タグ別アーカイブ: RPG

好きなゲームミュージックその236

天外魔境 風雲カブキ伝」(PCE)

1993年ハドソンより発売のロールプレイングゲーム。

PCエンジンのRPG作品といったらやはり天外シリーズを外すわけにはいきません!そんなわけでようやく登場の「天外魔境 風雲カブキ伝」ですが、これはシリーズ外伝扱いとなるらしく、2に登場したキャラクター・カブキ団十郎が主人公の作品です。シリーズの流れとしては、1作目「天外魔境 ZIRIA」2作目「天外魔境II 卍MARU」そして3作目が本作となるのですが、シリーズ通して架空の国”ジパング”を中心とした冒険活劇ものとなります。詳しくはこんな感じ↓

ストーリー:火の一族と根の一族との戦いが終結して1年後、火の勇者の1人カブキ団十郎は京の町で歌舞伎役者として人気を博していた。そんなある日、カブキの兄弟子であるオロチ丸から話があるから宿に来てくれという手紙が届いた。オロチ丸と再会したカブキはオロチ丸の話もろくに聞かず、その日貰った歌舞伎の出演料で宴会を始めだした。だが、宴会の最中、突然女たちが消え、町の西にある金閣寺が消えて不気味な建物が出現した。オロチ丸はカブキに大門教の仕業であることを教え、事情でこの事件を解決できない自分に代わりこの事件を解決してほしいとカブキに依頼する。カブキはオロチ丸の頼みを断りながらも、京の女たちを取り戻すためと称して大門教を倒す新たな戦いの旅に出るのであった。(Wiki参照)

このシリーズはレッドカンパニーという会社が(当時)開発をしていて、後に「サクラ大戦」の製作もすることになる広井王子氏が関わっています。なので声優陣を初めもの凄い布陣なのですが、それ以外のキャストもかなり豪華です。例えば1作目のいくつかの曲を坂本龍一氏が担当していたりとか、2作目でも久石譲氏が同じような曲担当で世界観を盛り上げています。そして本作「天外魔境 風雲カブキ伝」ですが、なんと「サクラ大戦」でお馴染みの田中公平さんが音楽を担当しています!つまり「サクラ大戦」以前に制作の広井さんと音楽の田中さんが関わっていた作品なんですよね、これはどうあがいても面白くないわけがありませんw

前2作も名作だとは思いますが、個人的に天外シリーズ初プレイ作品の本作ということもあり、多少の思い入れはあると思いますが、選ぶとしたらこれですね。でも改めてシリーズ通してBGMを聴いてみたんですが、好み的にもやっぱ風雲カブキ伝が好きです。サクラ大戦もそうだったけど、田中さんの曲ってどれも惹きこまれます。ということでこの辺で曲の方をどうぞ

https://youtu.be/XneO0Sdt_i8

ミュージカル調を取り入れてくる辺りかなり斬新ですよね、今でもこういう作品は珍しいんじゃないかと思います。キャラクター同士のやり取りが面白かったんだよな。

 

ということで以上。

好きなゲームミュージックその236「天外魔境 風雲カブキ伝」でした!このシリーズ以降はあんまり詳しくないけど面白いのかな?BGMも気になります。


好きなゲームミュージックその235

天使の詩Ⅱ 堕天使の選択」(PCE)

1993年日本テレネットより発売のロールプレイングゲーム。

はいということで、あっという間に93年入りましたよ。前回の紹介からここまでの作品にもまぁまぁのBGMはあったんですが、もう230以上もやってるとさすがに選別に厳しくなりますねwまぁそんなこんなでようやくランクインしたのがこちらの作品「天使の詩Ⅱ」です。この作品は以前にも紹介しているので詳しくはこちらを見てもらうとして→天使の詩&天使の詩2の記事

今回は簡単にまとめ紹介してみたいと思います。まずシリーズ1作目の「天使の詩」(てんしのうた)ですが、こちらは91年にPCエンジンで発売された、ケルト神話をモチーフとしたRPGです。個人的に日本テレネットといったらこの作品が浮かぶのですが、PCエンジンの作品をバーッと見てきて思ったのが、この会社結構色んな作品出してるんですね。でもあまり一般的に知られてる作品はなさそうです(ヴァリスシリーズがそこそこ有名?)個人的には今のところBGMでランクインしたのは「SUPER アルバトロス」ぐらいかな?そう考えるとやはり「天使の詩」は同社の代表作といってもいいのかもしれません(これもマイナーだとは思うけど)

さてそんな「天使の詩」ですが、91年に1作目、93年に2作目、そして一応その2作の完結編として、94年に3作目がスーファミで発売されています。でも3作目は・・あまり評判がよくないようですw個人的にも以前ちょっと動画を覗いて見たことがあるんですが、どうにもしっくりきませんでした。ここから入った人ですら微妙な感じらしいのに、前2作を知っている人なら、もってのほかでしょう。そんな事情もあり「3などない」というファンも多数いるであろうシリーズ最終作ですが、BGMだけは良いので興味のある方は曲だけでも聴いてみたらいいかと思います。因みに前2作は、なるけみちこさんが音楽を担当していて、最終作の音楽は桜庭 統さんが絡んでいるようです(スターオーシャンやテイルズシリーズでお馴染み)

さてさて、肝心のBGMですが、前回紹介した動画の後編を貼っときます。前半ともどもお楽しみください→https://youtu.be/uTtA4vmSFjU

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその235「天使の詩Ⅱ 堕天使の選択」でした!なんでも去年1,2作品ともPC用ゲームとして、有料で配信されたようです(プロジェクトEGG)。なのでプレイしてやんよ!という方はこちらもどうぞ。


好きなゲームミュージックその227

「ニュートピアⅡ(NEUTOPIAⅡ)」(PCE)

1991年ハドソンより発売のアクションRPG。

89年に発売された前作「ニュートピア」(PCE)の続編です。あのゼルダの伝説に強い影響を受けた作品らしく、そこかしこにゼルダオマージュを感じさせる一作、内容はこんな感じです↓

ストーリー:舞台となるのは勇者フレイの活躍で平和を取り戻したニュートピアの地で、1年前に突如迷宮が現れ再び魔物たちが徘徊を始めたところから物語は始まる。かつての悪魔が復活したとの噂をされている中、勇者フレイは事態の真相を探るため再び旅立って行った。しかし、それ以来彼からの便りはなく、その後姿を見たものは誰もいない。主人公はフレイの息子として異境の迷宮に消えた父を探し、闇に閉ざされた世界を救うために迷宮へ旅立つのだった。(Wiki参照)

前作の主人公の息子が活躍する内容です。ⅡはⅠの雰囲気を踏襲しつつ、さらにパワーアップして帰ってきたといった感じでしょうかね、ジャケ絵からして既に違いを感じさせるのですが、本作のキャラクターデザインを担当しているのは、なんと「機動戦士ガンダム」でお馴染みの安彦良和さんなんだとか!

ちょっと調べてみたんですが、PCエンジンの作品では「大魔界村」や「マイト&マジック」なんかのパッケージデザインも、安彦さんが担当しているようです。うーむやはり惹きつけられますね。

さて話を戻しまして「ニュートピアⅡ」ですが、当然BGMも良いです。1も良いんだけど個人的にはⅡが好き!音楽を担当しているのは以前紹介した「スーパースターソルジャー」でお馴染みの星恵太さんです。それでは全曲リンクをどうぞ→https://youtu.be/0UVjRfJQA3s

1,2作品ともWiiやPS3でプレイすることも出来るので、興味のある方はそちらでどうぞ。

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその227「ニュートピアⅡ」でした!これを機会に安彦良和さんの漫画を読んでいこうと思います(^^)/