30号とコミックス‐その51

mokkosu

「犬神もっこす」(西餅)

モーニングで掲載していた作品です。今年終わったみたいですね。
30号は前にも書きましたが、この作品は作者の西餅さんのブログのあしあとから知ることが出来ました。多分あしあとがなかったらずっと気がつかなかった作品だったと思います。(危ない危ない^^;)

さて内容は感情表現が乏しく一般的な普通の感覚からずれた犬神君が、大学入試を機に演劇サークルに入り少しずつ成長していくそんな物語です。今回は犬神君がサークルに入りどんな感じで活動を始めていくのかをちょっとご紹介してみたいと思います。ソレデハサッソクレッツモッコスー(棒)

mokkosu(2)

犬神(何かポリシーがあってそうしてきたわけではない)

(どちらかと言えば集団というものに興味があり 機会があれば接触を試みてきたのだが)

(それがうまくいく事はあまりなかった)

mokkosu(3)

犬神(そこでも受け入れてもらえそうになかったので)

mokkosu(4)

犬神(僕はとあるサークルに出会った)

という感じで一通り回って最後の最後に、演劇サークルの人から誘われることになります。それにしても木のウロって・・らしいっちゃらしいけど^^;さて興味を抱いた犬神君はサークルに入会し、新入生歓迎パフォーマンスに参加させてもらいます。こんな感じで↓

mokkosu(5)

どういうことかというと、どうもセリフがないことに不満があったらしく他の役者を殴りまわったそうですwwこの辺から少しずつ犬神君がなんかちょっとおかしい人であることが分かってきます。でも本人もそれには気づいてる様子↓

mokkosu(6)

犬神(彼らは僕を排する事なく受け入れてくれた)
「おつかれ様です」

mokkosu(7)

‐北方大学演劇研究会‐
犬神君の暴走をも受け入れてくれた演劇サークル、そしてこのメンバー達によっていよいよサークル活動が始まります!とはいえ感情の起伏が少ない自分に演技など出来るのだろうか?と不安に思う犬神君。そこで先輩方にアドバイスしてもらう事に。

先輩A「時間が経てば何となくやれるようになると思うけど・・・」

先輩B「うん 最初からうまい初心者なんか滅多にいないよ」

mokkosu(8)

mokkosu(9)

泣いた事がない・・らしいっちゃらしいww

唖然とする先輩達から、悲しい想い出を思い出して練習すればいいのでは?との提案。しかし100歳の曽祖父を筆頭に近親者に死亡者がいない犬神君・・おまけに寿命5年と言われるペットのゴールデンハムスターの「お寿司」は既に10年生き続けているとか^^ということでまぁそこはなるようになるさと、先輩達とのトレーニングが始まります。

mokkosu(10)

マメ:同調トレーニングとは適当にシチュエーションを作り、それに合わせて即興で小芝居する練習。

mokkosu(11)

mokkosu(12)

mokkosu(13)

えー説明しようw
犬神君は先輩達が女子高生の会話をしているということは分かっています。ただその思考の流れ、発想に問題が発生したようです・・このように↓

mokkosu(14)

犬神「組み合わせてみました」

どうですか?言われてもよく分からないでしょ?ww

当然先輩からもそんな複雑なのじゃなくて、普通のシチュエーションでいいんだよと言われてしまいます。続けて、リアクションが何かズレてるのは共通認識みたいなのがないからじゃないか?と問われる犬神君。共通認識といえば影響力のでかいテレビ!テレビを全く見ないという犬神君は、テレビで研究すれば皆と同じような感覚がもてるのかも・・と人間観察も含め熱心に取り組みだします↓

mokkosu(15)

習得が簡単にはいかない様子。
色々試す中、子供相手の着ぐるみのアルバイトに参加するも・・

mokkosu(16)

mokkosu(17)

ダダダダダwww

けれど犬神くんは別にふざけてる訳ではなく、自分なりの歓迎を表現した結果こうなってしまったようです。そこで普通の歓迎とは何か?普通とは何なのか?深く考えます↓

mokkosu(18)

この後また同調トレーニングを続けるのですが、やはりどうもうまくいきません。お題「妻に第一子懐妊の知らせを聞いた夫の帰途」では、その喜びの表現としてプレゼントの入った箱を妻の脳天へボゴーンとやってしまいます^^;

そんな自分を冷静に考察してみる犬神君。

犬神「思うに僕は」

mokkosu(19)

mokkosu(20)

多くの人が「普通」だとする感情表現がしっくりこない・・だから自分が感じたままを表現したのだと話す犬神君。会長から君のそういう所をこそいかしてほしいと言われますが、そんな自分に今出来る役は果たしてあるのだろうか?と会長に問います。すぐに「うん あるよ」との返答。

その役とはオウム!リアクションが多少ズレてても支障がないであろうという会長の粋な計らい!?によって犬神君は配役を頂きます。嬉しいかとの会長の問いに、はいと答える犬神君。じゃあその喜びをもう一度表現してみようと言われ、再び犬神劇場が幕を開けます。

mokkosu(21)

mokkosu(22)

身重の妻ァアアアアァア!wwwww

まだ見ぬ赤子もろ共葬り去るという感情表現によって、幕を下ろした犬神君であった。

以上です^^;
犬神君はこれから一体どんな感じで演劇を続けていくんでしょうかね?会長の言うようにそのままのらしさをもって突き進んだ方が良いような気もする反面怖い気もしますw

コミックスは全5巻。
最終巻の5巻は五月発売予定のようです。それと西餅さんのブログ「西餅の餅は老人にやさしい餅」があるので気になった方はチェックしてみて下さい。30号のリンクからも飛べますよ!(追記)こちらからどうぞ→西餅の餅は老人にやさしい餅

30号とコミックス第51回目は「犬神もっこす」の回でした。
ホント普通って何なんだろうね?


犬神もっこす1巻