幼女」タグアーカイブ

ミトコンペレストロイカ

ミトコンペレストロイカ

「ミトコンペレストロイカ」(まん〇画太郎)

”月刊コミック@バンチ”掲載中ファンタジー!?作品。

去年1、2巻同時発売された画太郎先生最新作です。

なにはともあれまずはこちらをご覧ください↓

ミトコンペレストロイカ(2)

1ページ目に記された先生によるお詫び文です。

ゆとり教育への憤懣やるかたない思いがこれでもかと綴られていますね。我が国の近年のリテラシー(識字)の低下は確かにゆゆしき問題であると私も感じます。ただここで注目してほしいのは、先生が自らの名前を変えてまでも若者たちに歩み寄ろうという、正にその温良篤厚(おんりょうとっこう)とした姿にあるのではないでしょうか?彼らが悪いのではない、彼らを生み出したその教育方法に問題があったのだ!私には先生がそのようにおっしゃっているように思えます。

 

さてそれではそんな点も踏まえたうえで、さっそく画太郎先生による新作「ミトコンペレストロイカ」少しみていきましょうか。因みにこの作品は以前”ジャンプSQ”で掲載されていた「ミトコン」がベースになっているのですが、打ち切り大団円を迎えたそうです。なんでかな?それではまずストーリーです。

 

(ミト王国の東の外れ サンビー砂漠に)

(突如 巨大な 箱舟が降り立ち)

 

(中から溢れ出てきた 食欲と性欲がやたら旺盛な エイリアンたちによって)

(男は片っ端から食われ 女は片っ端からレイプされ 都は阿鼻叫喚の 地獄絵図と化した・・・)

 

(しかし たまたま別件で ミト王国最強の 9人の勇者たちが その場に居合わせて いたため)

(エイリアンのボス アンゴルノアは 袋叩きにされ御臨終 下っ端エイリアンは 意気消沈して インポになり)

 

(あっという間に 地上に平和が戻った・・・・・・・・・)

 

 

物語はまずこの60年後から始まります。

ミトコンペレストロイカ(3)

 

編集長「ガ太郎先生・・・」

先生「ハイ!!!」

 

ミトコンペレストロイカ(4)

”なかったことにしたくない‐闇に葬られた9人の勇者たち”という書を携え、出版社にやってきた先生。その内容は大変ショッキングなもので、簡単に説明すると、この国の王女はエイリアンの子を身ごもっていた→つまり今の王はエイリアンとのハーフである→王女はそれを知っていた9人の勇者たちが邪魔→暗殺を考える→でも勇者強い→一方勇者たちはこう考えていた。息子を守ろうとレイプ事件の隠ぺい工作をする王女はこの国にとって必要悪だ。何故ならこの国には数万といる同じような犠牲者がいるからだ・・差別や風評被害をこのまま守る必要がある→自ら身を引き姿を消していく勇者たち→こんな酷い話ってありますか社長!!!(侵略から救ってくれた勇者たちへの先生の熱き思い)←今ここ

 

しかしなんやかやあったあと先生は・・・

ミトコンペレストロイカ(5)

階段をゴロゴロゴロゴロと転げ落ち、着地点にてトラックのドーーーーンそしてちゅど~~んとその命を完します。

 

さてここからが本編です。

物語はそれからさらに40年経ったミト城で幕を開けます。

ミトコンペレストロイカ(6)

ミトコンペレストロイカ(7)

あれ?苺ましまろかな?と思うでしょ?

ハイ残念ミトコンペレストロイカです!

メイド忍者お汁に渡された紙を見て王様驚愕!

ミトコンペレストロイカ(8)

その内容は姫を誘拐したBy怪盗パパンというもの。

そしてこれまた色々あった末に、

ミトコンペレストロイカ(9)

怪盗パパンの娘(左)王女(右)がタッグを組み、7個集めても何も願いごとの叶わない龍の玉を探す旅が始まります!

ミトコンペレストロイカ(10)

道中には凶暴なモンスターがたくさんいますが、

幼女らは手を取りあい何とか先へと進んでいきます。

ミトコンペレストロイカ(11)

ばらスィー先生などいないし、姫の声がアナちゃんの声で再生などしない!

ミトコンペレストロイカ(12)

決してコッポラなどではない!

 

 

ということで簡単な物語紹介でした。

いやーこれびっくりしますよねwこれ画太郎先生が描いてるんだぜ!クソババアも描けてこんな萌え絵まで描けるとか凄すぎます^^;一部では萌え絵オンリーの作品も見てみたいという声もあるとかいうけど、これは確かに納得の画力です。

ただねー問題なのはねつまり画太郎先生が描いているというところでしてねwこの天使のような幼女らがこの後、どうなってしまうのかという結末が怖いんですよねw今現在はまだ連載中のようなんですが、2巻を読み終えた率直な感想として、これ絶対連載止まんなという思いで一杯ですwwというかこの時点で連載止めない”コミック@バンチ”の懐のでかさって凄いと思う^^ということで色々な意味で先が気になる「ミトコンペレストロイカ」の回でした!3巻無事に出るかな?

ミトコンペレストロイカ(13)

読書の秋マンガの秋

ラテでも飲みながら・・

秋が具体的にいつまでなのかは謎ですが、最近はカフェラテでも飲みながらまったり読書(漫画)を楽しんでいる30号です。

エスプレッソも好き↑

安いとこだと100円くらいだから、見つけるとつい買ってしまいます。

因みにこれ始めフタ取って飲むものだと思ってたけど、フタに直接ストローさせるんですよね。何か「日常」のドッピオ思い出しました。負けた感じがしますハイ。

直でチューチュー

敷かれたレールに乗らず漢たれ!!

どう飲んだって・・そう私の自由だぁ!!

負けてなど・・いない。

 

 

ということでね読書の秋です。

最近気になっていたこれも読みました↓

ワンパンマン

ONE‐PUNCH‐MAN(ワンパンマン)

元々はWEBで掲載していた作品だそうで、この新生ワンパンマンは作者ONE&漫画・村田雄介コンビ版です。今ではこの作品「となりのヤングジャンプ(WEB)」で、タダで読めるようです。

内容は、強くなりすぎてどんな凶悪な怪人でもワンパンチで倒してしまうというヒーロー”サイタマ”の日常物語。どんな感じかちょっと紹介してみたいと思います。

ワンパンマン(2)

無特徴なこの上なくつるんとしたこの男こそ、この物語の主人公にしてヒーロー(趣味)サイタマである。個性がなさ過ぎるが故に逆にそれが個性を醸しているだと!!?

ワンパンマン(3)

そんなヒーロー(自称)が住む平和な町に、次々と現れる凶悪な面をした怪人たち。そのどれもが一見サイタマより強そうだが・・・

ワンパンマン(4)

そのどれもが、サイタマのワンパンで命を終える。

平熱系最強ヒーローサイタマ・・恐ろしい男である。

 

 

という感じの日常系コメディでした。

下らない感じがいいですね、なんでかラッキーマン思い出しました(顔の感じからかな?)ラッキーマンなつっ!↓

あとあれだなサンレッド↓

ヒーローものの日常コメディで言ったらサンレッドが近いんじゃないかな?どっちか好きなら両方楽しめると思います。

 

ということで、ONE‐PUNCH‐MAN(ワンパンマン)でした。

因みにこれがタダで読めてしまう「となりのヤングジャンプ(WEB)」をちょっと覗いて見たら、結構面白そうな作品がやっていてビックリしました。個人的に「ハンドレッド」の高畠エナガ作品と、幼女×黒猫×不思議世界の「黒」を読んでみたけどどっちも面白かったです。

最近こういう作品をWEBでタダで読めるのが普通になってきた感があるけど、それでも収益に繋がってるんですかね?うーん不思議です。まっ一読者としては嬉しい限りですが^^

↑「黒」はコミックス化しているようです。

おススメ!

ごきんじょ冒険隊

 

ごきんじょ冒険隊(SFC)

1996年パイオニアLDCより発売のRPGゲーム。

 

はいということで、ごきんじょ冒険隊です^^

これはマイナーだろうね~30号も最近まで全く知りませんでした。

このゲームは、幼稚園児(幼女)が主人公で、その友達たちとご近所の平和を守るというのが目的なのですが、メインキャラを始めとにかく個性的なサブキャラがたくさんでにぎやかですw

 

キャラクターを描いているのは、漫画家の須藤真澄さん。

この人もそれまで聞いたことなかったのですが、どうもビームコミックスとかで単行本をいくつか出してるようです。

何でもごきんじょ冒険隊で主人公を助けてくれるネコ・ゆずは須藤さんの飼い猫がモデルだそうで、ゆずの描かれた漫画もあり猫好きには必見だそうです(感動ものらしい)なので見つけたら読んでみようと思います。

 

さてゲームの方ですが、動画を見ていて感じたのはMOTHERっぽい雰囲気だなあってとこですかね。

会話シーンや戦闘シーンを始め、道具や技名なんかもちょっととぼけた感じが凄い似ていると思います。多分MOTHER好きには結構ウケるんじゃないかな?でもギャグだけでなく、昨今あまり見られなくなったかなり細かく作られたゲームだと思うので、未プレイの人は一見の価値ありです!

 

システム面なんかも面白くて、敵を倒してレベルを上げるのじゃなく、毎週幼稚園でお遊戯やお昼寝なんかをして、能力を上げていきますw

この育成モードはなんだろ・・例えるならときメモ的なあれだね^^

成功したり失敗したりしながらキャラ絵が可愛く動くので、見ていて飽きません。

で、シナリオの方は冒険モードで、イベントを起こして進んでいくのですが、分岐点なんかがあって一度クリアするだけじゃ、全てのイベントを見れないようになっています。それだけ作りこまれているといるということですね。

 

 

うんこんなところかな。

色々いいところはあると思うけど、30号的には全体的な雰囲気が好きです。主人公の幼稚園児たち、飼い猫のゆず、兄やその友達、そしていつもピンチになるとどこにでも助けに来てくれるママ^^なんともハートフルで素敵な世界じゃないですか!

 

個人的にMOTHERと同等の位置についた「ごきんじょ冒険隊」ですが、(MOTHER2はごき冒の2年前94年発売)これはまだ配信されてないのか・・?だとしたらプレイするとなるとスーファミ買わないといけないのかもしれませんねw

因みにゲームと同名の漫画も、パラレル展開として出ているようで、当時まんがくらぶで連載していたんだそうな・・これも見つけたら読んでみようかなと思います。

さて今回の締めはこちら↓

ごきんじょ冒険隊のCMだってw

可愛いだけのゲーム・・いいじゃないか^^