タグ別アーカイブ: SFファンタジー

好きなゲームミュージックその244

「機装ルーガⅡ」(PCE)

1995年NECホームエレクトロニクスより発売の戦略シミュレーションゲーム。

はい、95年入りましたよ!もう少しでPCエンジンの旅も終わりそうです。しかし年代的にこの時期PCエンジンなんてやってた人いるんですかね?だって94年の終わりにプレステが発売されてるんですよ、時代はもうPSなんです。声が出るゲームはもうPCエンジンだけじゃなくなったんです!驚愕です、因みに95年のPSだと「鉄拳」とか「エースコンバット」とか「アークザラッド」なんかが発売されてます。懐かしいですね、CMの「プレイステーション」というセリフなんか思い出します。まさにPSの時代が幕開ける時といった感じです。PS最高!

さて、話がPSで盛り上がってしまってあれなんですが「機装ルーガ」という作品があるのを知っているでしょうか?え?知らないw?それPSのソフト?違います、PCエンジンの作品です。自分も知りませんでした、93年にシリーズ1作目が発売されてます。内容はこんな感じです。

ストーリー:人々が伝説として語るほどの遙かな昔。彼の地に下った人々に築かれた古えの文明ヴァスツール。魔導科学という技を持ってして、地と海、さらには点に数限りないほどの奇跡をもたらした。土塊に命を吹き込み、海を地に変え、翼を持たぬものを空へと誘い、自然をも総ていたという。しかし、約束された栄華は永遠のものではなかった。数多のものを思うがままにした魔導科学は、それ故に破滅の道へと導き、彼らは幾つかの伝承を残し消えていった……。

いわゆるSFファンタジーのような作品だと思うんですが、このゲーム、プレイ動画が全く上がってないので正直良く分かりません。で、この物語の続編となるのが本作「機装ルーガⅡ」なんですが、こちらも全くプレイ動画が上がってないんですよね、ユーチューブだけならともかくあのニコ動ですらないとはどういうことなんでしょうか(^^)?かなりマニアックなマイナゲーに違いありません、凄く気になりますwでもかろうじてBGMだけはあって聴いたんですが、これがくっそ良いんです!なぜこんなマイナゲーでこんな良曲が!?と驚きしかありませんです。

で、速攻調べたんですが、なんと作曲に齋藤博人さんが絡んでるようです。以前紹介した「メタルストーカー」(PCE)や、通常曲のめちゃめちゃカッコイイ「タイムクルーズⅡ」(PCE)なんかを担当していた方です。そしてもう一人のコンポーザーに岩崎琢さんという方もいるんですが「愛・超兄貴」なんかの作曲をしている方のようですね、アニキシリーズはBGM色んな意味で凄いですからねwこの2人が作ってると聞いただけでも、気になる方は気になるんじゃないでしょうか?さて話が長くなりましたが肝心のBGMです、2のOPをどうぞ!

この壮大さよ!もうOPから世界観に惹きこまれます(=゚ω゚)ノこれだけのものは「天使の詩」以来かもしれません、ちょっと衝撃的です。

因みにユチュブーには他の曲が全く上がってないので、ガチで他曲が気になる方はニコ動に前作と本作のまとめサントラが上がっているので、そちらをお勧めします、最高です。サントラは一応発売されているようですが、もう廃盤ぽいので中古で買うしかないようですね、あるいはゲームを買うかかな?でも1は安いけど2ってなんかちょっとプレ値になってるみたいで、ヤフオクでも5千円はするようですwなんで2人気あるんだろ(^^)?

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその244「機装ルーガⅡ」でした!個人的に「天使の詩」と同じくらい好きなBGMかもしれません。それとゲームはプロジェクトEGGで配信されてるようです。

蒼の六郷

蒼の六郷

「蒼の六郷」(あさりよしとお)

季刊誌「楽園」掲載の海洋漫画。

誌面で読んでからずっと気になっていた「蒼の六郷」です。独特な優しいタッチにふんわりした世界観、どことなく懐かしさも感じる作品です。あさりよしとおさんの作品はこれが初めて読んだ作品だったのですが、これを機に過去作も読んでみたくなりました^^いやほんとこの世界観は魔法がかってますよ。そこから抜け出たくなくなりますw

ということで、今回はそんな魅力あふれる本作の1話目を簡単に紹介してみたいと思います。それではどうぞ。

 

”東京都大田区 多摩川が海に注ぐすぐ手前に 六郷という地名がある”

”これは そこから始まる 冒険の物語である”

蒼の六郷(1)

「誰にも内緒で 明日の夕方 多摩川の六郷橋の所へ来てください」

「大事な話があるんです!」

蒼の六郷(2)

物語の主人公は小学4年の真潮くん。そしてヒロインのお姉さん昂(のぼる)突然頼みごとをされた昂ですが、昔を懐かしみつつ翌日真潮くんの言っていた多摩川の六郷橋に向かいます。

蒼の六郷(3)

蒼の六郷(4)

小学4年に何かを勘違いしている昂お姉さんw

真潮くんに腕を引っ張られ小屋に入ります。

蒼の六郷(5)

蒼の六郷(6)

小屋の中にはなんと秘密基地が!しかも潜水艦もあります!おもむろに取り出した帽子を得意げにかぶる真潮くん。そして一言。

蒼の六郷(7)

「ぼく一人じゃ無理なんだ」

この後なんやかんやありますが、結局真潮くんに押され一緒に乗船することに。

蒼の六郷(8)

このポジショニングであるwなんでも真潮くんいわく、今までは立って操縦していたそうな。つまりお姉さんは都合上イスとして召喚されたようですw

こんな感じで物語は始まっていくのですが、何故真潮くんがこんなにも熱心になっているのかには理由があります。それはさっきも言っていたように、海の平和を乱す敵を倒し世界の平和を守る為なのですが、実はその背後に謎の生命体のもくろみがあるのです。果たして二人は無事に海底から戻ってくることが出来るのか!?

 

ということで以上。「蒼の六郷」でした!

蒼の六郷(9)

狭い艦内色々ありますw

好きなゲームミュージックその86

「ステッド(STED) 遺跡惑星の野望」(FC)

1990年ケイ・アミューズメントリースより発売のRPGソフト。

確実に超マイナーソフトと思われる「ステッド」です。正直タイトルすら知りませんでしたwこんなソフトが90年代に出てたんですね。マイナー過ぎるせいかWikiすらないので詳しくは分かりませんが、内容的にはSFものみたいです。しかしこの発売元の”ケイ・アミューズメントリース”って会社聞き覚えがないのですが、試しに調べてみたら全く情報が出てきません。出てくるのはソフト一覧くらいなんですが、その中でやったことあるのは「怒」っていう「戦場の狼」系のアクションゲームくらいでした。因みに現在会社は無いようですが、SNKと何かしら関係があったようです。

こんな感じで謎の多いソフトなんですが、人気がないのかマイナーだからなのか動画もほとんど上がっていません。RPGでこれだけ動画が上がってないのってもしかして初めてかもwだけどこのゲームBGM良いんですよ。ネットで検索しても好きなゲームミュージックに上げてる人がいないようなんですけどね(;’∀’)うーん謎だらけです。さて百聞は一見に如かず!実際に見てもらった方が早いです。それでは「ステッド」どうぞ!

個人的にはアトラス(メガテン)っぽいかなと思ったんだけど、このゲーム開発はアルファ電子なので関係はないのかも・・でもゲーム業界って結構引き抜きとかあるらしいから、もしかしたら分かりませんけどねw

ということで以上。好きなゲームミュージックその86「ステッド(STED) 遺跡惑星の野望」でした!ゲーム的には超絶エンカウント率なのでやりたくはないです(^_-)-☆