タグ別アーカイブ: SFファンタジー

好きなゲームミュージックその81

「魍魎戦記MADARA」(FC)

1990年コナミより発売のロールプレイングゲーム。

この記事を書く前に動画で最後まで視ました^^というのも、この作品タイトルだけはよく知ってたんだけど、実際にプレイしたこともなければ、アニメや漫画も同様にノンタッチだったのです。面白そうな雰囲気なだけにスルーしてたのが不思議なんですが、まぁともかく今になってようやく内容が把握できました。元々は”マル勝ファミコン”に掲載していた原作大塚英志、作画田島昭宇の漫画らしいんですが、Wikiを見る限り大塚さんは民俗学に通じていて、それがMADARAにも影響を与えているようです。というか直接関係ないけど、「多重人格探偵サイコ」って原作も作画もマダラと同じなんですね↓

作画は違うけど前に雑誌旅で読んだ「黒鷺死体宅配便」なんかも、大塚さんが原作のようです。全然気がつかなかったなぁ。今読んでる人は「MADARA」の原作者って知って読んでるんですかね?とまぁ個人的に情報更新が凄いんですけど、本題のマダラですが、序盤を見ているとあれ?なんかに似てるなと思うわけです。マダラが四肢をもがれて川から流れてくるシーンなんですが(後に義体(ギミック)で身体を補う)これ手塚治虫の作品「どろろ」に似てるんですよ!

「どろろ」は、主人公の百鬼丸が妖怪から奪われた身体を取り戻すって物語なんですけど(今考えても斬新な話)で、調べたらマダラはどうもこの作品をモチーフにしているみたいです。なるほど納得ですね。因みにマダラの方も身体を取り戻す話ですが、これに輪廻や神話なんかが絡んできて多少複雑になってきます。でも手塚作品の方もその辺はよく物語の核としてるから、全体的に見ても手塚作品へのオマージュのようにも取れそうですね。

さて本題のファミコン「魍魎戦記MADARA」ですが、BGMはコナミの”矩形波倶楽部”による名曲だらけの一作です。ファミコンBGMが好きな人だったら、これを上位に入れる人多いかもしれませんね。ということで今回はそのなかでも名曲と名高い戦闘曲(雑魚戦+ボス戦+ラスボス戦)をどぞ!

めっちゃテンション上がるでしょこんなもん聴かされたら!でもねこのゲーム、エンカウントがひどいから、ある意味雑魚戦BGMはトラウマになりかねないですw死ぬと身ぐるみ剝がされますしね(装備品買い直しΣ(゚Д゚))だから、めんどくせぇファミコンなんて今更できねえやって人には、せめてBGMだけでも聴いてマダラの世界観を想像して楽しんでもらいたいです。スルーするにはもったいないぜこの名曲群は!

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその81「魍魎戦記MADARA」でした!このゲーム、”ゴウリキふ”なしにクリアできる気がしないww

ゴウリキふ:ダメージを一定量防ぐ術(最強)


今年の個人的可愛いかったで賞キャラベスト1

 

さーて2014年ももうすぐ終わり!

っということで今年読んだマンガの中から、個人的可愛かったで賞キャラベスト1を発表したいと思います。ええ・・はいベスト3ではないです^^ベスト3までやると決めるの大変なんです。それにベスト1は中でもとりわけ記憶に残ったキャラなんです!

ということで前口上が長くなりましたが、発表です。

今年1個人的可愛かったで賞は・・・

 

デレレレレレレレレレレレレ(いい感じの)

レレレレレレレレレレレレデーーン(ドラムロールの体)

 

「星屑ニーナ(3巻)」より

 ピッピ!!

星屑ニーナ3巻

両親によって何とか宇宙雷魚から命を救われたピッピ。

しかし不時着した宇宙船の外で見た光景は、元いた世界とは全く別の奇妙な世界であった。

星屑ニーナ3巻(2) 

 

泣き虫ピッピさんのご登場である^^

 

ピッピ「ママー」「パパー」

 

星屑ニーナ(3)

ママもパパもいない。お腹もすいたし涙も止まらない。

そんなピッピへさらに追い打ち。

星屑ニーナ3巻(4)

何がなんだか声も出ないピッピ。

とりあえず両手を上げますwかわええ(´▽`*)

星屑ニーナ3巻(5)

泣きっ面にカブトムシ。

大王と呼ばれ多くの兵を従えるこのカブトムシに捕まったピッピは、その居城へ連れられそこであることを知らされます。

それはここが地球であり、人間は既に絶滅しているという事実。

当然パパとママも・・それに気づいたピッピは。

星屑ニーナ3巻(6)

大地を震わさんとばかりに咆哮(大泣き)します^^;

さらに・・

星屑ニーナ3巻(7)

咆哮が止まらないwww

現地球を支配する大王もタジタジww

 

この後、大王の慈悲で追放されるピッピ。

しかしそこにも巨大な昆虫が待ちかまえ、今にもピッピを食さんとばかりに襲いかかってきます!

星屑ニーナ3巻(8)

意識を失ったピッピ。

次に気がつくとそこには先ほどの巨大昆虫の死骸と、紅茶とビスケット・・・そしてサソリ人間が!?

ピッピは寝ぼけまなこでサソリに「それちょうだい」と近づきます^^

すると・・

星屑ニーナ3巻(9)

イスを破壊し威嚇するサソリ。

キョトンとするピッピを無視し紅茶とビスケットに手を付け始めます。

星屑ニーナ3巻(10)

そして再び歩を進めるピッピ。

しかしまた同じようにイスを壊し威嚇してきます。

星屑ニーナ3巻(11) 

ここからピッピとサソリのちょっと良い話が始まりますが中略。

意を決したピッピがある行動に出ます!

星屑ニーナ3巻(12)

線は越えてないんだからね!と言わんばかりのドヤ行進ww

果たしてこのとんちがどのような結果をもたらすのか?それはコミックで続きをご覧ください^^ホントこのサソリとの出会い回好きです。

 

ということで、今年の個人的可愛かったで賞キャラベスト1位は「ピッピ」でした~!今まで「星屑ニーナ」自体は何回か紹介してたんだけど、意外にピッピをフィーチャーした記事がなかったので今回やってみました。

改めて読みなしてもピッピの可愛さに衰えるところありませんでしたよ^^

もうピッピの話だけで1作品作ってほしいぐらいですw

星屑ニーナ3巻(13) 

個人的超おススメSFファンタジー作品!

 


スカイガンナー

 

「スカイガンナー」(PS2)

2001年ソニーコンピュータエンタテインメントより発売の3Dシューティングゲーム。

さてさてスカイガンナーである。最近知ったSTGだがこれが面白い!

しっぽのある不思議なキャラたちがいる世界。船や車よりも飛行機が発達しているというスチームパンク然とした雰囲気、そしてその飛行機で空を舞い敵戦艦を撃墜する爽快感。これだけの魅力あるSTGはそうないんじゃないだろうか?

あらすじ:空を飛ぶことが難しくない世界。海上の街リーヴで開かれる博覧会を舞台に、リーヴのガンナーであるシエルとコパン、博覧会護衛のためやってきた新人ガンナーのファムと、博覧会の目玉である永久機関を狙う天才的犯罪者ヴァントルの対決を描く。(wikiより)

 

3Dシューティングというと「エースコンバット」を想像するけど、「スカイガンナー」はリアリティよりもゲーム性を追求したデフォルメ的STGといった感じで、例えばフライトアシスト(障害物を自動で回避してくれる)や、墜落回避システム(自機が墜落する際十字キーやボタンを連打することで機を立て直す)など、独特な面白いシステムがあったりします。

でも、じゃあ簡単ですねといかないのがこのゲーム^^

そういう初心者に優しいシステムが導入されながらも、弾を無駄撃ちすればそれだけ弾代がかかるという報酬よりもマイナス、つまり赤字になってしまうというリアリティもwいかに効率よく無駄撃ちしないで敵を墜とすかそういうやりこみ要素もあるわけです。

 

さてそんなSTG初心者もマニアも楽しめるであろう「スカイガンナー」ですが、ガンナーとはこの世界で人探しや護衛の依頼をうけ、その報酬で生計を立てている者たちのことだそうです。うーん飛行機に乗って生計を立てる何か格好いいですよね^^ジャンボジェットとかでなく小型だからこそ良い。という感じでPS2ソフト「スカイガンナー」でした!

スカイガンナーOP↓

アニメーションがゴンゾという驚き^^