30号とコミックス‐その30(2)

それでは引き続き「高3限定」です。

高3限定の噂を聞いたオノはイケダの元へ向かいます・・そして

kousangentei(10)

kousangentei(11)

オノ「・・・セ」
「センセイ」

イケダ「ん?」

kousangentei(12)

kousangentei(13)

イケダ「オノは いいこ イイコだよねぇ? 授業中せんせいのことばっかり見てるもんね?ね?」

「ふふ あかんぼみたい オノ」

kousangentei(14)

二人はこのあとイケダの借家でひと時の情事に戯れます。
しかしそこで初めてオノは、イケダの体に奇妙な異変があることに気がつきます。

kousangentei(15)

常識的には考えられない傷跡が・・

オノはこの傷が、イケダに選ばれた前の男によってつけられたものではないかと疑い、怒りを覚えつつイケダを抱きしめます。

kousangentei(16)

kousangentei(17)

「高3限定のルール」
一、愛人に選ばれるのは学年に1人。
一、3年生であること。
一、関係は卒業までの1年間。
そして・・
一、イケダには何をしても良い。

kousangentei(18)

kousangentei(19)

kousangentei(20)

kousangentei(21)

狂気と不安の影が次第に浮かび上がり・・その3へ続きます。

高3限定(3)