SF」タグアーカイブ

WHO!超幻想SF傑作集

WHO!超幻想SF傑作集

「WHO!超幻想SF傑作集」(佐々木淳子)

いずれ読もうと思っていたシリーズです。

1981年初版発行というだいぶ昔のSF短編集なんですが、これが今読んでも面白かったです。残念ながら絶版のようなので、なかなか手に入りにくいけど、未読の方は一見の価値ありなので見つけたら買っちゃいましょう!

さて本作ですが、全部で7作品収録されています。

簡単に紹介してみましょう。

 

「赤い壁」(コロネット”80年夏の号)

「恐怖のワンモア」(週刊少女コミック”78年29号)

「メッセージ」(週刊少女コミック”79年9月30日号)

「ミューンのいる部屋」(週刊増刊少女コミック・デラックス”78年冬の号)

「母はやさしくほほえんで」(週刊少女コミック増刊”79年2月25日号)

「WHO!」(少年/少女SFマンガ競作大全集”80年part7)

「リディアの住む時に」(週刊少女コミック増刊”78年5月3日号)

 

カッコ内は雑誌掲載時のものなんですが、全く知りませんです^^

それはそうと、この7作品の中で個人的に気になった作品はこちら↓

「赤い壁」

赤い壁

いつもよく見る夢の中、少女はふとした好奇心からそれ以上行ってはいけないという場所へ歩を進める。そこで彼女が見たものはどこまでも続く”赤い壁”だった。

赤い壁(2)

夢の端まで来た少女はさらに壁の向こう側へと進もうとする。

壁の向こう側の一面に広がる濃い霧の中を抜けると、そこに突然現れたのは友人だった。なんだいつもの夢か・・と落胆する少女。しかし次に目を覚ました時、彼女の意識があったのはいつもの場所ではなく友人の中であった。

というお話。夢の中で人々の意識が繋がっているというのが面白いですよね。その他色々考えさせられる作品だと思います。(私とは何なのかとか、集合的無意識とはとかね)

 

さてお次です。

「ミューンのいる部屋」

ミューンのいる部屋

母子家庭の少年フィルと謎の少女ミューンのお話。

ミューンのいる部屋(2)

寂しさのあまり幻を相手にするフィル。

自分には見えても当然母親には見えず、全く相手にされません。そんな中突然現れた少女ミューン。彼女には何故かフィルが作り出す幻が見えます。そのことで二人は一気に仲良しに。

ミューンのいる部屋(3)

11歳になりフィルは母親の両親の元へ預けられます。

そこで年上の女学生アナイジ—と仲良くなってゆくフィル。しかしそれと同時に幻を作り出せなくなっていきます。そして困惑するフィルをさらに不安にさせるアナイジ—の一言。「だって あたしたちには見えないもの」幻ではないはずのミューンさえも家族の誰にも見えていないという衝撃。

果たしてミューンとは一体何なのか!?

現実と幻が交錯する不可思議な一作です。ラストは圧巻!

 

さてお次で最期です。

「WHO!」

WHO!

本書のタイトルにもなっている「WHO!」です。

本作は超ショートショートの4ページ作品。

自転車から転げ落ち意識を失ってしまった少年のお話です。意識を取り戻した少年は街へ向かうのですが、そこにいるはずの人々が全く見つかりません。人っ子一人見つからずとうとう夜明けを迎えてしまった丁度その時、少年は一人の女性の姿を見つけ声をかけます・・そしてあることをしてもらった瞬間、目の前に瞬時にいつもの人びとの光景が戻ってきます。何をされたかは読んでのお楽しみ^^元には戻ったけどモヤモヤが止まらない一作です!

 

ということで、一部抜粋紹介でした。

紹介してませんが、その他の作品も面白いですよ。色々考えさせられます(^-^)以上「WHO!超幻想SF傑作集」でした!

これを機に他の佐々木作品も読んでみようと思います。

寄生ジョーカー

 

またまた面白いフリーゲームを見つけてしまった!

Blue Sky!より2007年配布?のアクションホラーゲーム「寄生ジョーカー」である。それ以前にも「Moonlight Labyrinth」(同じくホラー系作品)という作品も出しているけど、個人的にはやはり寄生だ。

(超概要)ヒロインの女子大生・藤堂晴香(ドジっ子)が、友人たちを連れやってきた孤島。そこには人の姿はなく代わりに奇妙な姿をした生物たちが生息していた。

 このね、一見島脱出アドベンチャーみたいなよくありそうな感じのやつですがね、もう内容がかなり細かく作られていて思わず感嘆してしまう程です。このゲームはマルチエンディングなんだけど、これだけストーリーに分岐があってリアルタイムでその行動があらゆる場所に影響していくゲーム、そうないと思います(これで無料だと!?)。

こういったシステム面に加え、もちろんアクションゲーとしてもとてもゲームバランスの良い「寄生ジョーカー」ですが(難易度は高め?というか死にゲー^^?)やはりその世界に惹きこまれるのは、登場する個性豊かなキャラたち(基本ドジっ子多し)がいるからではないかとw

ヒロインの藤堂晴香(とある組織に属すスーパードジっ子女子大生・愛称はるかっか)を始め、柏木翔子(依存っ子にしてドジっ子・愛称しょこたん)国府千尋(仲間に裏切られて以来ヤンデレ化する面倒なドジっ子・愛称ちっひー)その他磯臭い少女二人などなど・・これからその島で何が起きちゃうのかもう不安しかないそういう面々が集っています^^;

 

ちょっと覗いて見たんですが、今ではPixivにキャラの色んな絵が載っているし、やはり人気がありそうですね。ゲーム内のキャラのグラフィックも可愛いし^^

 

 さてそんな色んな魅力をもった「寄生ジョーカー」ですが、残念ながらこのゲーム今は配布先のサイトがなくなってしまいダウンロード出来なくなってしまったそうです。これだけ良く出来た作品だけにう~ん残念ですね。

 

ということで、名作フリゲー「寄生ジョーカー」でした。気になる人は動画でチェック!だいぶ前の作品だけど今見ても面白いです!

死に際と名ゼリフにも定評のある「寄生ジョーカー」

一見するとシリアスなんだが・・ww

 

五色の舟

五色の舟

「五色の舟」(漫画:近藤ようこ 原作:津原泰水)

コミックビーム掲載の幻想的物語。今年出た近藤ようこ作品です。

個人的に「戦争と一人の女」以来、いくつか過去作を読んでいたのですが、まずこれ気になったのが原作の津原泰水という作者。全く知らなかったのでちょっと調べたら、かなり幅広いジャンルで小説を書いている人のようですね。少女小説からホラー、SF、ミステリ・・・etc

個人的にこんなのまで!?と思ったのが、百武星男名義で出されている小説版「スターオーシャン セカンドストーリー(上下)」と「レガイア伝説」

はい。元はPSのRPGゲームです^^幅広いですね。

とまぁそんな感じで様々なジャンルを書いてきた作者が、2011年に出した短編集「11 eleven」

この中の1作が「五色の舟」だそうです。

2014年に「オールタイム・ベストSF」国内短編部門で1位を取ったという作品。それではそろそろちょっと覗いて見ましょうか。

五色の舟(2)

 

(色とりどりの 襤褸(ぼろ)をまとった あの 美しい舟の上に)

 

五色の舟(3)

物語はこの五人・左からお父さん(昔旅芝居の花形だったが脱疽により両足切断)昭助(お父さんに赤子の時分拾われた短身怪力人)清子(最期に一座に加わる膝の関節が後ろ前逆の女)和郎(お父さんに捨子として拾われた両手のない少年。心が読める)桜(結合双生児として生まれた女の子。死の間際お父さんが桜の両親より引き受け手術により半身が生き残った)が、見世物小屋の一座として生きていくお話。

五色の舟(4)

時は戦時中。

先の見えない不安な世界で彼らは糊口をしのぐ為、転々としています。

五色の舟(5)

仕事を終え五人が心休める唯一の住処。

それが川に浮かぶ一隻の舟。

血は繋がっていないが、五人はそこで家族のように過ごしています。

自身の体を見世物として生きていく者とは思えない程明るく暮らす五人。

しかし、一つの噂話が彼らの運命を変えていくことになります。

五色の舟(6)

岩国にいるとされている「くだん」という人と牛のあいのこ。

百年に一度しか生まれぬという未来予知の出来るこのくだんを、一座に加えようと彼らは岩国へ向かうことになります。

 

やがてそこで知らされる日本の未来。そして五人の運命。

果たして彼らの前にはどんな運命が待ち受けているのか!?

 

 

ということで以上。簡潔に物語紹介してみました。

いやこれは良い作品です!原作は読んでないけどさすが近藤さんといった感じ。もの凄い惹きこまれました!原作の小説も気になりますね・・いずれ読んでみようかな。

個人的に読んでいて何だか「人間以上」(シオドア・スタージョン)と、「フリークス」(トッド・ブラウニング監督)が、頭に浮かびました^^前者は欠けた者たちの補い合い。後者は・・まぁ見たまんまですねw

以上「五色の舟」の回でした。