タグ別アーカイブ: SF

百万畳ラビリンス

DSCF0788 - コピー

「百万畳ラビリンス」(たかみち)

2013~14年ヤングコミック掲載作品です。

これ面白いと聞いていて前から気になっていたのですが、ようやく読むことが出来ました。作者のたかみちさんはもちろん(?)コミックLOの表紙でお馴染みなので知っていますwなのでどんな作品なのか気になっていたんですが、まさかゲームと関係した話だとは思いもしませんでした。で、これが読んでみて評判通り面白い!なのでちょっと簡単に紹介してみたいと思います。それではどうぞ!

百万畳ラビリンス

(どこまでも続く ボロアパート)

(そして この先も)

「えっ!?」

百万畳ラビリンス(2)

物語は謎の建物に連れてこられた女子2名が(異論は認める)畳部屋を駆け回るところから始まります。

百万畳ラビリンス(3)

一人は玖波島礼香(くばじまれいか)ゲーム好き(狂)女子大生。もう一人はルームメイトの庸子(ようこ)2人はゲームデバッグのアルバイトをしています。そんな二人がなぜ謎の建物に来てしまったのか?2人はその理由を考えながら取りあえず出口を探すことにします。

百万畳ラビリンス(4)

二人はそこである推測をします。自分たちの住んでいるアパート(社宅)との共通性、バイト先であるクラインソフトウェア社との関係性、もしかするとここは会社の関連施設なのではないか?

最終的に二人が出した答えは結局のところ、1「外部との連絡手段を確保して助けを呼ぶ」2「破壊してでも施設から脱出する」そして、

百万畳ラビリンス(5)

行動を支配されるのを嫌う礼香の出した答え3「施設に残り支配者として君臨する」与えられた選択肢が最善とは限らないという考えに基づく結論からなのですが、いやーこの娘頭の回転が速いですね。ただその為にだいぶ人から誤解されることもあるようです。この答えはなぜ礼香が逃げずにここに留まろうとしているのか、そう取られてもおかしくない何らかの理由との関係を想起させます。そんなこんなで協議の結果、「施設外との連絡手段の確保」「出口に繋がってそうな道を発見次第強行突破」「脱出が叶わない時は支配者として君臨」の3つを胸に、2人は再出発することに。

百万畳ラビリンス(6)

百万畳ラビリンス(7)

時にはポテトチップスを食べ、

百万畳ラビリンス(8)

時には入浴し、

熟睡した後は、

百万畳ラビリンス(9)

ちゃんと朝食をとって、出口を探します。

百万畳ラビリンス(10)

チートはNGです。

 

という感じで割とゆるくボケとツッコミを挟みつつ物語は進んでいくのですが、この作品が面白くなっていくのはまだまだこれからです。モンスターの出現、この世界の住人との接触、礼香の過去、そして明かされていく建物の謎。2人は推論を重ね、次第に真実に近づいていきます。しかし真実は彼女たちの答えのさらに上をゆくもので・・果たして2人はこの世界から脱出出来るのか!?

 

ということで以上。「百万畳ラビリンス」でした!まさか人類規模の戦いになっていくとは・・結末は誰にも予想できません。ゲーム好きにもSF好きにもおススメの一作です!

百万畳ラビリンス(11)

好きなゲームミュージックその139&140

「Contra Force」(Nes)

1992年Konamiより発売のアクションゲーム。

日本でいう魂斗羅シリーズです。ですが公式にも外伝扱いを受けているというちょっとアレなソフトwキャラクターも違えばシナリオも本家とは違うのですが、何といっても処理落ちが見るに堪えないほど酷いことになっております(^-^;本家から敬遠されるのも納得の出来wもうね処理落ちスピードが基本でたまに普通のスピードに戻るレベルですよこれwどうしてこんなことになってしまったのか不思議でしょうがありません。そんなアレコントラですが惜しいことにBGMが凄い良いんです!後期コナミサウンドがウネリまくりです!曲担当は松原健一さん、冨田朋也さん、Y,MANNOさんの3人。のっそり動いているキャラとは正反対の超技巧的速弾きサウンドです。→https://youtu.be/z5n_McFLr20

ラスボスのM字開脚を見るためにこのストレスに耐えなければいけないのかと思うと、もう死にたくなりますよw

 

さてお次です。

「Elite」(Nes)

1991年Imagineerより発売のSFシミュレーションゲーム。

ファミコンでいうところの「スターラスター」みたいなゲームで、宇宙船に乗って惑星を探索するのが目的のゲームです。このゲームは84年に生まれて以来世界中でコアなファンがいる人気作らしいのですが、最近ではスチームなんかでも新作が発売されている現役のシリーズ作のようです。一応そっちの新しい方も見てみましたが、なんか凄かったですwオープンワールドで宇宙空間を自由に行き来できるらしいのですが、こんなゲームあったんですねΣ(゚Д゚)日本ではまだまだマイナーなのかもしれませんが、知らない人は一聴してみる価値ありですよ!今リアルタイムで漫画の「プラネテス」を読んでいるんですが、男は一人どこか遠くへ行きたくなるものなんですよねwそういう気持ちを満たしてくれるのが本作かもしれません。曲担当はDavid Whittakerさんという方です。それではプレイ動画でどうぞ!

ということで以上。好きなゲームミュージックその139「Contra Force」と、その140「Elite」でした!因みにコントラフォースは去年CD収録されたそうです!”魂斗羅クロニクル VOL.2”↓

好きなゲームミュージックその102

「メタルスレイダーグローリー」(FC)

1991年HAL研究所より発売のSFアドベンチャーゲーム。

ファミコン性能の限界に迫るグラフィックや音楽、でお馴染みの「メタルスレイダーグローリー」です。これはマイナーゲーだとは思うんですけど、ゲーム好きには凄く評価の高い作品だと思います。出荷本数が少なかったとかでちょっとしたプレ値がついていたりと、なかなか手に取りづらい作品なのですが、今でもオークションとかでだいたい1万円以上はするみたいです(‘ω’)自分は去年くらいに動画で最後まで視たけど、評判通り面白かったですよ。絵の動きとかファミコンじゃないみたいなんですよねwよく動くというか細かく出来ています。

因みにシナリオ+絵を担当しているのは☆よしみるさんという方で、本作の原案でもある「亜空転騒フィクサリア」という漫画を書いているそうです↓

さて「メタルスレイダーグローリー」のストーリーですが、簡単に説明すると主人公が作業用ロボを買いに行って試運転しようとしたら急に「創造主を探せ…地球は危機に瀕している…」ってどこからか言われ、なんやかやあった後その作業用ロボがただのロボではなく、戦闘用の特別な機体でしかも元の持ち主は父親だということが判明。8年前に戦争で亡くなった父の過去を探りに宇宙ステーションを駆け回るってのが物語序盤です。

タイトルのメタルスレイダーっていうのは、この作業用ロボの戦闘兵器化したもののことで、主人公はその中でも一番性能が高いグローリーってやつに乗っています。よしこれで内容はOKですね!それではそろそろBGMへ参りましょう。音楽担当は京田 誠一さんという方が担当しています。ゲームBGMは本作くらいしか携わっていないみたいですが、良いんですよこれ!

ソフトはスーファミでディレクターズカット版も出ていて、WiiUでも去年からダウンロード出来るようになったみたいです。プレイするだけならプレ値で無理して買わないでダウンロードで十分ですね。

ということで以上。好きなゲームミュージックその102「メタルスレイダーグローリー」でした!後日談が漫画化されてるみたいだけどちょっと気になります。