タグ別アーカイブ: SFファンタジー

蒼の六郷

蒼の六郷

「蒼の六郷」(あさりよしとお)

季刊誌「楽園」掲載の海洋漫画。

誌面で読んでからずっと気になっていた「蒼の六郷」です。独特な優しいタッチにふんわりした世界観、どことなく懐かしさも感じる作品です。あさりよしとおさんの作品はこれが初めて読んだ作品だったのですが、これを機に過去作も読んでみたくなりました^^いやほんとこの世界観は魔法がかってますよ。そこから抜け出たくなくなりますw

ということで、今回はそんな魅力あふれる本作の1話目を簡単に紹介してみたいと思います。それではどうぞ。

 

”東京都大田区 多摩川が海に注ぐすぐ手前に 六郷という地名がある”

”これは そこから始まる 冒険の物語である”

蒼の六郷(1)

「誰にも内緒で 明日の夕方 多摩川の六郷橋の所へ来てください」

「大事な話があるんです!」

蒼の六郷(2)

物語の主人公は小学4年の真潮くん。そしてヒロインのお姉さん昂(のぼる)突然頼みごとをされた昂ですが、昔を懐かしみつつ翌日真潮くんの言っていた多摩川の六郷橋に向かいます。

蒼の六郷(3)

蒼の六郷(4)

小学4年に何かを勘違いしている昂お姉さんw

真潮くんに腕を引っ張られ小屋に入ります。

蒼の六郷(5)

蒼の六郷(6)

小屋の中にはなんと秘密基地が!しかも潜水艦もあります!おもむろに取り出した帽子を得意げにかぶる真潮くん。そして一言。

蒼の六郷(7)

「ぼく一人じゃ無理なんだ」

この後なんやかんやありますが、結局真潮くんに押され一緒に乗船することに。

蒼の六郷(8)

このポジショニングであるwなんでも真潮くんいわく、今までは立って操縦していたそうな。つまりお姉さんは都合上イスとして召喚されたようですw

こんな感じで物語は始まっていくのですが、何故真潮くんがこんなにも熱心になっているのかには理由があります。それはさっきも言っていたように、海の平和を乱す敵を倒し世界の平和を守る為なのですが、実はその背後に謎の生命体のもくろみがあるのです。果たして二人は無事に海底から戻ってくることが出来るのか!?

 

ということで以上。「蒼の六郷」でした!

蒼の六郷(9)

狭い艦内色々ありますw


好きなゲームミュージックその86

「ステッド(STED) 遺跡惑星の野望」(FC)

1990年ケイ・アミューズメントリースより発売のRPGソフト。

確実に超マイナーソフトと思われる「ステッド」です。正直タイトルすら知りませんでしたwこんなソフトが90年代に出てたんですね。マイナー過ぎるせいかWikiすらないので詳しくは分かりませんが、内容的にはSFものみたいです。しかしこの発売元の”ケイ・アミューズメントリース”って会社聞き覚えがないのですが、試しに調べてみたら全く情報が出てきません。出てくるのはソフト一覧くらいなんですが、その中でやったことあるのは「怒」っていう「戦場の狼」系のアクションゲームくらいでした。因みに現在会社は無いようですが、SNKと何かしら関係があったようです。

こんな感じで謎の多いソフトなんですが、人気がないのかマイナーだからなのか動画もほとんど上がっていません。RPGでこれだけ動画が上がってないのってもしかして初めてかもwだけどこのゲームBGM良いんですよ。ネットで検索しても好きなゲームミュージックに上げてる人がいないようなんですけどね(;’∀’)うーん謎だらけです。さて百聞は一見に如かず!実際に見てもらった方が早いです。それでは「ステッド」どうぞ!

個人的にはアトラス(メガテン)っぽいかなと思ったんだけど、このゲーム開発はアルファ電子なので関係はないのかも・・でもゲーム業界って結構引き抜きとかあるらしいから、もしかしたら分かりませんけどねw

ということで以上。好きなゲームミュージックその86「ステッド(STED) 遺跡惑星の野望」でした!ゲーム的には超絶エンカウント率なのでやりたくはないです(^_-)-☆


好きなゲームミュージックその81

「魍魎戦記MADARA」(FC)

1990年コナミより発売のロールプレイングゲーム。

この記事を書く前に動画で最後まで視ました^^というのも、この作品タイトルだけはよく知ってたんだけど、実際にプレイしたこともなければ、アニメや漫画も同様にノンタッチだったのです。面白そうな雰囲気なだけにスルーしてたのが不思議なんですが、まぁともかく今になってようやく内容が把握できました。元々は”マル勝ファミコン”に掲載していた原作大塚英志、作画田島昭宇の漫画らしいんですが、Wikiを見る限り大塚さんは民俗学に通じていて、それがMADARAにも影響を与えているようです。というか直接関係ないけど、「多重人格探偵サイコ」って原作も作画もマダラと同じなんですね↓

作画は違うけど前に雑誌旅で読んだ「黒鷺死体宅配便」なんかも、大塚さんが原作のようです。全然気がつかなかったなぁ。今読んでる人は「MADARA」の原作者って知って読んでるんですかね?とまぁ個人的に情報更新が凄いんですけど、本題のマダラですが、序盤を見ているとあれ?なんかに似てるなと思うわけです。マダラが四肢をもがれて川から流れてくるシーンなんですが(後に義体(ギミック)で身体を補う)これ手塚治虫の作品「どろろ」に似てるんですよ!

「どろろ」は、主人公の百鬼丸が妖怪から奪われた身体を取り戻すって物語なんですけど(今考えても斬新な話)で、調べたらマダラはどうもこの作品をモチーフにしているみたいです。なるほど納得ですね。因みにマダラの方も身体を取り戻す話ですが、これに輪廻や神話なんかが絡んできて多少複雑になってきます。でも手塚作品の方もその辺はよく物語の核としてるから、全体的に見ても手塚作品へのオマージュのようにも取れそうですね。

さて本題のファミコン「魍魎戦記MADARA」ですが、BGMはコナミの”矩形波倶楽部”による名曲だらけの一作です。ファミコンBGMが好きな人だったら、これを上位に入れる人多いかもしれませんね。ということで今回はそのなかでも名曲と名高い戦闘曲(雑魚戦+ボス戦+ラスボス戦)をどぞ!

めっちゃテンション上がるでしょこんなもん聴かされたら!でもねこのゲーム、エンカウントがひどいから、ある意味雑魚戦BGMはトラウマになりかねないですw死ぬと身ぐるみ剝がされますしね(装備品買い直しΣ(゚Д゚))だから、めんどくせぇファミコンなんて今更できねえやって人には、せめてBGMだけでも聴いてマダラの世界観を想像して楽しんでもらいたいです。スルーするにはもったいないぜこの名曲群は!

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその81「魍魎戦記MADARA」でした!このゲーム、”ゴウリキふ”なしにクリアできる気がしないww

ゴウリキふ:ダメージを一定量防ぐ術(最強)