エリア88

エリア88(SFC)
1991年カプコンより発売の横スクロール型STG。

新谷かおる原作の傭兵戦記マンガをゲーム化した作品です。前回紹介したストⅡとほぼ同時期に発売されてたんですねえ・・90年代は良作が多いです。この作品は主人公・風間真を中心とした、空軍基地エリア88に所属する外人部隊(エトランジェ)の物語ですが、30号はゲームで知ってから原作のコミックを読んだ覚えがあります。少女コミックなんですよね最初びっくりしました。でも内容読むとこれが面白い。少女コミックと侮るなかれ!こういうところから、いわゆる食わず嫌いは良くないなと勉強させられたりしましたね。
                                                             

さてゲームですがこちらも面白いです。多分それまでのSTGの中では一番初めにハマッた作品かもしれません。「グラディウス」とか「ツインビー」なんかもやりましたが、正直そんなにハマらずでした。では「エリア88」にハマッたのは何故なんだろうか?改めて考えてみると色々出てきます。まずキャラクターの絵ですね。グラフィックの入ったSTGはそれまでほとんど無かったと思います。あとは自機である戦闘機を買えるシステムは当時斬新でした(武器も選べる)そしていざ戦闘時に入ったときのあのサウンド!臨場感溢れるBGMはプレイヤーを空へと誘い心地よく高揚させます。

そうそうSTG初心者にはHPがゲージ制になっているのも良かったんじゃないでしょうか?それまでは大抵一発玉が当たったら終わりでしたからね。まぁこのゲームがどれだけ一般的に知られているのかは分かりませんが、当時何故か周りでやってる人が多かったのも今思えば頷けます。入りやすくて格好いい・・シンプルな理由ですね^^

今プレイしても絶対面白いだろうなあw
ということで個人的思い入れのあるSTG「エリア88」の回でした。今回もまた動画を見つけたので上げときます。気になる方はどうぞ!