好きなゲームミュージックその288

「ギャラクティックストーム」(AC)

1992年タイトーより稼働の3Dシューティングゲーム。

まさか2021年になってブログ更新するとは思いませんでしたけどもね、えっといつ以来の更新なのか(自分のブログを確認する)えっもう一年もブログ放置してるじゃん!?ということでですねまああれです。コロナのせいでですね、コロナがブログに悪さをしたということですよね(?)マスクの価格高騰などを機に当ブログは窮地に追いやられていたということですかね?まあそれはそれなんですけど、もうあれなんですよ1年もブログを放置してるとですね、ブログの書き方というかそもそもブログとは?みたいな哲学的な話にもなってくるわけですけどもね、ブログってなんだっけ?

まあいいやそれはもう面倒なので回答は差し控えさせて頂きたいと思います。それでですよこのブログはゲームミュージックのいいやつを個人的に紹介していくというやつをやっていたんですよね、なのでそれをやっていきたいと思います。ということでギャラクティックストームやっていきましょうか。

このゲームは筐体に乗ってH型の操縦桿をにぎりトリガーをひいて敵機を撃墜させる、内容的にはスペースハリアーとかナイトストライカーなんかに似たタイプの作品なんですけど、2作に比べて知名度は全く無いんじゃないかと思われます。というのもこの作品どこにも移植されなかったらしく、ゲームセンターでプレイした希少な人以外全く知る機会がないマニアックな作品なのです。自分もその例にもれず実際に遊んだことはないのですが、このゲームの一部のBGMは知っていました。どうもこのゲームはゲーム的にあまり評判は良くなかったらしいのですが、BGMはかなり評判が良かったらしくCDとしても発売されてるようです。

タイトーといえばZUNTATAということで調べてみたんですが、なんと作曲がダライアスシリーズでお馴染みの小倉さんなんだとか!確かにというか一聴すればすぐダライアスっぽいと思うあの感じなんですよね、ダライアスのBGMが好きな人はきっと気に入ること請け合いです。

とここで本来ならBGMに参りたいとこなんですが、この作品Wikiには載ってませんが、シナリオが結構面白そうなんですよ。ということでざっと30号的に簡潔にざっくり紹介してみたいと思います。

ギャラクティックストーム(ストーリー):物体光速化実験を行った人類は一切れのチーズを移動させた衝撃波でアフリカ大陸の半分を消滅させてしまった。実験の反対運動を押し切り宇宙進出を目論む地球統合本部は自身で思考、推論を行えるバイオコンピューターを生み出し高速化実験の再検証を続けていく。地球統合本部はついにハイパードライブ航法(空間転移)をテスト段階まで推し進めることに成功。しかしテストパイロットMiharaを乗せた試作機はシステムの不備によりブラックホールに飲み込まれ超空間の牢獄に閉じ込められてしまった。救助信号を送り続けるMihara。しかし地球統合本部の返答はなかった。実験の再失敗について知られることを恐れた本部は、パイロットを事故死として処理することに決めたのだ。Miharaは絶望を怒りに変え単独で超空間を抜け出すことを決意する。その30年後、地球に未確認の超巨大物体とその指揮下にあるであろう艦隊が接近した。地球統合本部はコンタクトを行ったがその返答は無差別攻撃なのであった。この緊急事態に対地球外知的生命体追撃プロジェクトを発動する本部。新パイロットに和喜そしてナビゲーターにMiharaの妹である美樹子が選出された。

どうですか?シナリオめちゃくちゃ面白そうでしょ!?その後どうなったのかめちゃくちゃ気になるでしょうがこんなもんはええ??(ストーリーにおちゃらけ感を全く足せませんでしたことをここにお詫びいたします)

それではそんなシナリオを踏まえつつ本題のBGMにいってみましょうか。なんといってもこの作品のベストBGMであろう”Protmind”それではどうぞ!

いいですよね~心が浄化されます!地球統合本部もついでに浄化してほしい!。

という事で以上、好きなゲームミュージックその288「ギャラクティックストーム」でした!サウンドトラックはいくつか発売されているみたいですが「ヌーヴェルヴァーグ」にシナリオが詳細に書かれているようです。iTunesでも曲のダウンロードができます。

好きなゲームミュージックその287

「プリルラ」(AC)

1991年タイトーより稼働の横スクロールアクションゲーム。

まさか2020年に入ってまたプリルラ紹介することになるとは思わないわけですけどもね、このゲームはだいぶ昔に一回紹介してるんですよね(過去の記事を探して思い出したわけなんですけどもね)まあそんなこんなでもう一回やっていこうもう一回止まった時間を取り戻そう(ブログ放置時間)そういうことなんでしょうかね、ゲーム的にもそういうことだと思いますが(?)

ということで本題のプリルラさっそく参りましょう。

ストーリー:不思議な国ラディッシュランド。それぞれの街で時計じかけのネジを番人が守り、時間の流れが保たれていた。しかし、そのネジを奪い、時間を狂わせる悪いやつが現われた。危険を感じた発明家のおじいさんは街の少年・ザックと孫娘・メルの二人を呼んだ。そして、自分達の街を守るために発明した魔法の杖を託した(Wiki参照)

ミヒャエル・エンデの「モモ」に通じるようなそういうメッセージ性の強い作品なのかどうかはわかりませんが、少年少女が時間の流れを保つネジを奪い返しに魔法で立ち向かうというお話のようです。このゲーム2人同時プレイができるのですが、まあ一人でする時はみんな孫娘のメルを選ぶんでしょうかね、こういうのはやはり少女の方がしっくりくる感じがします。前回このゲームを紹介した時はちょうど魔法少女まどか☆マギカが放送してた時代らしい(らしい)のですが、昔から魔法を使うのは女性、というか女の子というのがお決まりのようです。魔法少年ってのはあまり聴き馴染みがないですね、少年は魔法に頼る必要がないということなんでしょうか。

ちなみにこのゲームはプレステやサターンにも移植されてるのですが、移植レベルはあまり良くないらしいです。しかも何故かプレ値がついてるので手に取りずらい、CDDAなのでCDとして聴けるのはいいんですけどねえ。まあそんなこんなでですよ、本題の本題BGMの方へ参りましょう。このゲーム、当時としては珍しいまどかマギカ並みにだいぶアバンギャルドな作品なのですが(2Dのかわいらしいキャラデザに合わない気色の悪いキャラや急に3Dの人登場など)それに負けず曲もだいぶすごいんですそれではだいぶすごい曲を今回はゲームもだいぶすごいので合わせてそちらもどうぞ→https://youtu.be/1k4tIsM-Dvg

だいぶすごいでしょ?このだいぶすごいのはどういうことかというと前回紹介した「ミズバク大冒険」の作曲者、海野さんが担当しているからなんです!この胸のこの辺をこうざわつかせてくるこの郷愁?郷愁なのかこれは!?このなにこの胸がグワーッとなる感じは!!メルヘンなんですメンタルが!(?)このゲーム当時やったことないしなんなら今現在もやったことないんですけどなんですかこの懐かしい感じさせるやつは、、、なるほどこれが魔法というやつなんですね。

ということで以上、好きなゲームミュージックその287「プリルラ」でした!久しぶりにブログを更新し時のネジを回すことができた30号、果たしてネジを奪った悪者とは誰だったのか、皆さんもネジは大事に保管しときましょうね。

好きなゲームミュージックその286

「ミズバク大冒険」(AC)

1990年タイトーより稼働の横スクロールアクションゲーム。

さていつ以来の記事更新なのかあれはまだ平成だったか?今は令和なのですがまあそういうことは関係なしにミズバク大冒険のターンやっていこうじゃないかね!ミズバク大冒険しってますか?こんなゲーム知ってる人はゲーム好きしかいないと思うのですが、タイトルのミズバクとは水爆弾の略なんですが水爆とは言っても怖いものではなく、カバ?カモノハシ?顔系の主人公ヒポポの水ふうせん的な武器となっております。この水の玉をぽいぽい投げるのが気持ちいいんですよね、まあ自分実際にプレイしたことないんですけど(?)絶対面白いと思うんですよね、特にこの辺の年代のタイトーアクションゲーは何度も言ってますが、アクションはもちろん魔法がかかってるかと思うぐらい不思議な感覚にさせられます。まるで別の世界に入り込んでしまったようなそんな気分にさせられるのですが、ワインに例えると上質なビンテージワインの栓をポンと開けた時に香ってくるその時代の空気と言いますかまあ一種のノスタルジックですかなあ。まあ自分ワインとか飲まないんですけど(?)絶対面白いと思うんですよね。

さてそんな不思議な世界に連れていかれる90年代タイトーゲー「ミズバク大冒険」ですが、やはりBGMの効力は絶大だと思います。作曲は海野和子さん、以前も紹介したけど伝説の奇ゲー?「プリルラ」のBGMも同氏作曲です。今回はプレイ動画でどうぞ。

https://youtu.be/f68E9KhRtzk

曲そのものも良いけどこの年代特有のやわらかい音色がたまりませんね。因みに本作はPCエンジンやセガサターンにも移植されたりPS2だと「タイトーメモリーズ 下巻」でもプレイできるそうです。

ということで以上。

好きなゲームミュージックその286「ミズバク大冒険」でした!サントラは色々出てるようですね。