AC」タグアーカイブ

好きなゲームミュージックその281

電脳戦機バーチャロン」(AC)

1995年セガより稼働の3D対戦アクションシューティングゲーム。

ロボットゲームっていったらすぐ頭に浮かぶであろうお馴染みのバーチャロンです。え?いやオレはアーマードコア?いやオレはフロントミッションだが?まあ各々多々あるでしょう。だけれどもこんなにサクサク動くロボットアクションゲームが当時あったでしょうか??やべえよやっぱセガはやべえよ!!と当時なった少年がどれだけいたことか、ロボを自由自在に動かせるなんて全少年の夢ですからね、で、巨大人型戦闘兵器”バーチャロイド”を駆使するわけですが、この時代ってエヴァンゲリオンなんかが放送してた時代でそういうのが流行っていたのかもしれませんね、そんなことも重なり?この作品めちゃめちゃ売れたらしいんですが、どうもWikiによると「あえて失敗させるためのプロジェクト」だったらしく、上の人たちは売れるとは全く思ってなかったらしいようです。

当時のロボットゲーのイメージがあまり良くなかったんでしょうね、でもそのイメージを覆すものが出来てしまったというところなんでしょうか、個人的にこのゲームをプレイしたのはセガサターン(移植初)なのでそのイメージが強いですが、前述の通りの人気作でこの後にプレステ2でも出たりシリーズ続編「電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム」→「電脳戦機バーチャロン フォース」→「電脳戦機バーチャロン マーズ」と計4作も発売されています。正直続編は見たこともなかったのだけど、この機会に動画を全部見てみたらどの作品も基本初期バーチャロンに忠実な感じみたいでした。逆に言えば初期作が初めて出た時ほどの衝撃はないかもしれません。

さてということで肝心のBGMですが、これが爽快な音楽でバーチャロンをプレイするうえで絶対欠かせない要素となっております。それではサントラリンクをどうぞ→https://youtu.be/ud6thh2GPAw

作曲は小山健太郎という方でバーチャロンシリーズのBGMを担当している方の様です。なんでも今流行りの?スマホゲー通称モンストの一部楽曲に携わっているそうなので気になる方はチェックしてみて下さい。

ということで以上、好きなゲームミュージックその281「電脳戦機バーチャロン」でした!サターンのゲームディスクがサントラ代わりになるのでめちゃお得なんだよなあ。

好きなゲームミュージックその194

スペースファイアバード(SPACE FIREBIRD)」(AC)

1980年任天堂より稼働のシューティングゲーム。

自機を操作し襲い来る火の鳥を撃墜するというちょっと変わったSTGです。輪廻転生なんてクソ喰らえといった隠し趣旨でもあるんでしょうかね?wゲーム的には「インベーダーゲーム」や「ギャラクシアン」のような当時流行っていたあの感じなんですが、やはりそこは任天堂!上記2作をより改良したような一作となっております。敵の弾や動きがかなり滑らかに動いたり、画面手前側に流れてくるスペースデブリ?星?や、自機のバーニアから噴射される炎でスピードを表現してたり、今見ても上記の2作より面白そうです(^^)80年初期には珍しく音も付いてますしね!(マリオブラザーズのような音だなと思ったら、田中宏和さんが作曲してるらしい)それではプレイ動画をどうぞ!

初期任天堂SEカワイイw

因みに任天堂のACゲーは79年の「シェリフ」からちょっとしたBGMが入っているんですよね、この辺先見の明と言ったところでしょうか?というか何故海外ゲーに音が少なかったのかが不思議なんですけどねw

 

ということで以上。好きなゲームミュージックその194「スペースファイアバード(SPACE FIREBIRD)」でした!同年に映画になってる「火の鳥2772 愛のコスモゾーン」は何か関係してるのかな?