないかと思うようなサウンドなのですがwやはりこの兄弟はどちらも凄いということなのでしょうね(^^)しかしこのゲーム、タイトル全然聞いたことなかったのですが、90年代初頭に海外で発売されたアクションフィギュアが元となっているそうで、日本でも「クラッシュダミーズ」としてフィギュアが発売されていたそうです。

車の安全テストで使われるダミー人形が主人公の物語らしく、フィギュアの方はボタンを押すと体が爆発四散するそうですwゲームの方も敵にやられると体の部分が爆散するのですが、その想像以上のビジュアルに驚かずにはいられないでしょうwそれでは実際にプレイ動画でご確認をどうぞ。

因みにNesだけでなくスーファミなどでもソフトが出ているのですが、ゲームとしてもBGMとしても本作が一番出来が良いんじゃないかと思います。LJNという会社はクソゲー制作で有名らしいですが、本作は稀な例なのかもしれませんねw

 

さてお次です。

「The Lane Ranger」(Nes)

1991年Konamiより発売のアクションアドベンチャーゲーム。

この作品日本では全く知名度がないようですが、コナミの名作ゲーに入れるべき超オモローな1作です!自分も動画視聴するまで全く知らなかったのですが、元は1933年にアメリカで放送していた西部劇のラジオドラマだそうで、そこから派生してコミックやTVドラマにもなったりしている人気作のようです。作品は知らなくても、こんなセリフは聞いたことある人いるんじゃないでしょうか?「ハイヨー、シルバー!」「インディアン嘘つかない」そうなんですこの有名なセリフの元ネタは本作「ローン・レンジャー」で使われていた言葉だったのです(´゚д゚`)最近ではジョニー・デップ主演で映画(2013年)にもなっていたそうですが、いまいちタイトルが頭に入ってこないのは私だけでしょうか?

「鞍馬天狗」だったら、速攻頭に残るんですけどねwまぁそんな話は置いておいて内容の方ですが、簡単に言うと悪いものぶっ潰すマンです。原住民の子供とタッグを組んで悪者をとっちめるお話、それではその辺も踏まえてそろそろBGMの方へ参りましょう!今回はゲームとしてもレベルが高いのでロングバージョンのプレイ動画リンクを貼っておきます→ローンレンジャープレイ動画

後期コナミサウンドは言うまでもなく、ゲームがめちゃめちゃ面白そうです!初め横スクロールアクションなのかなと思ったら、急にガンアクションに様変わりしたり、どんだけバリエーションあるんだよ!と思うほど色んなものが詰め込まれてますw(敵を倒した金で武器を買ったり体力を回復したりとRPG要素すらも垣間見える)単なるアクションアドベンチャーゲームに収まりきらないボリューム感満載の本作、Nesができる環境だったら間違いなくやってみたいソフトです!

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその157&158「Incredible Crash Dummies」&「The Lane Ranger」でした!「ローンレンジャー」は個人的に好きな「マッドシティ」を軽く超えた気がしますwこれだけの作品が日本でマイナーなのはホント不思議でしょうがありませんね。