タグ別アーカイブ: RPG

最近買ったゲームサントラ

最近買ったゲームサントラ2選です。

今まで紹介してきたゲーム以外にも、紹介してない良いゲームサントラがあるんですが、今回はそんな中から二つ選んで軽く紹介してみたいと思います。まず一作目はこちら↓

まもるクンは呪われてしまった!サウンドトラック

「まもるクンは呪われてしまった!」(AC)

2008年グレフ、ガルチより稼働の呪われアクションシューティングゲーム、XBOX360やプレステ3にも移植された作品です。もう10年前くらいのゲームですが、個人的にこれを知ったのは最近のことでゲームより先にBGMで知りました。メロディを前面に押し出したとにかく音の質感が柔らかくて気持ちいいサウンドなのですが、往年のゲームBGMを聴いて育ってきた人なら、誰でもハッとすること間違いなしであろう曲ばかりです。ロマサガやイース、はたまた80年代のJPOPを彷彿とさせるようなミスティ・ブルーのような曲群、どれも激POPでハイテンションアゲアゲです。ゲームのプレイ動画も見たんですがこれ面白そうですね、いわゆる弾幕系シューティングなんですが「奇々怪界」のようなスクロール方式でアクション要素も感じます。ストーリー的には交通事故にあった主人公のまもるクンが、冥界の危機を救うために呪われた住人たちを救うという話のよう。今回はそんな”まものろ”の名曲「YO‐KAI Disco」をどうぞ。

作曲は安井洋介さんです。

 

さて最近買ったゲームサントラ2作品目です。

「THELEGEND OF LEGACY」(任天堂3DS)

レジェンドオブレガシーサウンドトラック

2015年3DSで発売のロールプレイングゲーム。

比較的最近の作品「レジェンドオブレガシー」ですが、3DSソフトということもあってあまり知ってる人はいないかもしれません。自分もこのゲーム全く知らなかったのですが、FF10BGMでお馴染みの浜渦正志さんの動向が気になって調べていたらこの作品にぶつかりました。3DSのサントラを買ったのはこれが初めてですが、これがめちゃめちゃ良かったです!同氏の作曲作「サガフロンティア2」「アンリミテッド:サガ」「FFX」「FFXⅢ」の流れを汲みながらもその進化系といった感じで、そんじょそこらの映画のサントラは言うまでもなく、もはやゲームミュージックのレベルを超えた何かになっています。一曲目のメインテーマから鳥肌物ですが、曲を追うごとに様々な音楽のジャンルをオーケストラにうまいこと落とし込んでいるのがわかります。これがゲームで聴けるって今さらながら凄いよなあと感じる次第、あっという間に世界観に飲み込まれますよ。

因みにゲーム的にはサガシリーズぽいなと思ってたら、この作品FFやサガシリーズの製作人が集まって作られた作品だそうです。残念ながらゲーム的には不満点が多いらしくあまり評判は良くないようですが、確かにプレイ動画を見る限りエンカウント率は高めだし、同じような敵とのバトルの繰り返しというイメージは否めません。絵の感じや世界観は良いだけにもったいない気がしますね、とはいえこの音楽これは一聴の価値ありですよ。二枚組の35曲入り大作アルバム是非ご堪能あれ!

 

という感じで最近買ったお気に入りのゲームサントラでした!

好きなゲームミュージックその242

ぽっぷるメイル」(PCE)

1994年NECホームエレクトロニクスより発売のアクションRPG。

元は91年にファルコムから発売された同名のPC用ゲームで、本作はそのアレンジ移植されたものだそうです。メガドラやスーファミにも移植されているらしいので人気タイトルなのかもしれませんね、個人的には名前だけは聞いたことある程度なので、詳しくは知りませんでした。

ゲーム的にはドラスレシリーズのような横スクロールアクションなんですが、動画を見た感じけっこう面白そうでした。カットインしてくるアニメーションなんかもいいですしね、まさに90年代といったドタバタ劇が楽しめると思います。ストーリー的にはエルフの賞金稼ぎメイルが、道中仲間になる魔導士のタットと怪獣ガウと共に超高額賞金首、魔導士マテリアル・ホルンをとっ捕まえるというもので、その後日談としてドラマCDとかも発売されているそうです。やっぱりコアなファンのいる作品なのかもしれませんね。

さて本題のBGMに参りましょう。オリジナル版作曲はFalcom Sound Team jdk、PCエンジン版はこれにアレンジ曲と新曲が追加されていて、新曲担当とアレンジ担当者がエンディングクレジットを見る限り、けっこうな人数で参加しているようです。なので今回は名前はカット、ただアレンジ&ギター担当に志倉千代丸とクレジットされていたのに、へえーと思いました。それでは収録曲1曲目をどうぞ!

こういう和み系の曲やイースっぽい激しめの曲もあったりしますが、どれもいい曲です。ただ例の如くハードごとに全部聴き比べてみたんですが、PC版良いですねwオリジナルが既に良いんですよ、さすがファルコムといったところです。なのでPC88版のサントラリンクも載せときます。興味のある方はこちらもどうぞ→https://youtu.be/M2b1LpS1YyQ

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその242「ぽっぷるメイル」でした!サントラはPC版を含め廃盤と思われるものがいくつか出ているようですが、アマゾンやiTunesでもダウンロード出来るようです。

好きなゲームミュージックその241

「超英雄伝説ダイナスティックヒーロー」(PCE)

1994年ハドソンから発売のアクションRPG。

91年にセガから発売された「ワンダーボーイⅤ モンスターワールドⅢ」(MD)のアレンジ移植だそうです。自分はどっちも知らない作品だったのですが、この作品の本元である「ワンダーボーイ モンスターランド」(AC)は知ってました。というのもこの作品「ビックリマンワールド」(PCE)の元ネタでもあるんですよね。自分はビックリマンから入ったので、まさか元ネタがあるとは当時知りませんでした。で、今作もまたビックリマンの時と同様に、ゲーム部分はそのままでキャラとストーリーだけ変更という形になった模様です。なんか大人の事情でもあるんでしょうかね(^^)?

一応「ビックリマンワールド」を知らない人の為に説明しておきますが、ゲームとしては横スクロールアクションで敵を倒してお金を拾いつつ、お店でアイテムを買いながら先へ進んでいく凄くシンプルなゲームとなっております。でもこれが面白いんですよねw当時クリアしたのにその後も何度もプレイしていた覚えがあります。シリーズもこれだけ出てることだし、やっぱり人気はあったんでしょうね。まあ自分はビックリマンワールド以降の作品は全く手に取る機会がなかったですが、まさかここまで続編が出てるなんて思いもしませんでした。

さてそんなマイナーなんだか人気があるんだか分からない本作「超英雄伝説ダイナスティックヒーロー」ですが、シリーズ通しても個人的に一番BGMが良いと思います。移植元の「ワンダーボーイⅤ モンスターワールドⅢ」も良いのですが、移植に当たって曲が差し替えられているみたいですね。因みに元作では坂本慎一さん(ワンダーボーイシリーズや個人的にはサイキック5や青いブリンクなどでお馴染み)が担当しています。で、本作なのですが、どうもBGMはSYN SOUND DESIGNという音楽会社が担当しているようです。

それでは全曲リンクをどうぞ→ダイナスティックヒーローサントラ

これってCDだから普通に聴けるんでしょうかね?聴けるんなら普通に欲しいレベルです♪

今回は元作の方もいいのでワンダーⅤの方もリンク載せておきます。気になる方は聴いてみて下さい→https://youtu.be/o5V5OsUM45Y

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその241「超英雄伝説ダイナスティックヒーロー」でした!久しぶりにビックリマンワールドやりたくなりました(^^)