好きなゲームミュージックその288

「ギャラクティックストーム」(AC)

1992年タイトーより稼働の3Dシューティングゲーム。

まさか2021年になってブログ更新するとは思いませんでしたけどもね、えっといつ以来の更新なのか(自分のブログを確認する)えっもう一年もブログ放置してるじゃん!?ということでですねまああれです。コロナのせいでですね、コロナがブログに悪さをしたということですよね(?)マスクの価格高騰などを機に当ブログは窮地に追いやられていたということですかね?まあそれはそれなんですけど、もうあれなんですよ1年もブログを放置してるとですね、ブログの書き方というかそもそもブログとは?みたいな哲学的な話にもなってくるわけですけどもね、ブログってなんだっけ?

まあいいやそれはもう面倒なので回答は差し控えさせて頂きたいと思います。それでですよこのブログはゲームミュージックのいいやつを個人的に紹介していくというやつをやっていたんですよね、なのでそれをやっていきたいと思います。ということでギャラクティックストームやっていきましょうか。

このゲームは筐体に乗ってH型の操縦桿をにぎりトリガーをひいて敵機を撃墜させる、内容的にはスペースハリアーとかナイトストライカーなんかに似たタイプの作品なんですけど、2作に比べて知名度は全く無いんじゃないかと思われます。というのもこの作品どこにも移植されなかったらしく、ゲームセンターでプレイした希少な人以外全く知る機会がないマニアックな作品なのです。自分もその例にもれず実際に遊んだことはないのですが、このゲームの一部のBGMは知っていました。どうもこのゲームはゲーム的にあまり評判は良くなかったらしいのですが、BGMはかなり評判が良かったらしくCDとしても発売されてるようです。

タイトーといえばZUNTATAということで調べてみたんですが、なんと作曲がダライアスシリーズでお馴染みの小倉さんなんだとか!確かにというか一聴すればすぐダライアスっぽいと思うあの感じなんですよね、ダライアスのBGMが好きな人はきっと気に入ること請け合いです。

とここで本来ならBGMに参りたいとこなんですが、この作品Wikiには載ってませんが、シナリオが結構面白そうなんですよ。ということでざっと30号的に簡潔にざっくり紹介してみたいと思います。

ギャラクティックストーム(ストーリー):物体光速化実験を行った人類は一切れのチーズを移動させた衝撃波でアフリカ大陸の半分を消滅させてしまった。実験の反対運動を押し切り宇宙進出を目論む地球統合本部は自身で思考、推論を行えるバイオコンピューターを生み出し高速化実験の再検証を続けていく。地球統合本部はついにハイパードライブ航法(空間転移)をテスト段階まで推し進めることに成功。しかしテストパイロットMiharaを乗せた試作機はシステムの不備によりブラックホールに飲み込まれ超空間の牢獄に閉じ込められてしまった。救助信号を送り続けるMihara。しかし地球統合本部の返答はなかった。実験の再失敗について知られることを恐れた本部は、パイロットを事故死として処理することに決めたのだ。Miharaは絶望を怒りに変え単独で超空間を抜け出すことを決意する。その30年後、地球に未確認の超巨大物体とその指揮下にあるであろう艦隊が接近した。地球統合本部はコンタクトを行ったがその返答は無差別攻撃なのであった。この緊急事態に対地球外知的生命体追撃プロジェクトを発動する本部。新パイロットに和喜そしてナビゲーターにMiharaの妹である美樹子が選出された。

どうですか?シナリオめちゃくちゃ面白そうでしょ!?その後どうなったのかめちゃくちゃ気になるでしょうがこんなもんはええ??(ストーリーにおちゃらけ感を全く足せませんでしたことをここにお詫びいたします)

それではそんなシナリオを踏まえつつ本題のBGMにいってみましょうか。なんといってもこの作品のベストBGMであろう”Protmind”それではどうぞ!

いいですよね~心が浄化されます!地球統合本部もついでに浄化してほしい!。

という事で以上、好きなゲームミュージックその288「ギャラクティックストーム」でした!サウンドトラックはいくつか発売されているみたいですが「ヌーヴェルヴァーグ」にシナリオが詳細に書かれているようです。iTunesでも曲のダウンロードができます。