魔法少女」タグアーカイブ

これも面白い(16)

「昭島スーサイド☆クラブ」(菅原キク)
チャンピオンREDで掲載していた、死ぬ気で世界を変えようとする女子高生・すうを中心とした、気概溢れる熱血ロック作品。
ということでwikiで知ったのですが、今年連載終了してしまったそうです。(ぐふぅ・・@@)嘘やん!と思いつつ、作者の菅原さんのブログを見て・・あぁホントなのか・・・約1年間か・・早いなぁ・・正直もっと読んで見たかった作品だったんだけど、残念感で一杯です。

しかし終わってしまったとはいえ、この作品のもつ熱は届けねばなるまい!
ということで誌面で読んだときより少し詳しく紹介してみたいと思います。

(概要)鬱屈した日常を送る少年・佐倉涼介。ある夜涼介は、魔法少女の姿で不良と戦う同じクラスの優等生・垣之上すうを目撃する。この出会いが、涼介の退屈を消し去った!

引きこもりの兄をもち奴隷のような扱いを受ける涼介。学校へ行けば不良たちに万引きを強要されたり、クソのような日々の生活を送っています。しかしある日、とうとうそんな心の中に鬱積した感情の一欠けらが口の中からこぼれ落ちます。「クソッたれ・・・」不良たちの目の前で呟いた一言。「ヤ ヤベ 心の声もれてた!!」という悔悟も虚しく胸倉をつかまれ・・たその時、箒を片手に颯爽とすうが現れます。

すう「ケアリー☆マジック いたいの飛んでけ!」

「町の傷口」

「私がふさぐ!!」

魔法少女の決まり文句のようなものを決めるすう。そして杖からほとばしる炎ではなく、杖の柄を使い物理的にバッタバッタ不良たちを倒していきます。そしてまたそこに現れるすうの仲間・宍戸。一時すうが殴られそうになったところを涼介が庇い顔面を殴打されますが、二人の力であっという間に一件落着です。その光景に感動した涼介は二人に問います。

涼介「宍戸君と垣之上さん・・・だよね?」
「キミたちいったい何してんの?」

すう「私たちは」

「勝手に町を守っているのです」

唖然としながら「何で?」と尋ねる涼介。

すう「魔法少女の使命とは 人知れず巨悪と戦い」
「世界を守ること」

「つまり」

akishima suicide club

すう「くそったれ」
「だなんて佐倉くん キミも先程」「なかなか場の空気 切り裂いてましたね☆」
「その振動が 大気を揺らし」

akishima suicide club(2)

涼介は思い切ってこう声をかけます。

涼介「あのさっ」「ソレ!」
「オレも仲間に入れてくんない?」

こうしてASC(昭島スーサイド☆クラブ)という活動に、涼介は参加することになります。世界に「違う」というために行動するすう。その命を懸けた戦いの姿を見て自信を一時なくしたりする涼介ですが、少しずつ活動に溶け込んでいきます。

という感じで物語りは進んでいくのですが、この作品、名言がちょいちょい出てきます。なのでここで少しご紹介^^

すう「 ”出来る” なんて関係ない」
「言葉は 誰かに言うのなら」「行動です」
とか
すう「こんな世界なら」「私はいらない」
「だから死ぬ気で」「世界を変えるの!」
です。

超激アツですね^^アガります。
もう後は二巻を楽しみに待つだけです!なんでもいい感じになってるみたいなので期待して待ちましょう。
以上!「昭島スーサイド☆クラブ」の回でした!!

因みに涼介登場時のTシャツの文字でニヤリとしてしまった30号ですが、読者の内何人が同じニヤリをしたんでしょうかね?「SPK」・・マニアックだなぁもう^^;

中ヒットしているやつ

はいどうも30号です。
地球滅亡日らしいですよ今日は・・やめてよ読み途中のマンガいっぱいまだあるんだから!できれば読み終わってからお願いします。

ということで気分を取り直し、中ヒットしているやつの話に入ります。

基本的に確実にこれキター!!というものを紹介してきてるのですが、中にはそこまでいかないけど個人的に時間あったら読んでいこうと思うものも結構あります。なのでたまにそういう作品も、簡単に紹介してもいいかなと思いました。人によってはこれ面白そうって思うかもしれませんしね。

そんな30号的中ヒット作品第一作目は、シリウス掲載の「まじもじるるも」です。

これ買ってから気づいたんですけど、「弱虫ペダル」の作者さんなんですね「弱虫ペダル」は誌面で読んだけど30号はスポーツ系苦手なので紹介していません。でも結構人気作品のようですね。「まじもじるるも」とどっちが人気あるのか分かりませんが、るるももなかなか面白いですよ。

で、始めに一巻を買って・・ん?あれ!?
なんか誌面で読んだのと雰囲気違うなぁ・・と思ったら、現在やってるのは「魔界編」30号が読んだのは、その前のやつだったみたいです(汗)それが判明してから、魔界編も読みました。

で、魔界編はその前の続きなんですが、そのストーリーをここで書いてしまうと、その前の物語の壮大なネタバレになってしまうので、今回は簡単に初期の方のストーリーを紹介してみたいと思います。

まじもじるるも

この子がヒロインの魔女っ子・るるも。

魔界からやってきた修行魔なのですが、魔法を使い、願いを込めるとそれを叶えるチケットというものがあり、それを全て使い果たしてもらう事により、正式な魔女になれるそういうお話です。

まじもじるるも(2)

この平凡な高校生・柴木耕太が主人公。

るるもに渡されたチケットを使い、色々な願いを叶えます。(色エロね)

この前作は全7巻です。
で、こっちの絵が「魔界編」第一巻の・るるも↓

まじもじるるも(魔界編)

1に勉強2に勉強・・色々あって今は魔界に戻っています。

まじもじるるも(魔界編(2))

前作に比べると「魔界編」はシリアスな雰囲気です。
とはいえ、前作も今作も結構アツい感じです。どうも「弱虫ペダル」は頑張る男の子の話で、「まじもじるるも」は、頑張る女の子の話だそうですよ。気になる方は読んでみて下さい。ハマルかもしれませんよ。


以上!中ヒットしているやつの回でした。

なんか気になる。

なんだかんだで続刊見つけたら一応手にしてるやつ・・

こういうのはこれからも結構増えるかも知れませんが、今のところそんなに多くはないです。(基本ピンとこなかったらそれにて終了だからです)そういう意味では30号は結構ドライですねw

なんだか気になる~は、そんなに凄い面白いとかでなく、じゃあなんで読み続けてるの?って聞かれても、う~んまぁ何か気になるから・・と答えづらいものが多いやつです。こういうのありません?w恐らくなんか自分の中で引っ掛かっているものがあると思うのですが・・

ということでそんな中途半端な中、写真をペタペタ貼って紹介するのも気が引けますので(汗)ここで書いてみます。

そんな何か引っ掛かっている作品。

今回はFellows!掲載の「乱と灰色の世界」です。

この作品はFellows!を、読んだ時ピンときた作品なのですが、誌面で読んだ時物語が良く分からなかったのでその後、単行本1巻を読んで見ました。う~ん分からん(笑)ということで1巻読んでも物語が掴めませんでした。ファンタジーものなのですが、ヒロインの乱が住む生活世界と母の住む別の次元!?の世界の繋がりが特によく掴めません・・そしてそんなファンタジーに平行して、ヒロインの乱に言い寄る女たらしの男との恋愛・・かなり濃いですwそしてその濃さにさらに拍車をかけてるのが、絵タッチだと思います。この作品はどちらかと言えば少女漫画っぽい雰囲気なのですが、男の絵タッチだけは分かりやすく言えば、ゴルゴ13的なあの辺の渋い絵なのですwなのでかなりアクが強い!この辺で結構読み手を振り落としているんじゃないかと思うほどです。

まぁその部分はこの作品の面白い部分だと思うんですけどね、(激渋なオヤジと兄の横で天真爛漫なヒロインの乱が倍可愛く見えるという)でも一般的には読みずらいのかもしれません。現在第二巻まで読了中なのですが、まだまだ分からないことが沢山です。

どうも母親は別次元で、乱の住む世界を守る為に何かと(虫!?)戦っているようです。それ以外では、基本的に母親の世界が描かれていない時は、大人に憧れる乱が恋めいたものを経験していくという話が主だと思います。不思議な魅力がある「乱と灰色の世界」一読してみるのもいいかもしれません。30号はなんか気になるから一応この後も追ってみたいと思います。

乱と灰色の世界

追記:2015年に7巻で完結しました。